スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クロントイ市場立ち退き問題

バンコク最大のクロントイ市場で今朝2時頃爆弾が投げ込まれました。





GoogleMaps(タイ)がブラウザによりうまく表示されないようです。 一旦削除します。そのうち再度アップします。






市場の商店主たちが、クロントイ市場前の道路を強制封鎖をしての抗議集会の最中に発生しました。

都心での抗議集会に爆弾投げ込む
 11月13日午前1時ごろ、バンコク都内ラチャダ・ラマ9世交差点で爆発があり、抗議集会をしていたクロントイ市場の商人13人が重軽傷を負った。うち2人は重体という。  市場の商人たちは、市場の土地を所有するタイ港湾公社(PAT)などから不当な扱いを受けたとして11日から同交差点で抗議の坐り込みを続けていた。  警察によれば、立体交差橋からオートバイに乗った何者かがバッグを投げ込むのが目撃されており、その中に爆発物が入っていたとみられるという。  バッグは、商人たちが坐り込み用に設営したテントの上に落ち、その数秒後に爆発したとのことだ。
 
バンコク週報;http://www.bangkokshuho.com/news.aspx?articleid=6455


例によってタイのマスコミはどう考えても未熟で、新聞報道の正確性は非常に?マークです。 それは、タイ字紙をソースとする英字新聞や邦字紙も基本的は同様です。 この記事中に書かれていることでも、時間や爆弾が破裂した場所が新聞によって異なったりします。 (そんなに沢山の新聞を読んだわけではありませんが)

また、このバンコク週報では、「タイ港湾公社(PAT)などから不当な扱いを受けたとして」と曖昧に流しているので間違いではないのでしょうが、どのような「不当な扱いなのか」も新聞によって異なります。

>11日から同交差点で抗議の坐り込みを続けていた

ちなみに、バンコク週報では「11日から同交差点で抗議の坐り込みを続けていた」とあり平和的な講義と読めますが実態は「道路を強制封鎖し、大渋滞を引き起こす一種の破壊活動」ともいえます。

タイにいると、新聞の読み方が難しい!!!

参考;
タイのニュース・新聞;日本語で読む
タイのニュース・新聞;英語で読む
タイのニュース・新聞;タイ語で読む




で、ここから、やっと本題です。


このクロントイ市場ですが、土地はタイ港湾公社(PAT)の所有地です。もともとはスラムだったものが、数十年前にクロントイ内の別の場所に移転させられました。今はすっかり「バンコク最大の市場」として有名です。

ここに行ったら、もうスーパーマーケットなんて行ってられない。生鮮食料品が、ずっと新鮮で安いから。でも、筆者が長い間行かなかったのは車を止める場所が近隣になかったから。 それが、最近の開発で状況が変わりました。まず、QSNCC(シリキット国際会議場)が近くにできました。その駐車場がいっぱいの時用に第2駐車場がクロントイ市場のすぐ向かいに設置されました。 この駐車場に車を止めると、QSNCCに行くよりクロントーイ市場に行く方が近いくらい。 さらに、大きな変化が地下鉄の開通。QSNCC駅は、実はクロントイ市場のすぐ近くなのです。 (なぜか、クロントイ駅はクロントイ市場から離れています) 地下鉄のパーク&ライド用の駐車場も駅の前に整備されました。

そして、その地下鉄の開通がこのクロントイ市場の環境に劇的な変化をもたらしました。 つまり、この市場が、「地下鉄に至近距離の広大な敷地」にあったからです。 当初は、「タイ港湾公社からの市場の商店主たちに対して大幅な賃料値上げ」として報道されました。 但し、それまでが「異常に低い価格」で賃貸されていたのも事実のようです。 (それが、市場での商品が安い理由の一つでもあるのでしょう)

が、商店主たちは反対します。

ついで、立て替え計画。「市場の建物が老朽化し、かつ不衛生だから」との理由。

もっともな理由ですが、商店主たちはさらに反対です。
立て替え時に、いままでの既得権を失う、あるいはパワーバランスの変化があるのは、今までのタイの他の市場の建て替えで十分予測できます。


ここまでは、タイ港湾公社の言い分の方が説得力があります。
ところが、ここからタイ港湾公社の多少強引さがでてきます。
市場の単なる立て替えではなく、「再開発計画」です。

そりゃあ、都心の駅前の一等地の広大な場所を生鮮市場にするよりは、オフィス・ショッピングセンター、高級コンドミニアムなどの高付加価値の場所にした方が経済効率は良いにきまっている。


で、タイ港湾公社は「立ち退き」を求めてきました。

そして先月には、開発業者と土地借地契約を締結したようです。

上記の抗議は、これに対するものなのです。


#以上はタイの新聞各紙から、単に筆者が「こう理解している」というものです。

最初に、「タイのマスコミは信用できない」と書いたのは、筆者がここに書いていることが間違っていた場合に備え、あらかじめ責任転嫁しようとするものです。決して、筆者を責めないように。

しかし、「再開発」があると、不審火や発砲、暴力による嫌がらせなどがタイでは頻発します。
(今回のクロントイ市場でも先月に威嚇発砲があったようです)

ちなみに、地下鉄駅前の大規模開発は、

最後のバンコク都心の巨大再開発事業

で、紹介した「ルンピニー駅」前、

計画見直しか?セントラル ラマ9世店

で、紹介した「ラマ9世駅」前、

があります。BTS沿線の開発はコンドミニアム以外はいまいち進んでいませんが、
地下鉄沿線の開発は目白押しという感じですね。
(が、いずれもそれぞれの事情によりあまり進んでいないようですが)



で、今日のまとめ、

筆者としては、このクロントイ市場が移転・再開発されるのはやむえないと思うのですが、
というよりもっと積極的に、土地の有効活用の観点から「高度利用すべき」と思うのですが、
その移転方法について十分商店主と、オープンな場で話し合って欲しいと思うのですが。
(オープンな場で話し合うことにより、商店主のエゴも見せにくくなる)

でも、今はタイミングが悪いなあ。すべてが、政治と関連付けされそう。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/578-c25c0a47

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。