バンコクのブティック病院街

バンコクに住むと、
「金の切れ目が命の切れ目」
というと大げさに聞こえるかも知れないが、

少なくとも考えさせられることがある。

少なくともタイではUC(Universal Coverage)システムがあり、タイ国民は無料で医療を受けれることになっている。(タクシン元首相時代にはじまった、いわゆる「30バーツ ポリシー」というやつ。)

が、無料で受診するためには、決まった時間にコミュニティ病院に行き、
受診時間で長い待ち時間を経て、やっとそこの紹介をもって県病院(ジェネラル病院)を受診することが必要となる。

サラリーマンにはとても不可能だ。しかも、無料で受けられる治療や投薬には限りがある。
(医師が必要と判断すればMRIだって論理上受診可であるが、病院経営上「無料受診者にMRIを受けさせることはまずない」との話をタイ人医療関係者に聞いたことがある)



でも、サラリーマンには社会保険システム(Social Security)があって、長蛇の列かつ診療時間の限られた公立病院だけではなく、登録しておいた私立病院に行くこともできる。
が、社会保険でカバーできる範囲はこれまた限られてくる。

風邪くらいならともかく、入院でもしようものなら、ちょっとした私立病院でも「部屋代と基本的な治療代」で1日1万バーツ近くは覚悟を要する。


最低賃金がバンコクで200バーツの国で1日1万バーツの負担は大きい。
日本の最低賃金比でいえば、1日入院費が30万円かかるようなものだ。
(200:1万=6000:30万)

で、
「治療を受けさせない」
ことがおきうる。

特にお年寄りなどは、さっさと治療を中止する。

タイのお年寄りのお葬式に行くと家族がやけに明るい。
「このたびはご愁傷様、、、、」
と言おうとしたら、
「マイペンライ(気にしないで)、もう歳だからしかたない」
「直る見込みも殆どなかったから、治療を止めてもらったの」
などと、
明るく
言われる。
(どう反応したらええねん?)


ある事例では、交通事故被害にあい植物人間状態で入院中に、
「加害者は被害者に治療費込みで○○バーツ支払う」
との示談が成立したとたんに、被害者家族が退院させる。

治療費が確定していないのに、治療費込みの示談もひどいと思うが、ダメとなったらあっさりあきらめる家族もすごい気がする。でも、入院していたら毎日多大なお金がでていくし、示談が成立したら回復の見込みがないならすぐに死んでもらったほうが残った者のためになるという考えだろう。

また、ある事例では、
ガンにかかった人が、手術代治療代の見積もりをとって(私立病院では見積書を出すのが普通)なんとかそのお金をかき集めたが(信用に応じてデポジット(保証金)を病院に支払うのが普通)、予想以上に治療に時間がかかり、途中でお金がつき強制退院。そのうえ、デポジットもマイナスで退院する際に「間違いなく残金を支払います」と家族が保証書にサインまでさせられたりする。

この見積書が実はくせ者で、お客(患者)を集めるために、安めの見積もりを書いたりする。
どう順調にいっても見積もり金額にははいらない。クレームすると、丁寧に下の方に、
小さな字で、

「この見積もり書には、△△や□□にかかる費用は含みません」
などと書いてある。


で、どんどん脱線してくるので、このくらいで。
(実は、タイの医師に知り合いが多く、医療情報は断片的にではあるが結構見聞きします。そのうちちょっとまとめて書きたいと思います。)





で、本題です。 (← 前振り長すぎ!)


旅行保険に加入するなど医療費の心配なく滞在する人にとって、

バンコクの病院は憧れのまと

タイ滞在中に一度で良いから入院してみたいものだ、

と思う人多数。

御三家病院などは、
ソファーのある豪華なロビーでピアノの生演奏。病院内にはケーキ屋、スターバックス、日本食屋など完備。快適な入院生活をおくれるのです。

ちなみに御三家といえば、

バンコク病院http://www.bangkokhospital.com/
JMS(Japan Medical Service)があり、日本語の話せる医師が常駐。(現在は日本人の医師もいるそうです) 以前は、「とにかくバンコク病院」という雰囲気があったのですが、今は他の病院のレベルがあがり私的には行く頻度はかなり減っています。
ちなみに、フランチャイズで「Bangkok Phuket」とか各地に、病院を展開しています。
Bangkok Airを経営するBangkokグループです。

