これが選挙の票の操作の証拠です!!

昨日、うちのチビ(5歳)をつれてサイアムのLIDOシアターで『借りぐらしのアリエッティ(The Borrower Arrietty)』を見ようとしていたら、

プアタイ党(タクシン派)圧勝! 出口調査で313議席獲得の予想!

とのニュースが、


タクシン派圧勝? 【投票所から】
で、

「最近の特に地方の圧倒的な盛り上がりをみると、「インラック圧勝」とみましたが、」


と書きはしましたが、313議席ほどの圧勝までは思いもしなかった!!


バンコク選挙区でも、33議席中23議席をプアタイが抑えたとのこと!
(本来はバンコクは民主党の地盤です)



うわあっ、、、!!


との興奮状態のまま、アリエッティを見ました。


教訓臭さが多少鼻についたが、でも純粋に、

うわあ、なんて良い映画なんだ!

と興奮!!


その後、久しぶりにサイアムで食事! 

うわあ、サイアムで食事! なんて俺は都会的な暮らしなんだ!

と興奮!!



龍(RYU)なる しゃぶしゃぶ の食べ放題の店にはいると、一人299バーツ(子供は半額)
だが、店のお姉さんが、子供は無料でいいよ! って!

うわあ、なんて得をしたんだ!!

と興奮!!!



そして家に帰り、テレビをつけると



、、、様子がおかしい。



プアタイが300議席以上とっているはずなのに、、、、


ほとんど開票が終わっているはずなのに、250議席代!


えっ、、、いや、 確かに単独過半数を制しての勝利なのだけど、、、、


「300議席超の地滑り的圧勝!」

とはちょっと違うような気もする。


だって、バンコクなんか、33議席中23議席のはずが、、、

民主党の方が得票数が多いって、どういうこと??


投票数_R



スワンドゥジット大やABAC大の出口調査に比べて、プアタイ(タクシン派)の実際の獲得はかなり少ない。

これは、

出口調査時に、
プアタイ支持者(赤シャツ)は支持を表明しがち
民主は支持を表明しない傾向にある


との説がある。
なるほど、と思う。



また、投票用紙でプアタイの投票欄が、
棄権票(タイでは選挙で棄権欄がある)と混同しやすく印刷されていた


との説もある。
なるほど、と思う。


しかし、

バンコクにおいて、
出口調査と実際の獲得議席が特に大きく違っているのは、

バンコク都知事は、民主党のスクパン知事
つまり、バンコク都庁の選挙票操作!


との噂もあります。


上の表をよく見ると

プミチャイ党やチャートタイパッタナ党が出口調査より、実際の獲得数が大幅に伸びています。

プミチャイはブリラムのネウィンが党首。
チャートタイパッタナは、スパンブリのバンハーン元首相が最高顧問です。

つまり、、、地元密着利益誘導型の古いタイプの政党です。
だから、やはり各地元で票の操作!!




との噂が、まことしめやかにされています。


真実は?




単に、出口調査の精度も問題だったりして、、、、
[ 2011/07/04 22:16 ] タイ政治・経済:政治 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/804-2d8d7d07