スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東京に原発を!


「東京に原発を!」という本を読んだことがあります。

原子力発電所が安全なのであれば、なぜ原子力発電所が地方に建設されるのか? 東京に建設した方が消費地に近く、効率的ではないか!
との逆説的な本です。

原子力発電所を推進する人には痛いところをついた本だと思います。
いろいろ反論はあるのですが、根本的な反論は誰もできないのでしょう。

筆者は個人的には、原子力発電所に対して、賛成でも反対でもありません。電気無しではもはや生活は成り立たないし、生活だけなら電気料金の値上げはある程度は我慢できても、国際競争力のない電力価格では日本の企業の国際競争力がなくなり、ひいては生活が立ちゆかなくなります。
電力は必要なのですが、現時点で原子力発電以外に有力な発電方式はありません。火力発電は二酸化炭素排出量が多く地球温暖化という深刻な被害が考えられるし。

一方で、原子力発電所への不信感は大きいものがあります。
厳密にいえば電力会社への不信感です。身内への厚遇と消費者不在体質があるような気がしてなりません。そのような会社に原子力というコントロールが非常に難しいものを任せる事への不安といえるかもしれません。

そんなわけで、筆者は原子力発電建設に対して賛成でも反対でもない、厳密にいえば、「建設はやむ得ないが、十分な安全対策が必要」というのが筆者の今の気持ちに一番近いかも。


で、中越沖地震での柏崎刈羽原発はあまりにもひどいと思います。
ひどいというのは2つの理由です。

ひとつは、東京電力のあまりにもお粗末な危機管理体制について、、、、これについては多くマスコミで報道されているのでこれ以上書きません。

で、もう1つはマスコミの報道のひどさです。確かに東京電力の問題はどんどん報道して欲しいのですが、正確な報道や総合的な報道とはかけ離れているような気がします。3日ほど前の読売新聞で、地震で原子力発電所の敷地の歩道が波打っている写真が一面トップでだされました。

あたかも原子力発電所が致命的被害を受けたかのような強烈な写真です。でも、考えてください。歩道の建設にあたり基礎工事をどれほど行っているのでしょう? 非常に簡単な基礎工事しかしていないのは間違いないでしょう。歩道が波打ったことと、発電所の被害とは全く別ものといっていいくらい違うのではないでしょうか?

その他にも、重箱のすみをつつくような記事ばかり毎日でてきます。
何度も書きますが、筆者は一市民として原発の安全には非常に興味があります。でも、歩道が波打ったとか、クレーンが稼働しなくなったとか、そんなことではなく、もっと本質的なところに興味があるのです。
ただ、やみくもな不安を煽るような報道はぜひ止めて欲しいと思います。


昨日書いた記事
「言葉を失い、ほお染めうつむいた」のは誰か?

で、さだまさしが「関白宣言」でバッシングを受けた話を書きました。

「俺より先に寝てはいけない。俺より後に起きてもいけない。飯はうまく作れ。いつもきれいでいろ、、、、」

で、「女性蔑視!」と非難する人は大勢いました。

確かにここだけの字面を見ればそうです。
でも、この関白宣言の歌詞をすべて読んでみてください。
決して「女性蔑視」とは筆者は思いません。
「1人の人間の主張」として十分受け入れられる歌詞です。
(同意するかどうか、共感するかどうかは、別の問題です)

一部分トリミングした新聞記事や社会の風潮に惑わされないようにしたいなあと思います。


PS
学生に正しい株式の知識を教えることを目的として、大学と証券会社が共同で特別講義をしている、とのニュースを見ました。
少なくとも学生のインタビューを見る限りでは、学生は金儲けの手段としてしか株を見ていないようでした。つまり、そこからも「バクチが株式の正体」と筆者は考えています。生きた経済活動を勉強するとかなんとか屁理屈をつけても、結局は株なんてバクチだと筆者は思っています。そんな企業とマスコミに踊らされて株(バクチ)をやる人間にはなりたくないと思っています。
(「バクチ」としてではなく「投資」として株式売買をすることを否定しているわけではないので念のため)




[ 2007/07/27 00:55 ] その他:その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/428-77923b73

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。