アユタヤ近隣 巨大サイロの港町;タールア

以前、、、というか昔スコタイに住んでいたことがあります。

バンコクからスコタイの移動手段は、

1.長距離バス
2.ピッサヌロークまで列車で行って、そこからバス
3.ピッサヌロークまで飛行機で行って、そこからバス

なのだが、列車好きの私は2の列車を使うことが多かったのです。
(3は経済的理由で、まずありえない!)



その時に気になっていたのは、

アユタヤを過ぎてしばらくいったタールア(ท่าเรือ)という駅。
直訳すると「港」という名前です。

なんで、こんな内陸部で「港」なんだ?

ずっと気になっていたのですが、、、、、やっと行ってきました。

タールア付近川の流れ_R
地図で調べたら、チャオプラヤー川沿いの町です。
だから、チャオプラヤー川沿いの港だったのですね。


しかし、このクネクネした川の流れ、、、とても萌えますねえ。
三ヶ月湖や昔の川の流れが地図にはっきり残っています。

ラマ6世ダムによる灌漑水路との対比がとても面白い。

もともと、
洪水って、、、
タイ中央平野部の洪水って
で書いたように、もともと洪水と共生している豊かな場所だったのですが、灌漑設備の完成により、より豊かなタイ有数の穀倉地帯になりました。



タールア広域 注釈付_R
アユタヤから東北に直線距離で30kmくらいの場所にタールアがあります。
道路で行くと迂回しなければなりませんが、鉄道ではアユタヤからほぼ真っ直ぐです。


この鉄道自体も、もともとは農産物の輸送のために建設されたようです。


DSC05559_R.jpg
駅の目の前にそびえ立つコンクリートむき出しの建造物!!  


DSC05538_R.jpg
レムトーン( แหลมทองเกษตรภัณฑ์;電話;035341097,035341109)という家畜用飼料の会社です。
奥の高い建物は、農作物のサイロです。
タイの中部では、巨大サイロはよく見るのですが、このコンクリートむき出しの巨大サイロは存在感抜群でそそられます。


DSC05546_R_R.jpg
近くからのアップです。




20110414445_R.jpg
ちなみに、こちらがタイのどこにでもありがちな「鉄製」のサイロです。
これはこれで結構そそられるのですが、、、やっぱりコンクリートの存在感とは違う!


DSC05565_R.jpg
タールアの旧市街です。なかなか風情ある町並みが残っています。
以前はこのような町並みがタイのいたるところにあったのですが、最近はめっきり少なくなってきました。



DSC05592_R.jpg


DSC05574_R.jpg



DSC05601_R.jpg
この家など、本当に萌える家です。崩れそうでやばい! ぜひ、保存して欲しい!
巨大木造精米工場(100年市場)
実にレトロなノンボンデン市場
タイ最古の映画館の内部
などと通じるものがあります。



タールア拡大図_R
タールア市街です。川沿いに開けた様子がよくわかります。




ついでに、、、、


近隣の港のレポートです。


DSC05603_R.jpg
近隣に何カ所かある農作物積み出し港です。
隣接して倉庫があります。


DSC05606_R.jpg
造船所も近隣にあります。コロなどかなり原始的な仕組みをうまく利用しているようです。




DSC05607_R.jpg
近代的なコンテナ港もあります。タイを代表する食料開始CP社のプライベートコンテナ港です。



20110414439_R.jpg
隣接して、CP社の巨大倉庫や事務所を建設中でした。

行ってきました!

GWの暇にまかせて、ちょっとタイまで足を伸ばし、バンコクでも何をすることもなかったので、ちょっとホアランポーン駅のインフォメーション窓口で聞いたら、5分後に列車が出るということで、慌てて切符を買って飛び乗りました。各駅停車で約2時間半、22バーツ。車内検札の車掌さんが、私のタールア行きの切符と私の顔を2度、3度見比べてから切符にハサミを入れました。流石に外国人でタールアに行く人は珍しいのでしょうね。で、タールア、何もない街でしたね。さすが!
駅前通り(と言って良いのか?)のソムタム屋台のお姉さんに「タールア(港)ってどこにあるの?」って聞いても、「ここがタールアよ」って返事。「だから、チャオプラヤー川に昔、港があったんじゃないの?」って聞いても、「さあ~。船は行き来してるけどねぇ」って返事でした(確かにバンコクの河口で見るような艀に引かれた4隻の砂利運搬船が走っていました)。ちなみに、アユタヤーとの間に、ロット・メーが走っているようでしたが(駅前から乗車可能)、本数が極端に少なく、ソムタム屋のお姉さんも列車のほうが良いとのことでした。
長屋の1階部分に複数の商店が入っている様子。タイの地方の街でしたねぇ。。。
[ 2011/05/08 21:51 ] [ 編集 ]

待ってました!

久しぶりのマニアックなポイントの紹介。ワクワクしますね。旧市街の雰囲気、良いですね~。昔訪れたメソッドやメーサリアンの街の雰囲気を思い出しました。
次回の訪問の際でも、ちょっと郊外に足を伸ばしたいものです。
[ 2011/05/03 04:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/797-e61d7ce0