スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

食の安全を確保するための筆者的アイデア

冷凍たこ焼きは誰が作っている? に関連して。

中国製餃子へ殺虫剤混入事件は様々な波紋を投げかけています。
一連の報道で筆者的にもはじめて知ったことも沢山あります。

・中国の工場は結構衛生的であったこと。
・JTは、商社への丸投げであったこと。(自社で対応能力は全くないこと)
→日清食品はJTの体質に嫌気がさして合弁破棄となったのでしょう。
・学校給食から生協まで本当に様々なところで中国製加工冷凍食品が普及していたこと。

などなどです。

今回の事件は「何者かがわざと農薬を混入させた」との方向で報道されていますが、いずれにしろ複雑な流通・加工経路のなかで、今後どうやって食の安全を確保していくのかとっても気になります。

その中で、よく聞かれるのが「中国の加工冷凍食品なしでは日本の食はありえない」との声です。中国では、安定的に高品質の加工食品の生産ができる。それ以外の国では難しいということです。

でも、筆者的には、「本当にそうなの?」って思います。


日本で、餃子やその他の加工食品を造ればいいじゃないの?

食材は当然輸入がメインです。それは、タイだって中国だってそんなに変わらない。

付加価値をつけるのは当然加工です。 
で、その加工する人間も外国から日本に来ていただいて日本で生産するのです。

中国で生産した餃子を日本に輸入するのではなく、餃子を生産する人に日本に来てもらって日本で作るのです。

・外国人に比較的安い賃金で日本で働いてもらう
→加工コストが安くなる。それでも中国で生産するより多少は高くなるが、安全の管理がやりやすくなる。

・外国人も日本で働きたい人は多い
→日本人も外国人も両方ハッピー

・そして多くの外国人が日本に来ることにより、多様な社会となり活気がでる。
→高齢少子化とそれに付随する問題の多くが解決(改善)する。年金を払う人(労働者)も増えるし。

確かに多くの外国人が来るようになると、格差の拡大、治安の悪化、教育の問題、福祉の問題など多くの問題もあります。が、そもそもそのような問題はどっちみち多かれ少なかれ当然起こってくるのです。当然解決していかねばなりません。
が、いつまでも日本は鎖国をしていられないのではないでしょうか?


筆者的には、「学歴の高い特殊能力のある人は日本に来ても構いません。単純労働者は日本に来てはいけません」の現在の日本の方針に、差別的匂いを感じてとってもイヤなのです。

「外国人単純労働者に大量に日本に来てもらう」が筆者的提案です。







コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/516-1af443a4


中国製冷凍ギョウザと食の安全

  ―福寿草。さんと手作りの学校給食― 昨日(2月6日)、亀さんはいつも行く病院の隣りのビルの前に沢山の報道関係の車両が止まっているのを見ました。 「何だろう?」と思い、考えてみると、そのビルは農薬中毒事件の中国製冷凍ギョウザの輸入元のJTフーズの親会社...
[2008/02/07 13:22] URL 団塊の広場(カメラ、旅行、趣味、日常)















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。