青年海外協力隊員への手紙 その4;なぜ協力隊に参加するのか?

タイ人と飯を食いながら雑談をしました。

「なぜ日本人はわざわざ先進国の日本からタイに来るのだ?」

との問いがありました。

逆に、タイ人に「あなたが、ラオス、カンボジア等に専門家として行って欲しい」といわれたらどうするか(将来現実的にありうる話です)聞いたところ、「短期なら考えても良いが、2年3年なら嫌だ」とのことでした。「高給かも知れないぞ」とさらに意地悪な質問をしたところ、「よっぽど高給なら多少は考えてもよいが、すこしくらいの高給ではいやだ。なぜわざわざ、家族とはなればなれになって発展途上国に行かねばならないのか。先進国に行くのであれば自身の勉強になるが、発展途上国に行っても自分の為にならない」とのことでした。
これは、いままで個人的に大勢のタイ人に問うてきたテーマですが、こ
の答えは典型的なものでしょう。

「専門家」としてでこうですので、「ボランティア」である協力隊員が
なにをしにタイに来るのか、一般のタイ人には理解がとうていできないでしょう。



それでは、あなたは何故ボランティとして協力隊に参加したのですか?


と勿体をつけましたが、これについては後ほど書いてみたいと思います。



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/42-fe557237