実にレトロなノンボンデン市場

レトロな市場というのは私的には結構そそるものがあります。

今までにも、

レトロで寂しくわびしい素敵な市場

もう一度、さびれた素敵な水上マーケット;チャチュンサオ百年市場

ショック! ナコンチャイシーのウォターフロント開発計画

などで、紹介してきました。

が、いずれも最近はタイ人に大ブレーク。
多くの雑誌に紹介され休日ともなれば大勢の観光客でごったがえしています。

どこが、「寂しく侘しいやねん?」と文句がでそうです。


そんなわけで、マイナー指向の私としてはなんとか新たな場所を書かねばなりません。
(別に書かなくても良いのだが、、、、)


で、スパンブリのサムチュック市場(100年市場)などとは決して書けません。
だって、メジャーすぎるから。


確かに地球の歩き方には載っていない(多分)と思うが、バンコク在住の殆どの日本人は知っているでしょうから。(ホントか?)

少なくともバンコクの殆どのタイ人は知っている。


で、これででどうだ? 

と今回紹介するのが、チョンブリのノンボンデン市場!(ตลาดหนองบอนแดง TALAD NONG BON DAEN)

少なくとも日本語のホームページには載っていない。
タイのホームページにも多分載っていない。


誰も知らない、観光客は決していない

、そんなマイナーな場所です。



田んぼの真ん中に突然木造の長屋が両側に続くこの市場。


いまにも崩れそうななのですが、なんとか持ちこたえて現役で頑張っています。

これぞレトロという感じ。

新しい家や補修された家が一軒もないのも○です。

観光客でごった返していない、

でも、早く行かないと、崩れて無くなってしまうかも! 


そんな場所です。



CIMG4455_R.jpg
市場の全景。見事に古いボロイ木造の家が続きます。新しい家は一軒もなし。




CIMG4447_R.jpg
いやあ、ボロイ! でも、どの家もちゃんと住んでいるのがすごい。



CIMG4456_R.jpg
素敵にボロくてたまらない家並みです。


CIMG4448_R.jpg
どう見ても傾いています。



CIMG4439_R.jpg
これまた渋いうどん(グエッティオ)屋さん。麺がはいっている戸棚が木製で渋い。
(普通はアルミ製)






CIMG4458_R.jpg
雑貨屋もどことなく味がある。




CIMG4461_R.jpg
八百屋もどことなく味がある。




CIMG4449_R.jpg
そして、米屋です。木製の巨大な脱穀機で脱穀しています。
これを見るだけでここに行く価値あり。



CIMG4479_R.jpg
裏に回るといくつものベルトで複雑な動きをしているのがわかります。


CIMG4482_R.jpg
市場の入口の案内板です。




ノンボンデン市場地図_R
行き方;チョンブリ県バンブン郡の町中から北東に1kmほど行き、左折して315号方面に4kmほどの左側。


Talad NongBonDaen, Tambon NongBonDaen,Amphur BanBung,Chonburi
ตำบลหนองบอนแดง อำเภอบ้านบึง จังหวัดชลบุรี


追記;
「タイのウェブサイトを検索しても見つからない」
と書きましたが、

チャリンコ野郎のホームページでノンボンデーン市場の写真を見つけました。
http://www.thaimtb.com/cgi-bin/viewkatoo.pl?id=161050&st=61

さすが、チャリンコ野郎は頑張っているなあ。

グエッティオ屋さん

DADAMUKAさん、どうもです。
グエッィティオ、もちろん食べました。
でも、お腹が空いていなかったのだが、このようなレトロな店を見たら食べずにはおけない。

が、サービスで沢山麺を入れてくれて、とってもしんどかったのでした。


そのうち、DACOで特集されるだろうから(本当か?)、観光客が来る前に行くなら今のうちです。
/さくらぎちょう
[ 2009/09/08 00:17 ] [ 編集 ]

市場って?

どもです。

いつもながら濃い内容ですね(笑)
コッソリ見るつもりだったのですが…
廃墟のような市場(あ、失礼しました)は、多分、その場の雰囲気とかもいいんでしょうね( ^^)
ノンビリとした感じが、とてもいい感じですね。

ところで、写真のグエッティオ屋さんで食事はされたのですか?
古くからある店だからヤッパリ美味しかったりするんでしょうか????
凄く興味があります。

濃いタイ情報楽しみにしてます。
では。
[ 2009/09/01 02:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/660-2bf90025