アムパワー水上マーケット;情緒満点のオススメ宿

ナイト水上マーケット、線路の上のマーケット

ナイト水上マーケットとホタルのクリスマスツリー


で紹介したアムパワー(Ampawa)。

ホタルツアー、ナイト水上マーケット、ホームステイ、ベンジャロン工場、多くの寺院、、、、
と観光資源豊富。 バンコクから車で1時間半の距離と相まって大人気です。




バンコク近郊ではここ1、2年水上マーケットブームです。
今まで、あまり人のいなかった場所が、どこも大勢の人で賑わっています。
もう一度、さびれた素敵な水上マーケット
で「さびれた」と紹介した100年市場も大勢のタイ人観光客が押し寄せていますし、
バンコク近郊オススメ穴場の水上マーケット(のんびり系)
バンコク近郊の水上マーケット ベスト5!
ドンワイ水上マーケットサンセットクルーズ
など、いずれも賑わっています。




アムパワーの話に戻ります。

週末の夜などすさまじいほどの人で歩くのも大変。
「のんびり」というわけにはいきません。

そこで今日はアンパワーでピカイチのオススメの宿の紹介です。
ゆっくり泊まって、のんびりくつろげる宿です。
タニチャー ブティック リゾート。
アンパワー市場やホタル観光の船着き場も歩いてすぐなので便利です。

しかも古い民家を改造したもので情緒満点。
それで1000バーツ程度とリーズナブル。

土日はずっと先まで予約が埋まっています。
早めの予約をオススメします。

P1000112_R.jpg
運河に面した宿です。運河を行き来する物売りの船などを見ながらのんびり。



P1000076_R.jpg
お坊さんも船でとおりかかります。



P1000039_R.jpg
古い民家を改造した雰囲気のあるロビーです。客室は新しく奥に建っています。快適です。



P1000132_R.jpg
近所にある古い薬屋。UNESCOの支援を受けて古い建物を保存しています。


P1000137_NR.jpg
近くにあるジャオクワイ屋さん。昔ながらの製法で作っています。


P1000138_R.jpg
ジャオクワイとは、コーヒーゼリーのようなもの。中国から輸入したジャオクワイの葉を煮込んで強固剤を入れて固めます。

※ジャオクワイ(เฉาก๊วย)とは、日本語で仙草(せんそう)というそうです。
「中国医学では仙舅草(xi醇Fnji醇ツ醇Eo)の名で、乾燥した地上部の葉や茎を使用する。味は甘、性は涼であり、暑気あたり、喉の渇き、熱毒に効用があるとされる」(ウィキペディアより;http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%99%E8%8D%89)  
おおぉ! これは、デザートではなく、ちゃんとした薬だったんだ! 
でも、タイ人は100%デザートと信じ込んでいる!
「仙草ゼリー」として日本でも売っているそうです。



P1000048_R.jpg
近くのレストラン。アンパワーはメークロン漁港に近く近海物のアジが名物です。


P1000051_R.jpg
新鮮なアジをナムプリックで食べるのは最高。


P1000052_R.jpg
そして、アジのトムヤムです。素朴だがとっても美味しいのです。

さくらぎちょう的ミシュラン

ロケーション
★★★★★

コストパーフォーマンス
★★★★☆

サービス
★★★★☆

ユニーク度
★★★★★



THANICHA BOUTIQUE RESORT
261 Tambon Ampawa Amphur Ampawa Samut Songkram
034-725511
http://www.thanicha.com/
一泊一部屋1000バーツ程度

あじ

あじのトムヤム目茶旨そうですね。
[ 2012/01/03 10:03 ] [ 編集 ]

アンパワーの宿

タイのローカルの宿の予約手順は、
1.電話で予約
2.予約金を銀行送金
3.銀行送金した控えをFAX
というところが多いです。クレジットカードがローカルの場所では使えないし、銀行送金した際に誰からの送金かが不明確なためでもあります。

この宿もそうなのですが、そこは「ネゴのできるタイ」
「外国から」といえば、銀行送金は免除してもらえる可能性も多々あると思います。英語が通じるかどうかは、、、、ちょっとわかりませんが、、、。

ここは結構人気宿なので難しいかもしれないが、この付近には、民宿はある程度あるので、早めに行けば飛び込みでも大丈夫と思います。
少しはなれたところでも良ければ、
http://okui.blog77.fc2.com/blog-entry-463.html
で紹介したBaan Tai Hadだと予約の問題はあまりないと思います。(アンパワーには船をチャーターして行く)
また、現地の旅行代理店を通せば一番問題がありませんが、当然若干割高にはなります。とりあえず。/さくらぎちょう
[ 2008/12/17 19:43 ] [ 編集 ]

年始に予約したいのですが・・

素敵なホテルの紹介ありがとうございます!
どれも興味深いものばかりで、行きたいところがいっぱいになってしまいました!

年始にタイへ行くので、ぜひ予約したいのですが、ホテルのHPを見ましたがE-MAILアドレスが見つかりませんでした。
これは電話での予約でしょうか?
(英語通じますかねぇ・・)

もし予約方法等おわかりになりましたら、教えていただけないでしょうか。
[ 2008/12/17 12:21 ] [ 編集 ]

こにたん

左のお二人はすぐに気付いたのですが、右のお二人は分からなくて~。
タイの水辺の風景が好きで、タイ駐在中はそんな写真をよく撮っていました。今、「溜まった写真の山を何とかせい!」と言われ、捨てるのは嫌だし、うまく整理する方法を思案しているところです。。。
[ 2008/12/14 14:10 ] [ 編集 ]

こにたんさん、にゃまにゃまさん

そうそう。ここは、本当にここは一押しの宿です。
ちなみに、1枚目の写真でくつろいでいる人は誰でしょう?
[ 2008/12/11 08:47 ] [ 編集 ]

おー

おー。これぞタイの魅力って感じですよね。写真も素晴らしい!!
[ 2008/12/07 19:28 ] [ 編集 ]

泊まりたい~!!

いいですねぇ~。よだれが出そうなくらい、泊まりたい宿ですね。今度タイに行くことがあれば、泊まりに行きます!!
[ 2008/12/05 23:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/596-c060cfc1