スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

熱にうなされて

新型(豚)インフルエンザ?

で好き勝手書きましたが(好き勝手書いているのは今回に限ったことではないが)、調子にのって、日ごろ勝手に思っていることを書きます。

どうも世界の常識では、2008年10月のリーマンショック依頼世界中が大不況になったことになっています。10月をさかいに、電子機器も車も不動産も全く売れなくなったようで、それが大問題のようです。

電子機器と車と不動産だけで世の中の経済語るのはとっても無理があると思うのですが、確かに家計の支出のなかで「電子機器と車と不動産」の占める比率は相当高いのは納得できる気がします。

実際に調べてみると、月額支出30万円の標準家庭で、住居関連費が月額12万円、車関連費が月額5万円、コンピュータなど電子機器関連費が月額3万円のようです。(注1)
実に家計の支出の66%が「電子機器と車と不動産」で占められるのです。


で、

どこの国も景気対策としては、これら関連業界への対策が主になるようです。
アメリカのビッグ3がこれだけ大きな問題になっているのも理にかなっているかも。

でも、

「電子機器と車と不動産」が生活費の7割近くの費用をかけるべき重要なものですか?

もっと、別のものにお金をかけたくないですか?



私がいまこのブログを書いているパソコンは5万円の型落ちノートブックパソコン。

全く問題がなく使えています。というか、20万円の小型ノートブックパソコンより速度も速く、5万円のNetbookよりも快適です。ソフトは7年ほどまえに購入したMS-OfficeXpやフリーソフトを使っています。
3年間つかったとして、消耗品もいれて月額3000円しません。

日本で乗っていた車は30万円以下の5年落ち中古車。5年間乗りました。
保険代や維持費を含めても月額にして月額2万円しません。

不動産は、首都圏マンションは「3000万円台から4000万円台が相場」などと業者はいいますが、1000万円強で買える戸建てやマンションは沢山あります。
そういう戸建てやマンションを売っても業者が儲からないから宣伝しないだけです。
再建築不可物件や借地権物件など探せば1000万円しないのも沢山あります。

すなわち、20万円を「電子機器と車と不動産」で占めなくても、そんなものは月額10万円以下で十分なのです。それで、ノートパソコン保有、車保有、首都圏で戸建て保有が「今現在、実現可」のです

車を保有しなかったり、田舎暮らしをしたりであれば、もっと安くなります。


で、10万円以下ですむものがなんで20万円以上もするのかといえば、「無理やり高いものを買うから」です。パソコンは5万円で十分ハイスペックのものが買えます。普通車でも不人気車種なら5年落ち30万円以下です。家は借金せずに買えるものを買えばいいのです。500万万円で買える家は首都圏にも沢山あるのです。300万円、200万円だってあります。


ちなみに、家をローンで買うなどというのは、私には信じられません。


頭金500万円で3000万円のローンで3500万円のマンションを買う。


って、不動産屋さんは「ごく普通に」といいますが、3000万円借金をしたら、まあ常識に考えて2000万円の利子・手数料を銀行に払うことになります。
2000万円ですよ! 2000万円! なんで、2000万円も手数料・利子で払わなければならないのですか?
大手銀行の行員は高給らしいのですが、その給与は住宅ローンから出ているのではないかと疑わずにはいられません。少なくとも、私は銀行員の高給に貢献したくありません。

ついでにいえば、銀行に預金もしたくありません。なぜ、こんな安い利子でお金を銀行に貸してあげなかればならないの?

頭金の500万円があれば(立派ではないかもしれないが、住める)家が即金で首都圏で買えるのです。

ちなみに、同じようなことを考える人は(多くはないのかも知れないが)いるもので、現に世の中不動産不況と言われているが、「格安物件は驚異的に売れている」ようです。(注2)


去年から、ゼファー、モリモト、日本総合地所、パシフィックetcと大手不動産会社がバタバタと倒産していますが、不動産になど金をかける人がどんどん減ってくるとまだまだ倒産していくのでしょうね。


不動産ついでにいえば、タイでは、不動産神話はまだまだ健在です。
お金に余裕のあるひとは不動産に投資をしています。

郊外の戸建てなど悲惨で、買ったはいいけど荒れているニュータウンがいたるところにあるのが現状です。 それなのになぜタイで不動産が売れるのか?

