サタヒップ漁港

タイといえば、


「シーフード」

海沿いのレストランで、シーフードを頬張るのは、

幸せ気分満喫です。


国内消費だけではなく、海産物の輸出や加工品もすごく多いのです。

「オデンのちくわ」はタイで生産されているというのは有名な話。

「ファミレスの白身魚」の骨は1本づつピンセットでとっていくのも、タイの水産物加工工場です。


そういった工場って興味がある!

#私は「工場」と聞くと入っていきたくなる性格なのですが、

注;工場については下記のようなことを紹介してきました。
絶景工場!!
巨大木造精米工場(100年市場)
バンコク工業地帯 萌えクルーズ



でも、実は海産物加工工場には、今まで行ったことがありません。

正確には何度か行っているのですが、ガードが固く、中に入れてもらえません。

多分その理由の一つは、働いているのが外国人だからだと思います。

外国人が大勢働いているのは公然の秘密なのですが、
なぜか、それはあまり公けにはしたくないようです。



サムットサーコン(マハチャイ)には水産加工会社が多くあるのだが、
そこで働いている人の多くはミャンマー人という話です。(実態はよくわからない)

サムットソンクラムやペッブリーの海沿いにエビや貝、魚の養殖場が沢山ありますが、
養殖場で働いているのもミャンマー人ばかり。

注;過去記事を探しましたが、サムットソンクラムなどの養殖場などについては今までに書いていなかったのですね。近日中に書きます。


遠洋漁船に乗っているのもミャンマー人がほとんどと聞きます。


タイの水産業は外国人で支えられているようです。


で、脈絡もなく、漁港の話です。

----------

サタヒップ(Sattahip;สัตหีบ;)


サタヒップは、私的にはあまりにも有名すぎて、マイナー志向のこのブログ対象外だったのですが、
意外に日本人には「ドンホイロート」あたりの方が知られていて、サタヒーップの方がマイナーであることに最近気づきました。

参考;シーフードと潮干狩りのドン ホイ ロート



#バンコクからホアヒンやチャームなどのリゾートへ行く際に、ドイホイロートはその途中にあります。
 一方で、サタヒップはパタヤからみて先だし、ラヨン方面に行く場合はサタヒップの方を通らずに
 行くから、、、、、だと今思いました。




DSC01883_R.jpg
近くのカオラーン海産物マーケット
こういう海沿いの市場でも、遠くから買って来て売っているものもあるので要注意です。

#どこでも、海沿いに行くとこういうシーフードマーケットがありますが、必ずしも新鮮なものではありません。
 なぜか、タイ人は人が良いせいか、あっさりと騙されます。注意しましょう。
 そういえば、以前チュンポーンのタオ島に行ったとき、シーフードを食べようと思ったら、
 「シーフードはない」とのこと。国立公園で漁ができないかとだそうです。
 今は、さすがにシーフードレストランがあると思うが、「遠くから持ってきた」シーフードのはずです。
 「海に行ったら新鮮なシーフード」と思いこまない方がいいですね。



DSC01890_R.jpg
マーケットの裏の海に並ぶ小舟の漁船。
新鮮な近海物のサカナです。


DSC01887_R.jpg
アジやイカはここで水揚げされて新鮮。アワビもあります。
でも、エビやスズキは他の場所から持ってきたものです。



DSC01884_R.jpg
イカをその場で焼いて売ってくれます。うまい!




DSC01876_R.jpg
漁港(サメサン港)に移動します。
この写真は漁港の全景です。半島の脇に桟橋が何本も伸びる巨大漁港です。



DSC01835_R.jpg
作業が終わって休憩中。 っていうか、自分たちで食べる魚を釣っています。
ちなみに、このお兄さんはカンボジア人です。


DSC01834_R.jpg
網の手入れをしているのもカンボジア人。


DSC01837_R.jpg
近くに作業員の家があります。
家賃は1200バーツだそうです。


DSC01841_R.jpg
みんなカンボジアから来ました。
ちなみに左端の女の子は15歳、左から3人目の女の子は14歳。
大人の月給は2500バーツ、子供は2000バーツです。
(ちなみに、政府の定める最低賃金は日給196バーツです。『なぜか』最低賃金を下回っている!)

この14歳の女の子11歳から働いています。
学校には行っていません。

オトコは船に乗って沖に行っています。


DSC01843_R.jpg
この赤ちゃんが大きくなったら学校に行けるのかな?


DSC01840_R.jpg
釣った魚は干して食事のおかずにします。食生活は豪勢!! でも、野菜が無い!






ちなみに、サタヒップ近郊は主な海岸の殆どは海軍の基地または海軍の管理になっており、「原則的には」外国人は立ち入りが認められていません。
(「原則」が結構守られないものもタイです。)

ちなみに、この
漁港を見下ろす高台の基地の一画に、Thai Island and Sea Natural History Museumがあります。
http://www.tis-museum.org
海軍の管理ですが、こちらは外国人でも自由にはいることができます。

注;ちなみに海軍に限らずですが、タイの軍基地や施設は市民に公開されています。
以前紹介した下記施設も軍の施設です。
チャオプラヤー川河口の公園
カモメのレストラン

また、この桟橋から向かいにサメサン島(Samaesan Island;เกาะแสมสาร)に行く船も軍によって運行されています。
往復250バーツ、シュノーケリング無料です。私は行ったことがないのですが、タイ人曰く「สวย;きれい」とのことです。

2012年8月追記;
その後 サメサン島に行ってきました。
バンコク近郊で一番きれいなビーチ!;サメサン島  参照


船釣りをしたい人は、サメサン漁港までいかなくても、パタヤの南のバンサレー漁港に行った方が釣り船もチャーターしやすいし、船宿も沢山あります。(以前ここで漁船をチャーターしてイカ釣りに行ったことがあります)




サタヒップ広域地図_R


サタヒップ拡大図_R

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/830-180e1c40