スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

タイ女性のオトコへのアタック方法;バンコク トラフィック ラブ ストーリー

私がタイに初めて来たころは、

タイ人女性はオシトヤカ!

と、相場は決まっていた。


だから、、、、
タイポップスのターニングポイント?
で書いたように、ニコルが新鮮だった。



では、今時のタイ女性は、どうやって意中のオトコにアッタクするのでしょう?



2年ほど前に流行った映画、

バンコク トラフィック ラブ ストーリー(Bangkok Traffic Love story;รถไฟฟ้ามาหานะเธอ)


から、実例を探してみました。



1.気になる男の携帯番号の聞き出し方

「私の電話番号を聞かないってどういう了見? 私の電話番号をあげるからさっさと電話をかけてきなさい」
というのは、上記ニコルのセリフ。

普通はここまで強気は無理でしょ!

で、上記バンコク トラフィック ラブ ストーリでは、
「あれっ? 私の携帯電話どこかいっちゃった。 ちょっと携帯を貸して。 私の電話にかけてみるから」

で、自分の携帯に電話をかけると、当然番号が自分の携帯電話に残るわけです。


2.気になるオトコから自分に電話をさせるきっかけ

自分の電話番号を書いたプレゼントをわたす。

いかにも古典的ですが、王道なのでしょう。


3.気になるオトコと会うためのきっかけ作り

そのオトコのよく来る店でアルバイトをする。

上記の映画では、レンタルビデオ屋でした。

(少し無理がありますね)



4.気になるオトコと一緒にいる時間をつくるきっかけ

(相手が技術者なので)数学が得意なんでしょ。今度私に数学を教えて、と頼む。



以上は、映画の中で今どきの高校生プルンが行っていた(あるいはアドバイスしていた)方法です。
プルンは、恋人(ギック)が何人もいる跳んだ高校生です。


ところで、

5.恋のライバルの陥れ方

上記映画の中のドラマ(劇中劇)では、良い役の女性が悪い役の女性の意地悪に耐えかねて、最後には暴力で仕返しをするシーンがありました。

そのシーンを見た、上記映画の主役マリーは、
恋のライバル(高校生のプルン)の恋人を何人も一か所に呼び出して、バッティングさせる方法をとっています。

タイの女性なら、実際にやりそうで、怖い。



で、
バンコク トラフィック ラブ ストーリー(Bangkok Traffic Love story;รถไฟฟ้ามาหานะเธอ)ですが、2年ほど前に大ヒットした映画なのですが、実は先日飛行機の中ではじまて見ました。

タイにありがちな、ラブコメディなのですが、とても面白かった。
監督は、数年前に大ヒットした映画「僕の恋人」の共同監督の一人。 ちなみに、 衝撃のビデオ! ぼくの恋人  でも書きましたが、私的にはこの映画はタイ映画最高傑作だと思います。

注;私が見た映画の中で


で、バンコク トラフィック ラブ ストーリー、、、




面白い! 


主人公のマーリーは、30歳の中華系独身女性

10代のプルンのような、「跳んだ」の女性ではない。

かといって、40代以上のような、古い伝統を重んずる世代でもない。


若い人の価値観でもなく、古い価値観でもない、そんな微妙な価値観があざやかに描かれています。


最近タイに来た人には、ぜひ見て欲しい。
今のタイを学べる映画だと思います。


と、絶賛しましたが、ストーリーの不自然さ無理さはちょっときついですね。

偶然にBTSで何度も出会うとか、BTSと船とバスと乗合トラックを乗り継いで出勤とか(どこやねん?)


で、この映画をまとめると、

50代以上のタイ人;
・女性はオシトヤカでなければならない。
・女性を物扱い(30歳で歳を喰っているだけど新品(処女)だらら嫁にもらってくれ、と娘を売り込む)
・一人の男性をめぐる女性の争いのドラマが大好き(しかも、遺産相続とお手伝いさんがいればベスト)
・中国語を話せる
・親戚付き合いや家族などを大切にする

ティーンエイジャーのタイ人;
・ボーイフレンドは何人もいる
・好きな人がいると積極的にアタック
・古い伝統は尊重しない。面白いところのみ尊重。
・中国語を話せない
・深い人間付き合いよりも、広い人間付き合い


その丁度狭間の女性が描かれています。


一この映画の番大きな主題は、

50代以上は、家族、親戚と一緒に生きており、寂しは感じない。

ティーンエイジャーは、寂しいときは新たな人と人間関係を作ればいいので寂しさは感じない。


で、その両方の価値観を併せ持つ30歳の主人公は、うまく泳ぐことができない。
でも、悩みながら自分の幸せを見つけていく。
(だと思います)



で、フェーンチャン(僕の恋人)の、ドキドキするラストのクライマックスをもじりながら、

ハッピーエンドの映画です。



ちなみに主演のクリス ホーワン(Cris Horwang;คริส หอวัง)は今旬でテレビのトークショーなどにもよく出ていますが、表情豊かというか仕草も含めて可愛いですねぇ。 毎週土曜に14:45から15:35 Ch5でSister Dayという番組があります。番組の内容は女性がターゲットなのですが、クリスのほかに、これまた今人気絶頂のTOEY(Jarinpon Junkiat;จรินทร์พร จุนเกียรติ )が出演しいます。クリスとトーイが一緒に見れる番組はこれだけ! (笑


[ 2012/01/28 23:55 ] タイの映画 | TB(0) | CM(1)

観ました!

私もこの映画ビデオで観ました!
でもタイ語力不足か世代間の人間関係にまでは行き着きませんでした(汗)
主演女優クリスはインターナショナルスクールでバレエを教えていたってタイ人の女の子から聞きました。顔は美形じゃないけどメイクやファッションで綺麗に見えるから皆彼女に夢中なの!ですって。
女の子心くすぐるタイプですね。
[ 2012/06/21 12:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/825-235356d6

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。