スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ついに羽田空港からマレイシアへ!

ついに、羽田空港から東南アジアへの路線が飛ぶことになったようです。


羽田―マレーシアに定期便 10年以降、深夜枠を利用
国土交通省は28日、10年秋以降、国際線に開放する羽田空港の深夜・早朝時間帯(午後10時~翌午前7時)の発着枠(年3万回、週280往復)のうち、マレーシアとの定期便に週14往復分割り当てると発表した。日本とマレーシアの航空交渉で合意した。

 羽田からは現在、韓国や中国に定時に発着するチャーター便が飛んでいるが、国際定期便の合意は初めて。国交省は、羽田に新滑走路が完成する10年秋以降、昼間の年3万回とは別に、深夜・早朝時間帯での発着枠を国際線に割り振る方針。

 日本とマレーシアとの交渉の結果、両国航空会社が、それぞれ週7便ずつを定期運航する。また、発着枠が満杯の成田、羽田両空港を除き、両国の航空会社が自由に就航できるようにすることでも合意した。マレーシアの格安航空会社「エア・アジアX」は来春にも日本への就航を検討している。

http://www.asahi.com/travel/news/TKY200807280348.html より。


羽田空港の国際化;利用者の視点から を 3月に書いてからわずか4ヶ月。その間に羽田空港国際化が一気にすすみました。
羽田から中国・韓国などの近距離国際線便につづき、4月には羽田空港から香港便が。
そして今回ついにマレイシアです。
日本を深夜に出発して早朝のマレーシア着、マレーシアを夜に出発して早朝の羽田着便が現実になります。
日本人にとっても便利だけど東南アジアの人にとってより便利になります。
夜に出発して早朝に羽田着、そのまま日本全国に乗り継げるのです。
タイ人の日本観光が急激に増えているそうだが、実は羽田空港の国際化は地方の観光推進にも貢献するのです。


マレイシア便が実現すれば、バンコク便、シンガポール便もすぐそこ!


こうなってくると、空港への深夜早朝へのアクセスも期待されます。
まずは空港乗り入れしている京急あたりから期待したいものです。


また、格安旅行会社エア・アジアも羽田にくればいいなあ!

格安航空会社 エアーアジア(Air Asia)で予約
で紹介した航空会社です。





※羽田空港の国際化については、様々な意見があります。
 この記事はこのブログの作者である桜木町の個人的意見です。
 

と一応、様々な意見に配慮しているふりをしてみた。


[ 2008/07/28 23:34 ] その他:その他 | TB(1) | CM(2)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2008/08/05 17:57 ] [ 編集 ]

歓迎です!

1利用者としては、成田空港が遠くて不便なので、とっても歓迎です!!
[ 2008/07/31 00:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/554-cefb2089


喜-11 「ボランティア」は、暑かった!

実は、今日ボランティアに参加しました。・・・・・と書くはずだったのですが……。 暑さに参って、家に帰ったとたん、シャワーを浴びたら、 ばたんグーッ・・・・・・・・・・・・。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 ?...
[2008/08/03 17:36] URL 『春夏秋冬 喜怒哀楽』















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。