スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

さらにその後;タイのクーデター

その後20日午後には、タイ政府からは「速やかに通常の体制に戻るように」との指示があり、急速に通常の体制に戻りつつあります。
混乱をどう収拾するかに向かってきました。

「今は一番安全、何故なら街中に警察や軍が沢山いるから。」などとタイ人も軽口をたたいています。

昼食は、ケンタッキーフライドチキンのデリバリーですし、スーパーも平常通り営業しているようです。


当面の危機は完全に去りましたが、これからタイはどうなっていくのでしょうか?
経済が減速傾向にある中で、投資・観光への影響は避けられませんし、ましてや現政権によって行われてきた改革(地方分権化、公共企業民営化、公務員改革など、社会浄化)が頓挫するのは目に見えています。タクシン批判はこのような改革に対する「抵抗勢力」によって行われて面があり(農村でのタクシン支持率は圧倒的です)、改革が大きく後退するのが確実です。
タクシンの強引な手法や近親者の政権中枢への取り立て、あまりにも経済至上主義など個人的に嫌な部分はあるのですが、一方でそのような改革が元の黙阿弥になるのは残念です。 いろいろな視点はあるでしょうが、農村から麻薬を一掃し、(格差社会はつくったが)農村に夢と希望ももたらした、一面もあったと思います。

まあ、逞しいタイのことですから、柔軟に舵取りしていくのでしょう。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/7-910efbdb

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。