スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

女子大生が来た

タイでは、大学や専門学校のカリキュラムに「実習」なるものがあります。
企業や役所などで何ヶ月か実習するのが義務つけられているのです。

その実習探しが学生にとって大変なのです。
親などのコネクションがある学生は問題ないのですが、田舎からでてきた学生などは苦労したりします。

私の職場でも今まで何人も学生実習を受け入れてきました。

本音をいえば、若い自由な発想でうちの職場に新風を吹き込んで欲しいのですが、
年齢の上下が重要なタイではなかなか意見にはならないですね。


でも、少なくとも、折角日本人がいる職場に来るのですから、何か学んで欲しいですね。
「こんな日本人になってはいけない」のような反面教師でもいいですから。


今回、実習ではありませんが、現場研修で知り合いのタイ人の職場にタイの学生が来ました。
理学療法を勉強している学生で、なんと20名全員が女の子です。

目の保養に 宣伝も兼ねて行ってきました。

そのときに私の話した内容を少し紹介します。

普段より「ちょっとだけ」くだけて話をしました。

いつも、こんな滅茶苦茶の話をしているわけではありません。 ←本当か?



-------------------


みなさん、こんにちは。
紹介いただいた○○です。

今私がしゃべている言葉が理解できますか?

日本語を話しているのではありませんよ。
今、私はタイ語を話しているのですよ。

えっ、わかっているって。
すごい、皆さんタイ語が得意なのですね。

ところで、さきほど私の名前が紹介されましたが、
実はこれは名前ではありません。姓なのです。
日本人は普通は、姓で呼び合います。
私の本当の名前は実は「のび太」なのです。

そこのあなた! うん! と肯かないでください。
冗談に決まっているでしょ!!

私の本当の名前は、「ドラエモン」です。


冗談はこのくらいで、本題にはいります。

皆さんは今日ここを訪問しているわけですが、
なにをしに来たのですか?

先生が「行け」といったのでイヤイヤ来た人? 挙手お願いします!

いない? では、

ここにくればカッコいい男の子がいるかもしれないと思って来た人?

あれ、そういえば今日の訪問者は女の子ばっかりですね。

この中で本当の女の子は何人ですか?

えっ、全員? じゃあ、オカマさんはいないの?

(若干セクハラ発言ぽくなってしまうので)中略


ちょっと質問させてください。
あなたは、何故、理学療法士になろうと思ったのですか?

あなたは?

「お婆ちゃんが理学療法を受けていて、そのような人を助けることをしたいと思って」


じゃあ、あなたは?

「人に役立つ仕事がしたかったから」


そこに先生がいるから本音は言いにくいのでしょう。
先生、ちょっと耳をふさいでおいてください。


他にも理由があるでしょう?

理学療法士になると給料がいいとか?

他の学科はすべて落ちちゃったから、
仕方無しに理学療法士学科にはいったとか。

本心で応えてください。
なぜ、理学療法士になろうと思ったのですか?


「給料も良いと思ったけど、人を助けるのが好きだったから」


(皆に志望理由を聞く)

みなさん、いろんな志望理由があるのですね。

でも、今聞いていると、みんな、「人の役に立ちたい」とは思っているのですね。
みんな偉いですね。

私などは、タイで仕事をしている理由は、「タイ料理が好き」だけなのですが。


では、人の役に立つにはどうしたらいいでしょう?

一つは、一生懸命大学で勉強すること。
人のためになる知識・技術を身につけるよう頑張ってください。

もう一つは、何をすれば人の役にたつか考えること。

その為には、サービスを受ける人に、どのようなサービスを欲するのか聞かなければなりません。

でも、普通に聞いてもタイ人は遠慮して言いませんよね。
本当に頑張って一生懸命聞かないと本当の意見は聞けません。

そこのきれいにお洒落したあなた! 
あなたは美容院に行きますか?

「はい」


じゃあ、その美容院はどうやって選びましたか?

「.....」


気に入ったところを選んだのでしょう?
できあがりが気に入らなければ、
注文をつけたり、
別の美容院に行ったりするでしょう?

それは、自分の為だけではないのです。
そうやって、美容士も技術が向上するのです。

理学療法サービスも本来は同じなのです。
高齢者や障害者は、
本来は医療福祉サービスに注文をつけたり、
嫌ならやめたりできる消費者なのです。

でもタイ人は、遠慮という美しい文化があるので、
なかなか思ったことを言いません。

私も、医者はに文句なんかつけません。
文句をつけて、痛い注射を打たれたらいやだから。

でも、高齢者や障害者に思ったことを言ってもらうことがサービスの向上になるのですし、
理学療法士であるあなたの能力の向上にもなるのです。
そして、人の役にもたてるのです。

ぜひ、あなたたちは、利用者の人たちに、
何でも聞いてください。

そして、皆があなたに何でも聞ける雰囲気を身につけてください。

そして、利用者やコミュニティのニーズの代弁者になってください。

理学療法士は、頑張れば皆に好かれますよ。
注射を打たないから。

医者や看護婦は注射を打つから嫌われますよね。


-------------------


と続きます。


自分でも何を言いたいのかわからなくなってきた。

大勢の若い女性を前にして、緊張して支離滅裂な話になってしまいます。
[ 2010/01/16 00:32 ] その他:その他 | TB(0) | CM(1)

女子大生

相変わらず、おやじギャグを繰り出しながら頑張っている姿が目に浮かびます。受け入れられない情報は無という事ですね。こんどザンビアに来た時もその調子でお願いします。笑
[ 2010/01/17 16:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/710-e8dc5bac

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。