さくらぎちょう的ミシュラン
豪華な雰囲気 ◎
日本食レストラン◎
スターバックス ◎
コンビニ ◎

ちなみに、上記は「他の病院でもすべて◎」なので以下省略。



サミティベート病院 http://www.samitivej.co.th/
日本人にとって、「サミティベ」と呼ばれ最も馴染みが深い病院。
日本人の多いエリア(スクンビット ソイ49)にあるせいか、比較的小規模ながら最も高級そうです。
値段も一番高い気がする。以前は、いまいちパットしなかったのだが、上記Bangkokグループに買収されてからきれいに(豪華に)なった。日本語の新聞も読み放題なので、週末などは用がなくてもこの病院に行き、豪華なソファーで生演奏を聴きながら新聞を読んだりするのでした。


バムルングラード病院 http://www.bumrungrad.com/
以前この病院の裏手(スクンビット ソイ1)に住んでいたことがあります。その場所は今バムルングラートの駐車場になっています。
なんとなく日本人にとっては上記2カ所に比べれば馴染みは薄いかも。
それでも日本食レストランもあるのでした。レバノン料理レストランがあるのは、中東のお客(患者)が多いことをあらわしている。



と書いてきましたが、




こんなことを言いたいんじゃない!!!!




こんメジャーな私立病院のことは、このブログでなくてもちょっとインターネットでググれば山ほど情報はでてきます。

マイナーを標榜するこのブログではこんなメジャーな病院の情報は書かないのです。
(と、粋がっているのです)





で、やっと本題です。  (← いい加減にしろ! という声は聞こえない振り)



バンコクは雑踏の都市と思われています。
確かにごちゃごちゃしたMBKなどのショッピングセンターや屋台などを見れば混沌としているバンコクがみれます。

が、高級オフィスビルに行けば、オシャレなロビーにオシャレなコーヒーショップやサンドイッチ店という別世界があるのです。高級オフィスビルの走りは、「SBC Park Plaza」と思っていますが、(ホントか?) このブログでも「バンコクの六本木ヒルズ」として何度かチラチラ紹介している「All Season Place」が代表格。

250px-SCB_Park_Plaza.jpg
SCB Park Plaza;


allseason.jpg
All Season Place;
これらには、ちょっとしたシハイセンスなショッピングセンターが隣接して、歩くだけで楽しい。
但し、メチャ高なので、あくまで「歩くだけ」にするように!


そして、最近できたバンコクを代表するオフィスコンプレックスといえば、チュラロンコン大学がオーナーのCham Churi Squreか、それともQ House Lumpiniかといったところ。


chamchuri.jpg
Chamchuri Squre チュラロンコン大学がオーナーで、コンドミニアム棟にはチュラの先生が大勢購入したそうです。


thai-qhouse_R.jpg
Q House Lumpini
Q Houseはバンコク各地にあるが、ルンピニー公園に面した絶好の場所に建てられた最新、最高級のビルです。




もちろん世界経済危機はバンコクも直撃しています。
オフィス需要も激減しており、またオフィス賃貸価格も下がっていると言われています。

CBD(Central Business District)と言われている地域で(東京でいえば都心3区とかいうイメージ)での大規模オフィスビルで月額賃料平米単価600バーツから1000バーツ(2000円から3000円)程度。ちなみに東京都心部で2万円から3万円とのことなので約10分の1です。

ついでにコンドミニアム(マンション)を見れば、バンコク都心高級コンドミニアムの平米単価13から18万バーツ(40から50万円)に対して、東京都心では150から300万円となります。つまり、タイの高級マンションの価格は日本の高級マンションの5分の1程度の価格です。



※データはインターネットで適当に検索しただけなので、正確なものではありません。



ちなみに、庶民の住宅事情はこちらを参照; タイの庶民の住宅状況


高級マンションは、私のような貧乏人には縁がないが、
高級オフィスには自由に行くことができる。





すいません、またまた脱線しています。

やっと、本題です。 (←ホンマか?)





