バンコク地下鉄網その後の様子

バンコク地下鉄網  で将来のバンコク交通網整備計画(鉄道網整備計画)を紹介しました。

また、
噂の地下鉄新路線  では、妄想気味の鉄道計画も紹介しました。

その後このブログでは紹介していませんでしたが、着実に鉄道網の延伸計画・新路線計画が進んでおり、パープルライン(ノンタブリ県バンヤイ・バンスー間)などは入札準備まで進んでいます。


station_map_crop_a4_1.jpg
↑これが、最新の路線図です。

ところが、サマック首相は鉄道計画に相当こだわりがあるようで、一部見直しを指示しているようです。



Transport Minister Santi Prompat will have agencies under his jurisdiction adjust their subway projects to match the nine new routes proposed by Prime Minister Samak Sundaravej. The minister met Prapat Chongsanguan, the governor of the Mass Rapid Transit Authority (MRTA), yesterday to discuss the Purple and Blue Lines under the state enterprise's responsibility.
Mr Santi said Mr Samak wants to extend the MRTA's Purple Line from Nonthaburi's Bang Yai district to Sai Noi district in the same province. For the Blue Line, the prime minister wants to scrap the Hua Lampong-Tha Phra-Bang Khae section to complete a loop from Bang Sue to Tha Phra, Rama IV and Klong Toey instead.
Mr Santi said the change would not delay a bidding contest for a contract to build the Purple Line because the extended section to Sai Noi could be developed later.
Therefore, he said, the bidding contest for the existing Bang Sue-Bang Yai section can take place next month as scheduled. The MRTA should select a contractor within April and construction should start next year, he said.
The minister said he will discuss all subway projects with the MRTA, the Office of Transport and Traffic Policy and Planning and other relevant agencies on Wednesday, adding that Mr Samak's initiatives are not that different from the original plans.
The nine routes proposed by Mr Samak will be 311 kilometres long altogether. They include the Purple Line's 35km section from Bang Yai to Sai Noi and Dao Khanong and a 36.6km Green Line section from Mor Chit to Saphan Mai, Lam Luk Ka and Rangsit..

However, Mr Prapat said he was opposed to the idea of changing the Blue Line to go from Min Buri to Salaya.
He said he would like to keep the Blue Line's original section from Hua Lampong to Bang Khae as it was designed to relieve traffic congestion in the inner city.

(バンコクポストから;http://www.bangkokpost.com/090208_News/09Feb2008_news07.php)

大きなところでは、下記の変更です。
(1)パープルラインをバンヤイからさらに先のサイノイまで伸ばす
(2)ホワランポーンからバンケーに伸びるのを計画していたブルーライン(現在のバンスーからホワランポーンの路線の延長)をバンスーからタープラを経てホワランポーンに至る完全なる環状線にする
(今までの計画では大江戸線のような投げ縄型の中途半端な環状線)

(1)に関しては、サイノイを住宅・商業地域として開発していくことは既定路線ですので、その意味では違和感はないのいですが、同様な開発地域は他にもあり、「なぜサイノイなのか?」は不明です。

(2)に関しては、バンケーはBTS延伸でカバーされる地域でもあり。大江戸線のような中途半端な環状線より、すなおな山手線のような環状線の方が利用者にとってわかりやすいのではと思います。

なお、下記はサマック首相のバンコク都知事時代の鉄道網マスタープランです。

SamakRingtn.jpg
 出所;http://2bangkok.com/2bangkok/MassTransit/Samakplan.shtml





ところで、このブログでは便宜上「地下鉄」としていますが、実際は地下を走る部分はほとんどなくBTSのような高架方式となります。MRT (Mass Rappid Taransportation)ですので、高速大量輸送網と呼んだ方が良いかもしれません。


ところで、先日ノンタブリ県の土木課にたまたま立ち寄ったときに職員と雑談したのですが、「バタバタ方針が変わって現場は混乱している。現在は方針が降りてくるのを待っているだけで新聞から入る以上の何の情報も持っていない。」といっていました。
混乱は当面続きそう?


タイも国内を眺めてみると色々大変な問題を抱え込んでますね。日本もそうですが、自分だけが大変だと思ってしまっています。他人も大変なんですよね。
[ 2008/03/17 17:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/527-a2809d59