スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

電化製品が壊れたときは、、、、

タイと日本では、家電製品の買い方や故障の場合の対応が違います

【電化製品を買うとき】
日本;箱に入った新品を持って帰る
タイ;箱から出して、電気を入れて動作チェック後に持って帰る

解説;新品でも動作しない物の比率が多い


【買った電化製品が故障したとき】
日本;買った店に持って行く
タイ;メーカのサービスセンターに持って行く

解説;販売店は売りっぱなし


【買った電化製品が保証期間後に故障したとき】
日本;有償修理となる
タイ;修理不可だったりする

解説;日本的「保証」とは、無償での修理を保証するとの意味。タイ式「保証」とは修理できることを保証するとの意味。つまり、保証期間終了後は修理自体ができなかったりする



で、前置きが長くなりました。そんなわけで、修理ができない家電製品をどうするのか? 、、、、捨てるわけはない。
街に修理屋さんが存在することになります。はんだごて一本、テスター1個で修理をしています。でも、そんな店では余計壊されそうで心配です。そんなとき、大規模修理会社があります。


アモーン(AMORN); http://www.amorngroup.com/
電話;0-2623-8180-99

本店は、パフラット市場近くOLD SIAMにある店だと思います。ちなみにその当たりはバンコクの秋葉原と言われる電気街バンモーの近くです。
以前は(電気オタクだったころは)毎週のように行っていました。
(東京に住んでいるときは秋葉原に毎週、大阪で住んでいるときは日本橋に毎週通っていた前科があります)

このバンモーですが、そのうちじっくりこのブログで書きたいと思っているのですが、ディープすぎて簡単にかけません。
(同様の理由で、携帯電話ネタやITネタは書けていません。そのあたりの話を書き始めると筆者は収集がつかなくなります)


で、最近行っているのはFutune Town 4Fのアモーン(AMORN)です。電話;0-2462-0295です。地下鉄(ラマ9世駅)でも行けるし、車で行っても便利なので。基本的に電化製品は何でも修理を受け付けます。タイで販売していないものも。(但し修理ができないものがそのまま戻ってきますが) とりあえず、電化製品が故障したらここに来ましょう。


AMORN1.jpg
基本的にシステムは街の修理屋だが、きちんと受付などがあって安心感がある(気がする)



AMORN2.jpg
簡単な修理はここで行う。基本的は本店に送って修理。



AMORN3.jpg
各種修理部品も売っています。テレビやビデオ、エアコンのリモコンも売っているので、無くした時にはここに来ます。



AMORN4.jpg
電気ポットのコードが引っ越しのどさくさで無くなったときも、ココで買いました。


なお、この近くには、パソコン修理専門店、デジカメ修理専門店、スマートフォン修理専門店などもあります。
タイでの修理シリーズ:デジカメの修理  も参照してください。

ビデオの修理

昔、青年海外協力隊員で金がなかったころ(今も無いが)、先輩から壊れたビデオデッキをもらいました。ビデオがあれば長い長い夜(田舎で1人で過ごす夜は長いのです)も楽しめると思いルンルンうれしく、早速修理に取りかかりました。が、筆者はトランジスタラジオやパソコンの修理はできてもビデオの修理ができないこと気づいていませんでした。
悪戦苦闘一週間、結局修理を諦めました。
若いときにの苦い経験です。

そういえば、昔はバンモーにはビデオやテレビの回路図が売られてたりしました。
[ 2007/08/15 23:44 ] [ 編集 ]

こないだ行きました

こないだ私のパソコンの調子が悪くなったときは
ここの近くの修理屋さんで直してもらいました。
店の中の棚には修理後のプリンターとか色々置いてあります。

バンモーは昔トランスを買いに行きました。
今度はバンモーのこと是非書いてください。
楽しみに待ってます。
[ 2007/08/09 00:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/435-e9845dc2

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。