バンコクの細道;其の壱

私のはじめて海外旅行は、中国でした。

その頃は、まだ中国への観光旅行は基本的にはパックツアーしかできない時代でした。
個人旅行は直接中国に入国することはできず、一旦香港に行ってVISAをとって、それから中国に入国するのです。

そんなわけで、実は私がはじめて海外旅行をしたのは香港でした。


「パスポート」と「VISA」の区別もあやうい。
「航空券」と「搭乗券」もどう違うのかしらない。

しかも英語も中国語もできない。


不安がいっぱい。 
本当に中国に行けるのだろうか? とっても不安でした。

----

香港に着いたのは夜。
不安のあまり誰かと知り合いになりたくて、
飛行機で強引に日本人と知り合い、
その旅慣れた風な日本人に連れられて
路地裏の屋台でラーメンを食べました。

路地裏に入っていくのがとっても怖かった思いがあります。


で、年月が過ぎて、私もすっかり立派な(お腹の脂肪が)オジサンになって、
怖いもの知らずになりました。 

怪しい路地裏を見つけると、兎に角はいっていくのです。
(路地裏が怖かった初々しい私はどこへ行った?)



今でもバンコクでたまに路地裏に行くと、
サイコロ賭博やらトランプ賭博やら闘魚賭博やら、、、(賭博ばっかりヤンケ!)
やっていたり、酒を飲んで酔っぱらっているおっちゃんがいたり、、、、


最初はちょっとビビったりするし、
路地奥をうろうろしていると、
「何の用だ?」
と詰問されたりすることもあるが、
ちょっと話をしはじめると、オープンなタイ人が仲間に入れてくれたりするのです。


以前は、路地裏にはいっていくと、大麻の匂いがプンプンして「やばあ~」と思うこともありましたが、最近はそんな匂いもしませんし。
ヤーバーとかヤーアイスなど覚醒剤に代わっただけかもしれません、
(多分)匂いがないのでわかりません。

知らないというのは幸せで、安心して路地裏に行けます。 (←いいのか?)



『鶴瓶の家族に乾杯』的タイ旅行  こんな旅行です。



で、今回からシリーズで「バンコクの細道」として路地の細道を中心に紹介したいと思います。

でも、楽しい路地なら
ナンルン市場とタイ最古の映画館
で紹介したように、


近道なら、
スクンビットからルンピニー公園への遊歩道
で紹介したように、

いくつか書いて来ています。


でも、今回のシリーズのテーマは、「近道」になる「路地」です。



路地を通り抜ける近道



それだけで、ワクワクしませんか?




さて、其の一として、ニューペッブリ通りからスクンビット通りソイ49への抜け道です。


スクンビット通りソイ49(Sukhumvit rd. Soi49)は、
高級な住宅街として、日本人の間でも人気のソイです。
日本人会分館や日本村も近くにあり、サミティベート病院もあります。
オシャレなレストランや高級骨董品店も多くあり、ハイソは雰囲気を醸し出しています。
が、そんな雰囲気とは裏腹に、奥の方は実に庶民的な住宅街やイスラム集落がある異国情緒溢れた「バンコクの細道」です。









細道1地図_R

ニューペッブリ通りのRCA入口付近から高級住宅地のスクンビット ソイ49に行こうと思うと、通常のルートであればこの地図のようにスクンビット ソイ39大迂回をする必要があります。

今回紹介するのは、運河をワイヤー船で渡って最短距離を歩いて行こうというものです。




20090831(001)_R.jpg
ニューペッブリ通り(New Petchburi Rd.)の入口です。ソニーの横をはいっていきます。



20090831(004)_R.jpg
「細道」というには、ちょっと広い通りです。




20090831(005)_R.jpg
が、中にはいって行くと細くなってきます。「細道」らしくなってきた。


20090831(007)_R.jpg
やがて、センセープ運河に出ました。ここにワイヤー渡し船があります。



20090831(008)_R.jpg
ワイヤー渡し船の機械室。これでワイヤーを引っ張って渡し船が進みます。



20090831(009)_R.jpg
こんな感じでわたって行きます。渡し賃1バーツです。




20090831(011)_R.jpg
ワイヤーはこんな感じに張られています。



20090831(012)_R.jpg
センセープ運河には乗り合いスピード船が走っています。プラトゥーナムのセントラルワールドプラザ近くからバンカピ(ラードプラオとラムカムヘンあたり)まで船で行けます。渋滞が無いのは良いのですが、臭い水の水しぶきが怖い!!


20090831(015)_R.jpg
無事に対岸に着きました。ここから、水際の歩道を通って、スクンビットソイ49に行っても良いのですが、それでは面白くないので路地裏を通っていきます。



20090831(016)_R.jpg
この付近はイスラム教徒が多い地区です。この地区の有力者は亡くなった際には当時の首相も訪れました。

20090831(020)_R.jpg
タイのモスクは普通は内部に自由にはいることができます。このモスクの内部には1日に5回の礼拝の時間を時計で示していました。

※モスクによって異なるので、必ず許可を得てからはいってください。モスクによっては礼拝堂に異教徒が入れないところもあります。



20090831(022)_R.jpg
市場が出ています。ラマダン(断食月)は特に夕方にかけて食べ物屋さんが多くでます。
(夕方まで食事ができないため、逆に夕方に食べまくるのです)


