スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海賊版ソフトは違法とは限らない

コンピュータのソフトウェア、例えばマイクロソフト ワードやエクセルをコピーして使用するのは著作権法違反です。

でも、タイではごく簡単に海賊版が手に入ります。
というか、正規版を買うのが難しいくらいです。正規版を販売している店は非常に限られているうえに、「なぜ、高い正規版を購入するのか? サービスでワードやエクセルはつけてあげる」などと言われたりします。

筆者の所属する機関では、立場上正規版を購入するしかないのですが、購入には苦労が多いのです。


でも、そもそも、なぜ海賊版のソフトウェアを使ってはいけないのでしょうか?
実は筆者は以前はコンピュータのエンジニアをしていました。そして、当然著作権(=制作者の権利を守ること)は当然だと考えています。
海賊版を無料で使用することは、盗難と同様のことだと考えています。


が、それを前提として、

「開発途上国で海賊版ソフトを使用するのは当然の権利」という考え方もあると思うのです。


ところで、タイのショッピングセンターや屋台で海賊版DVDや海賊版音楽CDを売っているのをよく見かけます。
が、よく見てみると普通に売っている海賊版は、海外物ばかりなのです。タイの映画や音楽の違法版はほとんど見かけません。(もちろん、しかるべき場所に行くとしっかりありますが)
これは、タイの警察が、タイ人の著作権を守ることには非常に熱心で取り締まりをするのですが、外国の著作権を守ることには熱心でないことによります。

ちょっと考えると、ひどい話です。タイの信頼性をなくする行為です。
とっても残念です。
が、実は、そんな「タイ人の権利は守り外国の権利は守らない」セコイ発想ではなく、国の方針として「著作権は守らなくても良い」という確固たる国の方針を持っているのではないかというフシがあります。
もちろん、したたかなタイのことです。本音と建て前、二枚舌当たり前の国です。アジアで唯一したたかな外交で外国の占領を受けなかった国です。
「外国の著作権は守ります」と公式には言います。
でも、方針として、「外国の著作権は守る必要はない」と思っているのではないかと筆者は思っています。

そして、その方針に筆者は相当共感するのです。

ちょっと今日は頭痛がするので、、、

その理由は、明日書きます。
(答えをちょっと書くと「フェアトレード」です。)

[ 2007/08/17 01:05 ] その他:その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/440-b1b23008

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。