北への旅 0;予告編

最近は、「外こもり」なるものがブームだそうで、

バンコクのカオサンあたりに宿泊して、

朝ゆっくり起きて、
日本人同士でだべって、

昼を食べて、
ちょっとブラブラして、

夕食を食べながら
日本人同士でだべる

そんな、うだうだとダルイ日々を送っているそうです。


私的にはすっごくわかります。


以前私もプチ外こもりだったから。


でも、私の時代は外国での外こもりではありません。

日本国内の海外での外こもりです。


やっぱり、外こもりするためには非現実的な

「遠い場所」

でなければなりません。


そうすると、

北海道の田舎か

沖縄の離島か

になってしまうのです。

そんなわけで、昔の外こもり人は、

北派と南派にわかれて戦ったのです。

すいません、戦ってはいませんでした。

ちなみに、私は北派です。


外こもり初心者のときは、
日本の安宿
で紹介したようなユースホステルにこもります。

そのうち外こもりの中級者になってくると、

「ユースホステルかったるいな」

と、『言いたい』気分で、

旅人宿という分類の民宿に移ってきます。

上級者になってくると、

ステーションホテルやパークホテルに泊まるようになるのです。



#ステーションホテルとは、駅で野宿。パークホテルは公園で野宿です。





で、


南への旅1;ゴム園
南への旅2;草木染めと清流ハイキング
南への旅3;温泉とフルーツ三昧
南への旅4;サムイの「お得」なホテル
南への旅5;番外編;亀のフェリー


と「南への旅」について書いたのですが、

実は私は、北派だったことを思い出しました。


そうすると、どうしても「北への旅」について書かざるをえません。




そんなわけで、


今日の夜からチェンライ旅行中です。


「うさ茶屋」のあゆむさんですよね

ナコンサワンはよく通るのですが、あまりじっくり行ったことはありません。チャオプラヤー川沿いの旧市街は夜市もたち、ぶらぶらして楽しかった思い出はありますが。
メンダー(タガメ)は養殖しているのかと思っていました。
/さくらぎちょう
[ 2010/01/16 18:15 ] [ 編集 ]

あけましておめでとうございます。

私も外こもりの気持ちがわかります。
2月にひさしぶりのタイへ、ナコンサワンに外こもりに
いくことにしました。

ナコンサワンでもメンダーは採れなくなって来ているので
採集人が廃業しているそうです。
タイでも自然が減ってきていますね。
[ 2010/01/01 11:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/707-93994ff4