20090831(023)_R.jpg
さて、いよいよモスク横のロジにはいっていきます。


20090831(026)_R.jpg
中はクネクネ入り組んでいます。
以前は、もっと住宅が密集した中を細い路地が続いていたのですが、取り壊されたり建て替えられたりした家も多くあり、残念です。



20090831(028)_R.jpg
どんどん奥へ行きます。


20090831(029)_R.jpg
まだまだ奥へ。手前右側の空き地は、取り壊された家です。



20090831(030)_R.jpg
どんどん奥に行きます。


20090831(032)_R.jpg
猫が寝ていました。



20090831(034)_R.jpg
洗濯物を干しています。




20090831(035)_R.jpg
まだまだ、奥に行きます。



20090831(036)_R.jpg
庶民的な住宅地のお約束! 水の自動販売機とコインランドリーです。



20090831(037)_R.jpg
庶民的なアパートです。以前このあたりの部屋を借りていました。家賃1000バーツ/月程度でしたが、今は2000バーツくらいしています。

※スクンビットソイ49といえば「高級住宅地」という印象があると思いますが、実は奥の方はこのような庶民的なアパートが沢山あります。「高級住宅地」で働いているメイドさんや運転手さんも多く住むので、片言の日本語を話す人も多いのです。



20090831(041)_R.jpg
さて、やっとスクンビット ソイ49に出ました。 でも、この付近は随分庶民的です。




20090831(044)_R.jpg
スクンビット通りの方に向かって歩いていくと、豪邸が建ち並ぶ高級住宅地です。


さて、『バンコクの細道;其の壱』はこれで終わりです。

其の弐はどこを書きましょう? 近日中にアップします。
[ 2009/09/02 18:00 ] バンコクの細道 | TB(0) | CM(9)

乗ってきました~!

センセーブ運河の渡し船に乗ってきました。今は片道2バーツです。渡し船の乗り場がニュー・ぺッブリー通りまでつながっていましたが、ニュー・ぺッブリー通り沿いには、モスクの入口という形で看板が出ていました。モスクから南100メートル行った辺りに、周辺住民の市場が形成されていて、とっても魅力的でした~!
[ 2011/05/08 22:09 ] [ 編集 ]

ソイ1の渡し舟

なくなってからどのくらい経つでしょうか? ソイ1からプラトゥナムに行くのに(スクンビット・プルンチットは道路が混むので)よく利用しました。どんどん、のどかな風景がなくなりますね。ゴールデンパレスホテルは行ったことがありません。ソイの入り口から100mくらい奥の左側でしたっけ? /さくらぎちょう
[ 2009/11/02 21:03 ] [ 編集 ]

スクンビット ソイ1

ソイ1にもあったんですか?渡りたかったなあ~。ソイ1のゴールデンパレスホテルが常宿でした。ここの中央のプールが大好きです。
[ 2009/10/21 21:21 ] [ 編集 ]

センセープ運河の渡し船

コントさん
以前は、スクンビット ソイ1からペッブリに渡る船もあったのですが、今は無くなってしまいました。
/さくらぎちょう
[ 2009/09/24 22:18 ] [ 編集 ]

センセーブ運河に渡し船があるとは!
[ 2009/09/10 22:11 ] [ 編集 ]

こにたんさんが知らなかったって意外です。
津々浦々マイナーな場所に行き尽くしているのに、、、、
灯台もと暮らしですね。

でも、ヨーロッパに行くのにバンコク経由ですか?
目的はソムタム?
/さくらぎちょう
[ 2009/09/08 00:13 ] [ 編集 ]

う~ん、ちょっとこのブログの趣旨からはずれる質問のような気がしますが、それにこの「細道」の趣旨からは完全にはずれますが、気を取り直して真面目に回答です。

>一日で水上マーケットとアユタヤにと思っていますが(ウエンディーさんのツアー予定)

はじめてのバンコク旅行であれば、2カ所行って楽しいのではないでしょうか。
1日で両方まわって、もう1日はゆっくり買い物やアフタヌーンティーということでどうですか?

/さくらぎちょう
[ 2009/09/08 00:09 ] [ 編集 ]

こんにちは

はじめまして。タイ旅行予定でよく読ませいただいています。女性二人旅です。相談にのってください。

タイは初めてで今回は格安ツアーでフリーが2日間あるのですが観光地も効率的に回りあと空いた時間全てショッピングにとりたいと思っています。

そこでお聞きしたいのですが行きたい観光地はアユタヤと水上マーケットと王宮あたりです。一日で水上マーケットとアユタヤにと思っていますが(ウエンディーさんのツアー予定)色々調べているとよかったという意見とともに二つ回るのはハードでおすすめしないとか別がよかったというのもあり迷っています。どう思われますか?

別に行くのだったらそれぞれを安く時間も効率よく安全に行くにはどんな行きかたがいいと思われますか?ぜひぜひご意見お聞かせ下さい。

よろしくお願いいたします。
[ 2009/09/07 22:28 ] [ 編集 ]

すばらし~い!!

スクムビット49にこんなところがあったなんて!感動です。素晴らしいです!今度、時間があったら行ってみます。
1週間の夏休みでタイ航空を使って欧州に旅行に行ってきました。往路は2時間半、復路は1時間半、スワナプーム空港でのトランジット時間があったので、空港1階のクーポン食堂でソムタムを堪能してきました。往路に食べたソムタムは美味しかったです。
[ 2009/09/07 02:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/661-c8163584