タイでも、ロバート・キヨサキの「金持ち父さん、貧乏父さん」がベストセラーになったのに、「不動産で収益を得る」などと中途半端に理解しているタイ人のなんと多いことか。

でもタイ人をばかにできません。日本でも、不動産屋は不動産を売りたいし、雑誌社などマスコミは広告を得るために不動産屋の意図に沿った情報を流している。

かえって筆者のような素人の方がはっきり言えます。

不動産価格、特に地価はどんどん下がっていきます。


・少子高齢化で人口はどんどん減ります。必要な住居に必要な土地はどんどん減っていきます。
・さらに少子高齢化で親の家を相続する人が増えます。一人っ子など2件の家を相続するでしょう。売る必要がある人は増えますが、買う必要がある人はどんどん減ります。
・住居はどんどん集約化していきます。高層マンション建設で1人当たり(1所帯当たり)必要な土地は狭くて大丈夫です。


他にも根拠は沢山ありますが、この理由で十分でしょう。
冷静に考えると、土地はどんどん下がっていくのは当然です。

私のような素人にも、そう遠くない将来に土地の値段が今の半分以下になるなんて、
「絶対間違いない」
と自信をもって言えますし、やはりブログを読んでいると「間違いない」との自信を深めるのですが、
なぜか、不動産会社の提灯記事では、「土地の価格は上がったり下がったりする」などと「嘘八百」書いているのです。



結論;
1.パソコンは5万円のもので十分
2.自動車は30万円のもので十分
3.家は1000万円のもので十分(首都圏の場合)


そして、一番必要なこと、
パソコンも自動車も家も土地も、資産価値はありません。消費したら、なくなるのです。
資産が残ることを前提にローンで買うなんて、「大金持ち」にまかせましょう。
庶民は、住宅ローンなど絶対にしてはいけません。


2016オリンピック;東京ではなくリオデジャネイロで開催;KY(空気読めない)な私見
で書いたように、「消費しない」が良を前提とした私的考えです。


ああ、まだ熱にうなされている! まじめな人は、信用しないでください。




注1;出典は、「日本における標準家庭の家計調査2009 とある一庶民の推測編」

注2;新聞や業者のホームページを見ていてもわからないが、個人のブログを読んでいると「まず間違いない」と思います。



[ 2009/05/05 17:50 ] その他:その他 | TB(0) | CM(4)

ayamimi さん

確かに、、、、私は買いませんが、、、、買う人はいるのでしょうね、
ただ、経済的な価値観で幸せをはかる社会から心の豊かさを価値観で幸せをはかる社会へは確実に変化していると思います、、、、、と、いつになく偉そうに書いてしまった。/さくらぎちょう
[ 2009/06/10 01:29 ] [ 編集 ]

消費していただかないと、会社つぶれます。

こんにちは!
私も、入学式や、就職の際のコスチューム一式買えみたいな消費を煽る社会が苦手です。
学生の頃は、消費が少なく、例えば、ブランド物の意味が分かりませんでした。
でも、大人になってから、買ってもらわないと、社会回らないんですけど、っていうのが、わかってきました。
わかりにくくて、ごめんなさい。
要は、資本主義なんです。生産(サービス提供含む)して、売買してお金が流通して、社会が成り立ってるんです。
土地の値段は、場所によって、上がり続けると思いますよ。需要が上がる一方なので。買うのは、日本人だけじゃなくなりますし。
東京で、オリンピックがあったら、東京都自体は、儲かりますよ。ホテル業界も、飲食店も!まわりまわって、旦那のボーナスは、増えるでしょう。
貴方様には、売れないと思いますが、そのほか大勢の方に、住宅や、車や、電気製品を買ってもらって、私の財布のお金を増やしたいものです。
私自身も突っ走り気味でしょうか?失礼しました。
[ 2009/05/19 12:13 ] [ 編集 ]

私には社会的信用がないので、そもそも私は住宅ローンを借りることができないのでした。そのひがみとが熱で暴発してしまいました。 こんなコメントをもらったらもっと過激に走るかもしれません。 パヤオさん責任を感じてください。/さくらぎちょう
[ 2009/05/13 22:50 ] [ 編集 ]

お大事に

熱にうなされると余計に面白くなるんですね。面白そうなので、このまま、薬をのまずに突っ走って下さいv-30
この前、ロータスに行った時、店頭で子供向けの日本語会話のDVDを売ってました。しばらく見ていると店の姉ちゃんが、“あなた、パソコン持ってるの?みんなパソコン持ってないから売れないのよ~”と嘆いていました。“あ、そうなんや、だったら売らなきゃいいじゃん!”といいつつ、1枚買ってしまいました・・・。
[ 2009/05/06 03:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/629-8c2242ab

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。