どこまでも真っ直ぐ続く道 & ウートン遺跡

スコタイ、アユタヤ、、、
とタイには多くの遺跡があります。

何を隠そう私がはじめてタイで住んだのはスコタイでした。



※注;当時の私の家の場所;
スコタイ市内中心部から旧市街への橋をわたり、
カシコン銀行の向かいの小道をヨム川沿いにはいっていく。
200mほど行った中国風の祠の横の木橋をわたって、
木造家屋の密集した道幅1mほどの道沿いの家でした。
(、、、って、これでわかる人はいないだろうと、安心しきって個人情報を書いています)

当時住んでいた家の写真



そんなわけで、スコタイには相当思い入れがあります。

スコタイ(Sukhothai)   
で書いたのは単なるジャブうち。


シーサッチャナライ遺跡 (Si Sachanalai historical park)
は、スコタイで一番好きなシーサッチャナライ遺跡。暑さと砂ほこりでドロドロになりながらチャリンコで走り回ったものです。


「Dream Cafe」掛け値なし本物のアンティークレストラン
は、精神的に疲れたときに良く行ったものです。


スコタイ県ハッシオの織物
は、私をタイの伝統織物に目覚めさせました。当時はまだ古い(数十年前)の織物も売られており、私も何枚か買いました。いまは、とんでもなく高価となってとても手が出ません。


スコタイ(Sukhothai)の銀細工(スコタイ シルバー)
では、スコタイデザインの面白さに惹かれたものです。実はタイ人にはスコタイの金細工の方が有名なのですが、私にはとても手が出ません。銀細工は300バーツ程度から購入できます。


我が家の ガラクタ 宝物 その4 宋胡録(スンコロク)
は、千の利休も愛用したというスンコロクです。この色がすごく良い色です。
スコタイの旧家には、スンコロクがごろごろ置いていたりします。
「以前は遺跡から盗掘がされた」と地域ではいわれています。

でも、スコタイについてはまだまだ書ききれていません。
それだけ、思い入れの多い場所なのです。


って、すいません。スコタイの話ではありませんでした。
今回のお題はウートンの話でした。



スコタイ王朝が滅びアユタヤ王朝ができた、、、


と地球の歩き方には書いていた気がしたが、

実はスコタイ王朝とアユタヤ王朝は並存したらしい。

そしてアユタヤ王朝を興したのがウートン王(พระเจ้าอู่ทอง 別名ラマティボディ(王 สมเด็จพระรามาธิบดี)。

ウートン王の出身については諸説あるようであるが、その説のうちひとつは
スパンブリ県(Suphanburi;จังหวัดสุพรรณบุรี)ウートン郡(U-Thong;อำเภออู่ทอง)とのこと。


難しいことが苦手な単純な私としては、
名前だけで判断してしまう。



ウートン王はウートン郡から来たに違いない



自動車メーカーのトヨタのルーツは豊田市!

電機メーカーの日立のルーツは日立市!

カメラメーカーのキヤノンのルーツはキヤノン市です。





ウートン遺跡1_R
GoogleMapで見てみると、ウートン郡にお堀に囲まれた遺跡があるではないか!
(でも、道路(黄色の線)が遺跡に食い込んでいる!!!!)


で、行ってきました。


ウートーンの位置1_R
バンコクの西北200kmほどです。




IMG_1889_R.jpg
まず来たのがウートン国立博物館 ウートン遺跡の中にあります


IMG_1871_R.jpg
ウートン遺跡で発掘された仏像などを展示 7世紀から9世紀のものが中心です 
(なおスコタイ王朝は13-16世紀、アユタヤ王朝は14-18世紀です)



IMG_1873_R.jpg
遺跡の地図がありました。この地図を頼りに出発します。




IMG_1893_R.jpg
お堀の東側にあった崩れ具合が素敵な遺跡です。案内看板など全くなし。なんとかたどり着きました。




IMG_1896_R.jpg
こちらはお堀の西側の遺跡。案内看板などやはり一切無し。




IMG_1899_R.jpg
手前に水がたまっているのが西側のほとり。このあたりにも遺跡があるはずですが、、、、、
探し当てられませんでした。



いやあ、案内看板が全くないまま、ざっくりした地図と博物館で聞いた情報だけを頼りの遺跡巡り。
オリエンテーリング的楽しさです。でも、この全く整備されていない遺跡巡りは古代に思いを馳せることができる気がします。


いやあ、来て良かった。



ちなみに、アユタヤ王朝の始祖のウートン王はウートン郡出身ではないようです。

でも、そんなことはどうでもよかったという気持ちです。



で、今回のお題 第二部

どこまでも真っ直ぐ続く道


です。


長い道1_R

ウートン郡からナコンパトム県カムペンセンに抜ける道は、

どこまでも真っ直ぐ続く道です。

15km以上「ハンドルは固定」で車を運転できます。

多分タイで一番長い直線道路だと思っています。


(もっと長い直線道路を知っている人は教えてください)


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/757-9fa1587e