逃げられた!

先日の日曜日の夜、

嫁ハンが、

「たまには焼き肉喰いたい!」

と叫ぶので、久しぶりにスクンビット31の韓国料理店に出かけた。

もちろん「イーファーウォン」

この店はスクンビット通りソイ24にあったころからのファンです。

なにせ安い! というのが売りです。
(結構うまい! のですが、「安い」というのが意味があるのです。「高くてうまい」店は相手にしないのが筆者の主義です。)

ちなみに、この店のランチセットは100バーツです。 結構お得なセットです。

といいつつ夜の焼き肉はそれでもけっこう高いのですが。
で、はらいっぱい肉を喰って、帰りには日本人ご用達のフジスーパーマーケットで買い物。
すっかり、「普通の日本人的」行動パターンをしてしまった休日でした。

ちょっと遅くなったが家に帰ろう! 

車を運転し、後部座席には嫁ハンとチビが座っていた。

そして家に帰る途中スクンビット通りソイ26の交差点で信号待ちをしていたとき、

いきなり後ろから衝撃!


そうです、追突されたのです。

すぐ後ろの嫁ハンとチビの無事を確認。
幸いそんなにスピードが出ていなかったせいか無事のようだ。

そして時間を確認。21:20分。 外へ出て車の状況を確認しようとしたときに、
信じられないことがおきた!

嫁ハンが、

「逃げる!」と叫ぶ!

後ろの車が急発進で逃げていく!
あわててナンバーを覚える!

まさか逃げるとは思っていなかったので焦ってしまった。
車種や色は覚えていない。白っぽい乗用車だったってことが記憶に残っているだけ。

人間とっさには覚えられないものなのか、筆者がおおボケなのか?
それでも、なんとかナンバーは覚えて紙に控えた。

そして警察(191)に電話。

10回ほど呼び出し音がなってやっとでた。
オイオイそんなことで良いのか? タイ警察!

「追突され、逃げられた。」と報告。そしてナンバーを伝える。
「その場で待て」との指示なので待つこととする。

次に保険会社に連絡。
こっちはすぐに出たが、「筆者の契約がコンピューターで確認できない」とのこと!
「オイオイ! そんなわけはない!」
とクレームすると
「夜なので担当者がおらず確認できない。とにかく警察に被害届けを出して、明日連絡欲しい」とのこと!
そんなことで良いのか? Bankok Insurance Company! あっ、名前を言っちゃった!

ところが、いつまで待っても肝心の所轄の警察官が来ない。

嫁ハンは「ちょっと背中が痛い」というので念のため病院へタクシーで行かせる。

再度191番に電話をしたら、「担当者がいないので、警察署に自分で行って欲しい」って。

「そこで待っていろ」と言っただろ!

とクレーム。

やっと、その10分後に(なぜか)私服の警官が到着し、事故現場を確認のうえ、
「トンロー警察で処理するから来てほしい」
とのこと。

えっ? 現場で捜査はしないの? 現場には塗料とか落ちているのじゃないの?
少なくとも相手の車のものと思える部品が落ちていたのに見向きもしない!

注;私服の警官は「捜査警察(刑事のことか?)」とのこと。

納得がいかないが、とにかく管轄のトンロー警察に行く。

そして、被害調書の作成。

191番通報の時に連絡しておいた、逃げた車のナンバーは、(予想通り;笑)何の連絡も来ていない模様。

とにかく調書を作成した。



翌日に保険会社に連絡すると、さすがに昨夜とうって変わってある程度きちんとした対応。
勤務時間後に保険会社とディーラーで待ち合わせ。

すんなりと修理伝票を作成してくれてそのままディーラーで修理することになった。

そのときの保険会社の社員のひと言にひっかかった!

「ナンバーを覚えているので自己負担はなしです!」

えっ? じゃあ、ナンバーを覚えていなかったら自己負担ありなの?

「ええ。ナンバーが不正確だったり覚えていなかったりしたら自己負担ありです。」


教訓!

1.事故ったら、絶対相手車のナンバーを覚えよう!
2.警察の調書にナンバーを明確に書いてもらおう!




その後!
ナンバーが明確なのにもかかわらず、
「犯人が捕まった」
という話は聞いていません。


教訓3;
事故ってしまったら、逃げよう! 捕まりません!

↑ 嘘ですよ!




 

バイクは逃げる

バイクは車に傷をつけて逃げることが良くありますが、、、
車が逃げるとは思わなかった。
嫁ハンは頭痛が続いていますが、事故との関係は不明。
多分違うと思うのだけど。。。。
[ 2008/06/14 02:15 ] [ 編集 ]

災難でしたね

嫁ハンのお怪我は大丈夫だったのでしょうか?
嫁ハン以外の方は?
 
昔、BKKでタクシーから降りる時に、
急にドアを開けたらバイクとぶつかって、
ヒヤリとした件を思い出しました。
 
あの時、タイの人(バイクの運転手)に
ひたすら誤ったら許してくれたんですよねー。
 
今では、逃げたりするのも、日常茶飯事なんですかぁ???
[ 2008/06/09 19:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/545-9c4f930a