青年海外協力隊とシニアボランティア

シニア海外ボランティア予定者からのメッセージです。

初めまして。恐らく来年の4月ごろになると思うのですが、シニアボランティアでタイに赴任することになりました。
ということで、タイ情報を集めていて辿りつきました。
タイに行ったこともなく、う~む、どうしたものか?という状況です。タイ語も全然わからないし・・・。
ときどきお邪魔して勉強させていただきたいと思ってます。
どうぞ、よろしく


青年海外協力隊員からのメッセージは何回かもらっていますが、シニアボランティアの方からはあまりありません。いずれにしろブログを読んで頂き、メッセージをいただき感謝です。(現金を送ってもらえれば、さらに感謝です)

実は筆者はシニアボランティアの仕組みや活動をあまり知りません。ただ、青年海外協力隊が20歳から39歳まで。そして、シニアボランティアが40歳から65歳までで、あわせて、日本政府の実施する海外ボランティア事業が20歳から65歳までカバーできます。

でも、なぜ40歳で分かれているのかといえば、それは「今までの経緯」があるだけで、実際は意味がないと思っています。

現に、アメリカのピースコープ、イギリスのVSO,カナダのCUSOいずれも若い方(青年海外協力隊)と年寄りの方(シニアボランティア)とわかれていません。筆者の知る限り例外は日本と韓国だけです。韓国は日本がモデルになっているはずだから実質日本だけ。

筆者が青年海外協力隊のファンなのは、若い人が「経験が少ないがゆえに」柔軟な視点で物事を見ることができ良い活動につながるから。「経験が少ない」ことが「力」なのです。
そういう意味では、シニアボランティアはちょっと違う気がするけど、でも39歳の人を「経験が少ない」ともいえないし、逆に年齢が上で経験があっても、新鮮な視点とセンスで新たな発想ができる人は沢山います。結局、実年齢の問題ではなく、精神年齢の問題だと思います。
そういう意味では、「青年海外協力隊」と「シニアボランティア」が実年齢で分かれているのは、ナンセンスだと思っています。

またまま前置きが長くなりました。

いずれにしろ、青年海外協力隊にしろシニアボランティアにしろ、「現場で」「現場の視点で」国際協力をする仕組みだと思います。

机の上で立てる計画が真実とは限りませんが、現場で起きていることは紛れなく真実です。
そんな現場で働けるって、うらやましいなあ。



京王線

>個人的には、民間セクター/NGOへの派遣中心になって欲>しいと思います。(理由は今まで何回か書いてきました
>が)

え?それは何故?今までのブログからはそれが何故だか分かりませんでした。。。読解力不足、、、v-40
私は最近そこら辺が分からなくなってきました。特に私の任地だと、「国」という発想が無いように思えるところに、いくら「国の発展の為に云々」と言ったところで無理だよなぁなんて思っていたところだったので、タイムリー。またそのテーマで取り上げてください。v-46
[ 2007/08/29 00:14 ] [ 編集 ]

Re:JOCVとSV

nobosamaさん、青年海外協力隊やシニア海外ボランティア事情に詳しいですね。
>中央官庁の事務所への派遣が中心になるのではないかと思います。
JICAがそのような方針なのかどうか知りませんが、個人的には、民間セクター/NGOへの派遣中心になって欲しいと思います。(理由は今まで何回か書いてきましたが)
[ 2007/08/27 00:53 ] [ 編集 ]

JOCVとSV

はじめまして♪
JICAには、青年協力隊(JOCV)というボランティア派遣以外に、専門家派遣という国際協力活動があるのですが、シニアボランティア(SV)は、JOCVと専門家の中間くらいの扱いで始まったようです。開発途上国に技術移転することと同時に民間交流も増やしていこう、顔が見える国際協力を推進しようということで、SV事業が始まったようです。
しかし、現在、JOCVとSVは少しずつ、その差を埋めつつあり、たぶん、JICAは近い将来1本化したいと考えているのだと思います。ただ、僕の推測ですが、シニアの世代の方々は健康管理のニーズもあり、また、専門技術もあると思われますから、たぶん、現在のSVの派遣スタイルを踏襲して大きな都市にある中央官庁の事務所への派遣が中心になるのではないかと思います。たぶん、ですけど。
[ 2007/08/18 01:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/439-35c897d4


元気だなぁ!

この暑さにすっかり参ってしまっている私に引き換え、○十代の母親の何と元気なこと!熱中症でお亡くなりになったご老人もいらっしゃるというのに、毎日出歩いています。昨日だって冷房の入った部屋でのんびりしていればいい
[2007/08/16 16:07] URL 幸せをくれるテディベア