Q House Lumpiniに行ってきました。




このQ House Lumpiniにあるのが、超高級ホスピタル・クリニック街。

バンコク病院やサミティヴェート病院が「高級デパート」なら、こちらは「高級ブティック街」です。


クリニックといえば、町中の小病院を思い浮かべるかもしれませんが、そんなもんじゃない。
タイ最高医学部と言われるチュラロンコン大学医学部が近いので、そこの先生が非常勤で多く勤務しているそうです。それもブランドになっている。



20090819(003)_R.jpg
まずは、入り口です。Life Centerの看板が。


20090819(005)_R.jpg
中のちょっとしたショッピングセンター。Bootsなど当たり前の店もあるが、普通のなかにオシャレな雰囲気。




20090819(007)_R.jpg
スキンケア専門クリニック



20090819(006)_R.jpg
ダイエットのクリニック

20090819(011)_R.jpg
アンチ エージング(老化防止)専門クリニック



20090819(008)_R.jpg
美容歯科(Aesthetics Dental Clinic)


この他にも、普通の(高級)クリニック、普通の(高級)歯科、(高級)ペインクニック、(高級)産婦人科など多くのクリニックが集まっています。




ちなみに、こういう高級クリニック街はいくつかバンコクにできています。
が、ここほど高級な場所は他にはないでしょう。
[ 2009/08/20 19:06 ] タイ政治・経済:経済 | TB(0) | CM(3)

タイの医療レベル

パヤオさん
以前入院していたバンコクの私立病院内のコンビにではビールを売っていました。隠れて飲んでいたのですが、ある日空き缶が看護婦に見つかってしまいました。でも、何も言いませんでした。
なんて、良い看護婦さんでしょう!!

dadamukaさん
「悪くもないのに手術をする」ことは多分!ないと思いますが、一般にタイでは手術をする傾向にあると聞きます。これは理由がちゃんとあって、きめ細かいフォローができにくいタイでは、一気に勝負をかけて治療をする(=手術など)の方が良いようです。同じ理由で、歯科も、日本では可能な限り抜歯しませんが、タイではすぐに抜く傾向があるようです。必ずしもタイの医療技術が劣っているとはいえないようです。(むしろ多くの臨床経験のあるタイの医療技術は高いともいえるようです)
/さくらぎちょう
[ 2009/08/31 22:43 ] [ 編集 ]

タイ人クールですね(°.°;

どもです。

とても濃いタイの生情報参考になります。

しかし、タイ人って、ある意味もの凄く合理的ですね…行動経済学の模範的な回答(感情移入のない)みたいに(笑)
それは冗談ですが、タイ人は生まれ変わりを信じてタンブンをするって、なんかで読んだのですが、実際は、死に関する価値観の違いとかなんでしょうか?

ところで、なんかの週刊誌が漫画か忘れましたが、タイの病院はクレジットカードを持ってれば喜んで迎え入れてくれて、悪くも無いのに手術とかしてくれるって本当ですか?
私は、それを読んだときは、ただのネタだと思ったのですが、さくらぎちょうさんの記事を読んで、チョット心配になりました…
だって、あまりにも病院が立派で綺麗なので、維持費が相当かかりそうじゃないですか(笑)

長期滞在することは無いので、あまり心配する必要はないのですけど(^^ゞ

ではでは。
[ 2009/08/21 02:43 ] [ 編集 ]

都会はすごいな~

配属先に隣接している国立病院内にセブン(コンビニ)があるだけでも、感激しているワタシです。仕事の合間をぬって時々、買い物するのがささやかな楽しみでしたが、しょぼい楽しみだという事がわかりました・・・v-16院内のコンビニではさすがにアルコール類は売っていません。
アナマイ(地域診療所)では新型インフルエンザ対策として入口から離れた屋外に体温計と消毒液が設置(放置?)。熱のある人は大声を出して知らせる仕組みになっていました。

ちなみに国立病院内でも公務員窓口と一般人の窓口がわけられています。本当に金の切れ目が命の切れ目の国だという事を痛感する日々です。
[ 2009/08/21 02:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/655-d5066b78