衝撃画像;洪水に流される瞬間

もう、最近は洪水を中心に生活や仕事がまわっている気がします。


今日は、北からの水はシーパトム大学付近まできました。西では以前からピンクラオ(エメラルド寺院から橋をわたったところ)は水は結構でていますが(実は私はピンクラオに住んでいたことがあります)、そのずっと西のプタモントンまで水につかりました。ウィタヤン道路(バンコクで一番お勧めのイサーン(東北)料理店  がある道路です)にも水が出たとのこと。ちなみに、ここには皇太子妃の家があるので、タイ政府として水を出したくない場所のひとつです。


でも、

28日に、バンコクの洪水;危機が去った前兆&ボランティア

を書きましたが、その後も、バンコクにとって最悪シナリオは回避できるのではないかとの情報があちこちからはいってきています。 ←私が大量に備蓄した食糧や生活用品はどうするねん?


一時期スーパーから消えた水も戻ってきました。

私の知り合いのタイ人NGOの人も、気持ちはすでに「洪水後!」
ボランテァイを募って町を掃除しなきゃ!! 衛生作業をしなきゃ! 
キャッチフレーズは何がいいかな?

などと。


そんなわけで、すでに町の掃除道具の手配まですすめています。

私的にも、すっかり緊張感がとけてきました。

自動車も、先週は3日ほど、知り合いのコンドミニアムに預けたりしていたのですが、
29日からは、自宅の平置きに戻しました。







バンコクに長く住んでいると、たまたま決定的瞬間に出くわすことがあります。

このブログで、以前書いた、

「恐怖の屋台」

は、バンコクの日本人たちを恐怖のどん底に陥れました。



そして、今回のスクープ写真は、洪水の流れに子供達が流された写真です。


私は、たまたまこの瞬間に出くわしで、夢中でシャッターを押しました。

子供達を助けずに、なぜ写真を撮り続けたのか?

そういう非難・疑問もあると思います。

私も正直理由はわかりません。

ただ、私は昔カメラマン志望(注2)だったことがあり、心のどこかに報道の責任を持っていたのかもしれません。


では、スクープ写真です。


DSC00715_R.jpg
運河があふれ住宅街に水が流れ込みます。向こう側こら、こちらがわに流れて来ます。
見えにくいのですが、子供達が数人流されました。


DSC00719_R.jpg
子供達が固まって流されてきます。


DSC00721_R.jpg
幸い掴まるものがある子もいるようです。

DSC00728_R.jpg
なぜか、笑顔が見える子供もいます。




すいません。 単に、

家の前で洪水の中で流されて遊んでいる子供達でした。





注1;
スクープ写真! 恐怖の屋台!

注2;
小学3年生の時はカメラマン志望でした。でも、その翌日にはガードマン志望に変わりました。



--------------


すいません、とてもこれで許してもらえるとは思っていません。


洪水の新商売の紹介を!


DSC00684_R.jpg
長靴屋です。普段は長靴なんて見ることはありません。200バーツ程度から。



DSC00682_R.jpg
救命胴着屋さんです。1着300バーツです。



DSC00681_R.jpg
ボート屋です。各種ボートが売られています。 このボートで5000バーツほど。



DSC00680_R.jpg
これは、車全体を覆うシート。どれほど有効なのかは不明ですが、、、、



DSC00514_R.jpg
ちなみに、このように車全体をシートで覆って使います。



DSC00668_R.jpg
車と言えば、このようにジャッキアップしている車も数多く見ます。

おつかれさまです。

はじめまして。
私の弟(49歳)が金型の工場をバンコクでやっております。ゆえに、いつかは遊びに行こうとブログを拝見しておりました。
かなりはまってしまっております。
買いこんだ非常食は、有効期限前にパーティーを催しましょう!
本島に大変な騒ぎでしたね(すでに過去形)。
[ 2011/11/03 13:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/817-96a47fcc