【祝】タクシン元首相が帰ってきた

ニューヨークの国連会議に出席している際に発生したクーデター以来、海外生活をしていたタクシン元首相が本日タイに帰ってきました。

クーデターが発生した際には、日本のメディアの論調は「住民の支持を失った独裁的なタクシン政権を、住民の支持をうけた軍がクーデターをおこした」的でした。

が、タイに住んで、タイ人と接している人間なら、「タクシン元首相が圧倒的な住民の支持、特に『非大学卒』の支持を受けている」ことは日頃の生活で明らかです。


確かに、多くの公務員や大学生、実業界など、社会のエリート層の多くは反タクシンでしたが、庶民の多くは以前からも、今もタクシン元首相を支持する人が圧倒的に多いのです。(南部を除く)


(筆者の周りの複数の大卒タイ人は、「地方の教養の無いタイ人がタクシンを支持している」との傲慢な意見を言っていました。 「数は少なくても『正しい方向』に導くのが真の民主主義だ」とも言っていました。 少なくとも筆者は、「教養の無い人間」に強いシンパシーを感じます。 自分は、「教養がなくて良かったなあ」と心から思うのでした。



今回の親タクシン勝利の選挙結果は、当然の結果ともいえるのです。


筆者は、タイに政治に関して、特定の政党や政治家を支持を表明することは避けていますが、少なくとも「住民の支持をうけている」タクシン首相の帰国は非常に喜ばしいことです。

タイの発展を期待する人間の一人として、クーデターは非常に残念な事件でしたが、今回のタクシン元首相の帰国で、タイも政治的にも成熟していくのを期待したいと思っています。


ああ、でもクーデターのあった夜は長い夜だったなあ。
クーデターの日の翌日に重要な大きな会議があったために、その対応に追われました。
今から思えば、懐かしいできごとです。


参考;
タイのクーデター;とりあえずの総括

タイのクーデター;ちょっと戻って3月の新聞記事




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/525-2a3c47ab