スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一眼レフデジカメ EOS Kiss X2;今回の物欲

物欲に負け、、、IXY900ISを買いました。

でIXY900ISを購入してから約1年がたちました。
もう物欲が押さえきれないくらいの時間です。



今回の一時帰国で買いました。新しいデジカメを。




今まで筆者が持っていた一眼レフデジカメは、キヤノンのEOS 300D。
これは、海外バージョンのモデル名で、日本名はEOS Kiss Dです。

このEOS Kiss Digital 2003年に発売以来デジタル一眼レフカメラブームを引き起こしたのは誰もが知っているとおり。 それまで安いものでも数十万円していたのが、いきなり10万円強の値段で登場したのですから。 筆者も、一気にとびつきました。

その後、
2004年に、2代目 EOS Kiss Digital N
2006年に、3代目 EOS Kiss Digital X
と初代 Kiss Digitalからどんどん改良されてきました。

そして2008年この春、4代目のEOS Kiss Digital X2の発売です。
現在考えられる最強の仕様となりました。

筆者の持つ初代EOSは非常に良いのですが、さすがに今となると不満もちらほら。
何より、EOSを使わなくてもIXY900ISで普通には十分きれいな写真が撮れてしまう。
感度もIXYで結構良いし、広角もある程度OK、それに初代EOSにはない手ぶれ補正がIXY900ISにあるので、下手をすればIXYの方がきれいに撮れる。
そんなわけで、初代EOS kissの出番が減っていました。

初代EOSに比べて今回のEOSの特徴は筆者にとっての大きなポイントだけで、こんな感じです。

起動時間  約2秒  → 0.1秒
重量     560g  → 475g
最大感度  ISO800 → ISO1600
手ぶれ補正 なし    → あり (標準レンズ)
自動クリーニング なし → あり

さすが、5年の進歩はすごい!! 決定的です。
筆者の腕が進歩しなくても、カメラが進歩してくれるのは良いことだ!
でも、財布の中身が退化していく!

キヤノンさん、もう新しいデジカメを出さなくてもいいからね!!



参考; 広角レンズデジカメのすすめ




EOS1_R.jpg
右がX2左が初代EOS Kiss;
ふたまわりくらい小さくなった感じ でも液晶は圧倒的に大きい


EOS2_R.jpg
やはり小さい
でも標準レンズは手ぶれ補正のせいか若干大きい



EOS3_R.jpg
前方から;初代EOS Kissは当初はシルバーモデルのみだった。
(EOS Kiss X2はブラックモデルのみ)






コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/535-2147b4b5

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。