スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

南部への旅行企画中;80バーツの宿

7月の4日(土)から8日(水)まで、突然5連休となった。

昨年来の世界同時経済危機と昨年11月のバンコクの空港閉鎖により観光産業が大打撃を受けているとのことで、多分その支援策のひとつ(だと思う)。

タイ国思いの私としては、「タイの観光産業を支援したい」と思い旅行に行くことにした。
(ホントか?)



といってもいまさら「観光旅行」に行く気はなく、
『鶴瓶の家族に乾杯』的タイ旅行
で書いたような、普通の場所に行ってみたい。


で、最初に思ったのが、チャンライ!
知り合いのタイ女性がチェンライのドイメサロンのイコー族(アカ族)と結婚して住んでいる。そこを尋ねていきたい。ドイメサロンは国民党の残党が移り住んだ村です。桜並木の美しい場所です。
(参考;タイ北部国民党の村MAE AW; 小ネタ付き  )

久しぶりにこのドイメサローンに行きたいし、アカ族の普通の村でホームステイもいいしなあ。
ちなみに、この女性はバンコク出身の華僑の娘です。それが今は山でクラしています。なかなかやるなあ!

それともう一つは、プーチーファー(Phu Chi Fa)ラオス国境の1628メートルの山頂付近にある場所です。
http://www.tabinikki.info/main/ThainoPage/north-sightseeing.html#プーチーファー

この付近には昔から何度か仕事で来たことがあり、付近の人から「いいよ~」と聞いていたのですが、仕事で来て行くわけにもいかずそういう意味では10年越しに行きたい場所です。

それに、チェンライ別の村のおばちゃんからは、「8日はカオパンサー(入安居)で僧侶が修行にはいる儀式があるからおいで」とも言われていたし。

そんなわけで、チェンライに行こうと思って嫁さんに相談したら、

「リゾートに行きたい」

えっ、でもプーケットはオフシーズンだし、パタヤやホワヒンは近いから5連休でなくても行けるし、、、、

「サムイ島はオンシーズン」

ということで、サムイ島に決まってしまいました。


でも、単純にサムイ島に行ってしまうわけにはいかない。

そういえば、スラタニ県に良い温泉があったなあ。
(以前スラタニに仕事で行ったときに通ったことがある)

それに、国立公園もあったし。知り合いのゴム園にいってゴム取りの体験をさせてもらえればとりあえず嫁さんとチビは喜ぶかも? (ホントか?)


あっ、それに隣のナコンシータマラートに行けば、草木染めなど農村産業やコミュニティ開発事業を広くやって有名なキリウォン村がある。エコツーリズムにも力をいれているというし、その村に行こう!

2006年6月8日:「アジアの街角」
ナコンシータマラート④(タイ) 生活支える草木染
  市街地から西へ30キロ余り。キリウォン村は、小高い山のすそ野にある。88年に大洪水
 に見舞われて約20人が死亡、多くの家々が流された。その村をいま年間約4万人が訪れ
 る。村人が力を合わせて家を再建し、復興のために打ち出したエコツーリズムが観光客を
 引き寄せた。トレッキングやホームステイを充実させ、98年にはタイのツーリズム賞を受け
 た。
  村人の生活を立て直したもう一つの事業が草木染だ。約60人の女性がNGOの指導で始
 めた。山から採ってきた草や木で、布を茶や木など自然の色で染め上げる。バッグなどに
 加工して出荷し、1カ月の売り上げは今や100万バーツ(約300万円)に。
  アリーさん(43)の収入は果樹園で働く夫をしのぐ。グループのリーダーとして日本にも
 研修に行った。「自然の脅威が村を壊した。でも、私たちを救ってくれたのも豊かな自然で
 した」。アリーさんはしみじみと振り返った。
                                   (朝日新聞)



で、早速先ほどアリーさんに連絡。
「ホームスティもどうぞどうぞ! 1人80バーツからだよ。」
とのこと。


NAKHON SI THAMMARAT
Moo Ban Khiriwong Village
Tambon Kum Lone sub-district, Amphoe Lan Sapa district,
Nakhon Si Thammarat province
Accommodation: 100 baht per person per night
Meals: 50 baht per meal
Guided tour of the community, gardens and plantations: 150 baht per person per trip
Porter’s fee: 300 baht per person per day
Community service fee: 100 baht per person per trip

Activities
Learn about the local way of life, Khao Luang peak nature study trip, tour of gardens and the community
Tel: 0 7530 9210, 0 7530 9010



そんなわけで、こんな旅行を企画中!
3日夕方;バンコク→スラタニ
4日スラタニ県の温泉や滝
5日ナコンシータマラート県のキリウォン村でホームステイ
6日サムイ島へ移動
7日サムイ島リゾート
8日バンコクに戻ってくる

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/641-5dda558d

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。