スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

空港の子供たち

「反政府団体空港占拠」
などと日本で聞くと、相当緊迫した状況を想像すると思います。

が、実際は相当のんびりした雰囲気でお祭り気分の雰囲気のようです。
飲み物や食事の屋台(無料)も沢山でています。


先日も、うちの職場の幹部(タイ人)が反政府団体の占拠している首相府に『あそびに』行ってきたようで、写真やビデオを見せてもらいました。
外国人観光客も大勢来ていました。

今回も、興味本位で空港に出かけるタイ人・外国人も大勢いるようです。



自体は、かなりせっぱつまっている

11月28日の状況  参照

状況で、物見遊山気分で空港に行くことは非難されるべきことと思うのですが、一方自己責任で行動することをどこまで制限できるのかとも思います。
(例えば日本人が事件に巻き込まれたら本人が意図せずとも大勢の人に迷惑をかけるわけです。ただし、だからといって、個人の判断による行動を『過度』に制限するのも筆者としてもいやです。)



で、いま一番気になっているのは『空港の子供』です。


テレビ報道では大勢の子供が(反政府団体の)親に連れられて空港に行っているそうです。
座り込みの横を、ちょこまか動き回っている様子がうつっています。



いまのところ政府は平和的に解決したいとの姿勢を示していますが、全く予断を許さない状態です。
軍や警察強行突入せずとも、何らかの混乱が発生しないとも限りません。


PAD側は、
「子供がいるから政府も手出しできないだろう」
発言もあるとの報道ですが、まるで子供を人質にとるようなやりかたです。

確認しますが、
大人は自分の判断で空港を占拠しているのですが、子供は自分の判断ではありません。
もちろん、自己責任もありません。大人により危険にさらされているのです。



身近なタイ人に聞くと、
「子供の面倒を見る人がいないからしょうがない。タイ人はどこに行くのも子供を連れて行く」
とののんびりしたこたえ。

確かに職場でもどこでもタイ人は子供を連れてきます。
(ちなみに昔は日本でも同様です。筆者が子供のころ毎日母親の働いていた紡績工場で働いたり手伝いまでしていました)

が、それとこれとは、別だろう!!!



UNICEFがPADに対して子供を保護するよう要請したそうです。
とにかく早く子供を避難させてほしいです。


はぁー・

いかにもユニセフが出てきそうですね。タイなんてもう発展しちゃったから、こういうアドボカシーとかしていかなければユニセフにタイでの存在価値はないですもんね、と斜に構えてしまいます。あっ、山岳民族の売春問題とかもあるのか、、、

それにしても、このサイトでタイの様子がよ~く分かりました。ありがとうございました。
タクシンに対する農村民の気持も。

で、最後のさくらぎちょうさんのコメント、父親のデカイ愛を感じました!v-91
[ 2008/12/07 19:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/590-44500f7c

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。