スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

南への旅5;番外編;亀のフェリー

南への旅4;サムイの「お得」なホテル

の続き。南部スラタニ&ナコンラチャシマシリーズ最終回です。



今回、スラタニからサムイ島へはフェリーで渡りました。
Seatran Ferryという会社のフェリーです。


実は、なにを隠そう私は船は結構好きです。

その昔は大阪から急行列車に17時間ゆられて青森に行き、青函連絡船で北海道に旅行したこともあります。

大阪から中国自動車道を走って下関まで行き、そこから関釜フェリーで韓国旅行したこともあります。
(帰りはくじけてしまい、下関から大阪行きのフェリーで帰ってきました)



鹿児島まで冬に電車で行き、そこからバンコク行きのフェリー(注1)に乗り、船に乗ったときは寒かったのに、だんだん暖かくなり、赤道を越えるとき(注2)は上半身裸で甲板で寝そべりかえって真っ黒になった、そんな経験はしたことはありません。


注1;鹿児島発バンコク行きフェリーがあるとは聞いたことがありません。誰か知っていたら教えて。
注2;鹿児島発バンコク行きフェリーがあったとしても、赤道を越えることはないと思います。



冗談はさておき、実は私は島好きです。タイには多くの島があるのですが、一般に知られている島はほとんど行ったことがあるのです。(注3)

ところで、島に渡るには、船でわたる必要があります。あたりまえ、と思うかもしれませんが、他に、飛行機で渡る、泳いで渡る、鮫の背中を歩いて渡る(白ウサギの場合)、潜ってわたる(サンダーバード3号の場合)などがありえます。




(注3)タイで、(日本にいる)日本人に「一般に知られている島」とは、サムイ島とプーケット島くらいでしょう。


ところが、タイで船に乗るときに気をつけなければならないことが3つあります。


一つめは、救命胴衣が備え付けられているか必ず確認すること。
(タイでは救命胴衣が十分なかったりします)

そして、その船の行き際が本当に目的とする島であるか確認すること。
(タイでは、気まぐれで行き先が変わったりします)

そして、一番大切なのですが、

乗ろうとしているものが船であることを確認すること。
(もしかしたら、電車かもしれない。電車に乗ったらサイアムスクエアに行けるかもしれないが、残念ながら島には行けません)




ああ、最近(注4)はスランプだ! 
気の利いたことを書こうとして、ドンドン、ドツボにはいっていく!





注4;生まれてから、ここ数十年スランプです。











で、気をとりなおしてスラタニとサムイ島のフェリーです。


IMG_1140_R.jpg
船着き場です。スラタニとサムイ島を1時間半で結びます。


IMG_1158_R.jpg
デッキにはなぜか大きな亀が!



IMG_1155_R.jpg
亀の中に入って遊べます。
うちのチビは大喜び。




IMG_1153_R.jpg
近くには子ガメも。印象的な目でした。



IMG_1150_R_R.jpg
この船は第31国際丸という名だったようです。船内の看板です。




この亀が気になってgoogleでググッてみました。
すると、この船は小豆島と高松を結んでいたのではないですか!


しかも、そのフェリーの愛称が「海がめ号」 ← そのまんまやんけ!

http://www.olive.or.jp/ship/matsumoto/2007/06/post_37.html







皆さんコメントありがつとうございます。関係者からのコメント、、、失礼なことを書かなかったら汗;です。確かに「国際フェリー」のホームページにキリンさん号、パンダさん号か載っていますね。タイで頑張っている亀さん号とともに頑張って欲しいものです。小豆島は学生時代に合宿(という名の遊び)で行った懐かしい場所です。/さくらぎちょう
[ 2009/08/01 14:44 ] [ 編集 ]

海亀のフェリー

亀の乗っているフェリー
懐かしく拝見させていただきました。

このフェリーは小豆島=高松を結ぶフェリーで私の叔父の経営していた「国際フェリー」が所有していたもので新造船就航の為売却されたものでした。

地元では「亀さん」の愛称で呼ばれていました。
現在は「亀さん」と同様に「キリンさん」「パンダさん」が就航しております。
以前は「象さん」も就航していました。

見つけてくださってありがとうございます。
[ 2009/07/29 06:27 ] [ 編集 ]

どうもです

どうもです。
本文とは関係なくてすみません(^^ゞ
ブロとも有難うございます。
今日、自分のブログを見たら犬がいたので焦りました(汗)
サカナは飼い始めたけど犬はまだ飼って無いなのになって(笑)
チョッと前からコッソリ読ませていただいておりまして…これからもコッソリ読ませていただきます。
更新楽しみにしてます。
では。
[ 2009/07/29 02:15 ] [ 編集 ]

海がめ号

ということは、このままタイの竜宮城にご案内、
土産の玉手箱はビニール袋に入れて
しっかりゴムで口をくくってくれるのかなと想像。
[ 2009/07/27 23:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/649-65fdb26b

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。