バンコク子供の遊び場;驚きの椅子の公園

某公園にある椅子です。


IMG_9198_R2.jpg


うちのチビ(4歳)をこの椅子に座らせると、、


驚きのことが発生しました。



何がおきたか、連続写真でご覧ください。



IMG_9186_R.jpg


IMG_9185_R.jpg



IMG_9187_R.jpg



IMG_9183_R.jpg

注;写真のモデルはウチのチビではありません





ワザと廻っているのではありません。
椅子に座ると自然に周りはじめるのです。

試しに私も座ってみましたが、自然に廻り始めます。

なぜ、勝手に廻るのでしょう?
わかる人はぜひ教えてください!






IMG_9197_R.jpg
説明看板がありました。Spinner Bowlと呼ぶそうです。


インターネットで調べると、
KOMPANというオーストラリアの会社の商品のようです。
http://products.kompan.com/aus/Products/Age_6-15_-_School_Age/PLAY360/3861/Spinner_Bowl_ELE400024.html

説明もあるが読んでも伝えられません。本当にこの不思議さは体験してみないと。



で、この公園、他にもユニークな遊具が沢山あります。

ロッククライミング風の壁やロープのジャングルジムなど。

それに、公園全体が砂場です。裸足で遊ぶことになります。
砂場がなかなかバンコクにはないのでその点もうちのチビのお気に入りです。


IMG_9203_R.jpg


IMG_9171_R.jpg


IMG_9173_R.jpg


洗剤で圧倒的にタイで有名なユニリバー(Uniliver)のブランドบรีส(ブリーズ;BREEZE)がスポンサーとなって社会貢献活動の一環としてタイ全土に設置した一環のようです。
http://www.unilever.co.th/sustainability/environment/vitalityground/default.aspx


※タイの企業は社会貢献活動に非常に積極的です。タイのタンブン(徳を積む)ためというのが一つの理由。もう一つは、タイの企業は中華系が殆どなので、タイの社会への貢献をすることが異国で生きる為の知恵というのがもう一つの理由とされています。







IMG_9175_R.jpg
ベンジャキット公園(Benjakiti Park;สวนเบญจกิติ)内にあります。

地下鉄(MRT)シリキット会議場(QSNCC駅)徒歩3分またはスカイトレイン(BTS)アソーク(ASOK)駅徒歩8分


ベンジャキット公園関連参考記事; 

ベンジャキット公園

ベンジャキット公園のボート・サイクリング

ベンジャキット公園の健康増進器具

ベンジャキット公園周辺

バンコクの空;三景



こちらも参考;

スクンビットからルンピニー公園への遊歩道

噂の地下鉄新路線



ベンジャキット公園

Rakさん
確かに高層ビルをバックにしたこの公園は、バンコクのひとつの象徴的な風景ですね。証券取引所やシリキット国際会議場(QSNCC)に隣接する近代的な反面道路向かいにはスラムもある庶民的な場所です。それが、バンコクらしくて私もとても好きです。
この子供公園はまだできて数カ月です。
/さくらぎちょう
[ 2010/01/16 18:21 ] [ 編集 ]

懐かしい・・・

一番最後の写真、懐かしいです。住んでたアパートが近くであったので、この湖の周りを、朝、なんどもwalkingしました。ノッポのコンドミニアムが竣工したようですね。
記事にされている公園があったとは、気がつかなかったです。
[ 2010/01/10 12:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/706-c2e4602d