北への旅 4;無理矢理、、、、、

北への旅 1;竹細工のおもちゃの村
北への旅 2;山岳少数民族ホームスティの村
北への旅 3;国境の村

の続きです。


私はお酒は決して嫌いではないのですが、
酒には弱い体質です。


つまり、飲み会には行きますが、量を飲めないのです。

となると、深刻な問題が発生するのです。



つまり、

割り勘負け!



たとえば、4人で2000バーツだとして、
うち2人がお酒を飲んだとすると、


お酒を飲んだ人は600バーツ、飲んでない人は400バーツ


とかで割り勘したりする。

私はお酒を飲んでいるので、


600バーツということになる、、、、、


が、私は少ししか飲んでいないんだ!



沢山飲んだ人は700バーツ! 少し飲んだ人は500バーツ!


が適当ではないか!!
と心の中で大声で叫んでいるのですが、


そんな事を言い出す勇気はないのでした。




が、世の中捨てたものではなく、

時にはおごってもらうこともあるのです。

尊敬する先輩におごってもらったときには、
この人はやっぱり良い人だ!

ちょっと嫌な先輩におごってもらったときは、
この人は実は良い人なんだ!

すごく嫌な先輩におごってもらったときは、
この人にも良いところはあるんだ!


でも、日本人は基本的には割り勘ですね。


タイ人との付き合いになると、もう基本的には割り勘なし


偉いタイ人と食事をすると、
おごってもらうことが多いのだが、 

若いタイ人と食事をすると、
タイ人は払う素振りすらみせない!





何を書きたかったのか忘れてしまいました。



..........


..........



そうだ、思い出した!


タンブンの話を書きたかったのです。


タンブンするので一緒にしませんか?
と誘われることがある。


そうすると、社会通念上いくばくかのお金を出すのだが、
私的には、こころの中で、

なんでお金を出さねばならないのだろう?

と思わぬことはない。

誘ってもらわなければ、お金を出す必要もなかったのに、

と思わぬこともない。



が、さそったタイ人は、

タンブンの機会を作ってあげたい!

との好意らしい。


で、若いタイ人が食事の時に、

お金を出す素振りすらみせないのは、

おごる機会をつくってやる!

との好意かもしれない。(本当か?)


で、田舎に行くと、

お正月とかソンクラン(タイ正月)とかに、


道路を封鎖して車を止めさせられ、無理やりタンブンを強要されることがあります。



それも好意だったんだ!




今回の旅行はお正月だったので、

あっち、こっちでタンブン!


させていただいた

のでした。


IMG_9698_R.jpg
今回の旅行中も道路封鎖中!
車を止めてタンブンを要求しています。私ももちろん払わされました。




P1050826_R.jpg
今回の旅行中たまたま行ったお寺で。
お寺の屋根の寄進です。
みなさんから無理やりタンブンさせられました。
みなさんの好意で!タンブンさせてもらいました。
(赤い布が我が家のタンブン;本当は翌日がタンブン開始なのですが、フライイングで第一号でさせてもらえたので、一番良い場所で目立っています)


P1020964_R.jpg
北部タイでは天井に糸を張り巡らせてタンブンをします。


P1020973_R.jpg
こうやって、天井から自分の頭につないでお祈りします。
お祈りが終わったらこの糸を切って手首に巻きます。。




P1060104_R.jpg
たまたま行った別のお寺です。
こちらでも、『好意で』タンブンさせてもらいました。
(お金を竹にはさんでバケツにさします)
花の飾りのように見えるのはお金です。


P1060115_R.jpg
たまたま行った別のお寺では、涅槃像の建立式をしていました。
こちらでも、好意でタンブンさせてもらいました。


P1060109_R.jpg
この小さな仏像を買って(タンブンして)、涅槃像の中に入れてもらいます。




P1060112_R.jpg
涅槃像の中に人がいて、外から小さな仏像を中にいれてもらいます。





ところで、タンブンとは関係ないのですが、


子供を連れてタイを旅行すると、

子供好きのタイ人からは、


かわいい、かわいい!


とみんなに可愛がられるのでした。


特に山岳民族の村では、

なぜか、

自分の子供用に作った服をもちだしてきて、

着てみろ!

とうちのチビ(4歳)に無理やり着せられるのでした。


#ナイトバザールとか土産物などでよく山岳民族の小物や服を打っていますが、
そういうものと、自分の「子供」に作るものとは気合が全く違うようです。

売ってくれ!といっても、
これは自分の子供に作ってやったのだから売らない!

じゃあ、注文するから作ってくれ!といっても
自分の子供用だから作れるのであって、売りを作る元気はない

確かに、(写真ではわかりにくいかもしれないが)土産物の服とは全く違います。



IMG_9790_R.jpg
アカ族(イコー族)の村で。



IMG_9973_R.jpg
モン族(メオ族)の村で。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/717-7b6928ca