木造のノンタブリ旧庁舎

タイ最古の映画館の内部 で、木造の映画館の紹介をしました。木造の建物っていいですね。
今日はノンタブリの旧県庁の紹介を。

ノンタブリはバンコクの北側にある県。
もともとは、チャオプラヤー側添いの商業地とドリアンなどの果樹の栽培で有名な場所。
それが、バンコクの巨大化とともに、商業地、工業地、ベッドタウンとして発展(それを発展というのかどうかは?だが)してきた場所。
また。、ンコク集中を避けるため保健省、法務省や外務省などの主要官庁、タイ電話会社(TOT)、タイ電力会社(EGAT)など多くの政府系企業の移転先としても有名です。

で、そのノンタブリ県の木造の県庁の旧庁舎が保存されています。



チャップラヤー川沿いの木造の庁舎はなかなかの味わいがあります。

ノンタブリ県庁舎2_R
まずは、対岸から旧県庁を望む。左側の緑の屋根はノンタブリ船着き場。



ノンタブリ県庁舎1_R
アップです。「サラーカン チャンワット ノンタブリ(ノンタブリ県庁舎)」の文字が見える。


ノンタブリ県庁舎3R
日よけやベランダの手すりが細かい気で造作されている。結構荒れているのが残念。きちんと保存して欲しいものです。


なお、近くには、博物館・図書館もあります。



行き方;

車;高速道路ガムウォンワン南出口を降りて、ケーライン交差点を左折、ラマ5世橋手前を右折するのが一番早いと思う。 他にもいくつか行き方があるので下記地図を参照。

船;チャオプラヤー川の高速連絡船、チャオプラヤーエクスプレス(Chaophraya Express)で北側終点(ノンタブリ)下船すぐ。チャオプラヤーエクスプレスは下記運行地図参照。BTSからはサパンタクシン駅下車が一番便利。


ノンタブリ県庁地図県庁_R
矢印が旧県庁の場所



ChaophrayaExpress.jpg
チャオプラヤーエクスプレス運行地図。終点です。











保存がきまった

先日たまたまノンタブリ県の副知事と会う機会がありました。早速、「旧県庁舎をちゃんと保存して欲しい」と陳情!
すると、「博物館として整備して保存することが決まっている。」とのこと。
よかった、よかった! /さくらぎちょう
[ 2008/05/23 20:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/515-eee7c89a