スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オススメ! バンコクの格安リバーサイド リゾートホテル

バンコクは日本から見れば、「南の国のリゾート!」との印象があるようですが、
実際は人口600万人以上の大都市!

ホテルは当然ながら、シティホテルとなります。
ある程度以上の高級ホテルでは、プールや庭も充実して「リゾート的」要素もないではないのですが。

バンコクで、リゾートホテルと言ってよいのは(筆者の主観です)
マリオット リゾート アンド スパ
シャングリラ
ロイヤル オーキッド シェラトン

くらいのものです。これらのリゾートホテルを無料でクルーズできる楽しみ方もあるのですが、

無料のチャオプラヤー豪華クルーズ   を参照 )


宿泊するとなると、1泊何千バーツもする非人道的価格。
普通の庶民にはまったく縁遠い価格です。


で、じゃあ、ホワヒン、プーケット、サムイなどの正真正銘の正統派リゾートに行けば、プールや庭のあるホテルはやはり何千バーツもする極悪人 金持ち価格。


そんなわけで筆者としては、それらのホテルは軽く無視 されて して
ちょっとマイナーな場所でのリゾートホテルを楽しんだりしています。

ペット宿泊可のリゾートホテル (パタヤ編)

犬と一緒の旅行 ペッブリ編

バンコク近郊オススメ穴場の水上マーケット(のんびり系)

ナイト水上マーケットとホタルのクリスマスツリー

などで、チラチラ紹介しているのが、1泊2000バーツ前後の「マイナーな場所の比較的高級リゾートホテル」です。




ところが、今回紹介するリゾートはバンコク至近のリゾートホテルです。
宿泊費は1000バーツ強から。 筆者でも十分宿泊できる価格がうれしい。 
でいてリバーサイドの雰囲気抜群の場所です。

教えたくないなあ~。 

ともったいをつけます。

Nontnatee1_R.jpg
チャオプラヤー川から水を引いた池沿いボート型コテージ。
こちらはチト高めで2000バーツ強。

なお、サムイ島のインペリアル ボートハウスがボート型リゾートのはしりだと筆者は記憶していますが、最近はタイのいたるとこにあります。





Nontnatee2_R.jpg
池のほとりでなごむリゾートの過ごし方。
残念ながらプールはありません。建設を計画中とのことです。



Nontnatee3_R.jpg
運河沿いのレストランです。
これがリゾート型レストランかどうかは評価のわかれるところですが、筆者的には◎。
なお、ここでボートをチャーターしてクレット島などに小旅行するのも良いですね。
レストランでの食事のみも可です。


Nontnatee4_R.jpg
やっぱり、リゾートといえば夜ですね。
スローシャッターで頑張ってとってみました。



NontnateeMap_R.jpg
バンコクからの行き方;
その1;ラチャダピッセク通りをまっすぐ行きラマ7世橋をわたったところをバンクルアイ方面に右折。あとは看板を目印に。
その2;高速道路ガムウォンワン出口を降りてケーライ交差点を左折。ラマ5世橋をわたったところを左折。あとは看板を目印に。
その3;バンコク各所の船着き場から船をチャーター。



Nontnatee Resort and Restaurant
9/69 Moo 5,Bang Pai, Amphur Muang Nonthaburi
http://www.sawadee.com/hotel/bangkok/nontnatee/

電話;0-2879-5773
料金;予約方法によっても異なるが一番安い部屋が1000バーツ強から


さくらぎちょう的ミシュラン

ロケーション
★★★★☆

コストパーフォーマンス
★★★☆☆

サービス
★★★☆☆

ユニーク度
★★☆☆☆

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/560-6f204161

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。