スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

巨大マグロ養殖場か? バンコクの謎のサークル

私の子供のころ大阪府南部の田舎で育ちました。

尾根沿いに10戸ほどの家がある集落で、谷となっている両側がため池でした。


その尾根から舗装されていない道路を約15分歩くとバス道路でした。
さらに、そのバス道路を4kmほど行くとやっと最寄駅でした。


一番近くの本屋は、その最寄駅前にあるのでした・。


そのバス道路の4kmを子供がバスに乗るなどあり得ません。
バス代があれば、バスに乗らずに、仮面ライダースナックを買うにきまっています。 ← 本当か?


当然チャリンコで駅前に行くのですが、、、


そこで問題が、、、、



学校の規則で、

『バス通りでは自転車を降りて押さねばならぬ』

ことになっていたのです。


交通事故防止のためだったのだと思います。


でも、「4kmの距離を自転車を押して行く」というのはいかにも大変です。


で、私は考えました。


できるだけ、バス通りを通らなくても良い道を、長い長い試行錯誤の結果、、、
(当時はGoogle MapsもYahoo地図もありませんでした。いやそれ以前にインターネットがなかった)


ついに、バス通りを通らなくても行ける迂回路を発見したのです。 ←倍の8km位の距離だったと思う



(後日談ですが、このルートは後日市役所に正式に認定され『バス迂回道』との名で市の地図に掲載されることはありませんでした)



で、ある日、ある同級生と一緒に駅前に行くことになった。


私は、「バス通りを通らない新ルートを発見したこと。」を伝え、
「そのルートを教えてあげること」を提案した。



その友人は、D君という名であったが、チョイ悪の同級生であった。
身体も大きく、力もあり、すごむと怖いところがあった。


でも、私が新ルートを惜しげもなく教えてあげたものだから、
これをきっかけに、私の子分になる、ことはなく、


「バス通りを自転車で走っていけばエエヤンケ」


私は、この同級生の規則を知らない無知さ加減に少し驚いたが、
でも、親切に優しく教えてあげた。


「バス通りを自転車で走ったらアカンのやで」


友人は、感謝を込めてこう答えた。


「そんな規則なんか無視したらエエンヤ!」


私は、「規則を守らない」という方法が世の中に存在することを、その同級生から学びました。







で、駅前の書店に行って何をしたかというと、

「週刊誌の立ち読み」



です。



週刊誌の立ち読みをするのが、
大人っぽくてカッコよいと思ったのです。

(ちょうど、「好きな女の子をイジメル」年頃が終わり、
 「好きな女の子を無視する」のがクールでカッコ良いと思い始めた年頃に差し掛かったころです)


ちなみに、その後、「私が無視している」つもりが、実は女性から無視され続けて今にいたります。
さらに、男性からも無視され続けています。 
以前飼っていた犬だけが、私を必要としてくれていました。 ←餌の時だけですが、、、





で、立ち読みですが、

週刊ポストを立ち読みするほど大人になっていませんでした。
朝日ジャーナルを立ち読みするのも、もうしばらく先です。


立ち読みするのは、
少年チャンピオン、マガジン、サンデー、そしてジャンプでした。


その中でも、少年チャンピオンが、「ガキデカ」をはじめ最もお気に入りでした。
(少年チャンピオンが、一番子供向きだった)

でも、実は必ず読んでいたのが、





少年ジャンプの『こちら葛飾区亀有公園前派出所』です。


オタクの王道の漫画のギャグに子供の頃から釘づけだったのです。




ちなみに、「オタク学入門」(http://www.shinchosha.co.jp/book/134451/)によれば、

一つの分野に深い興味や知識を持つ人は、単なる「マニア」であり、
「オタク」とは、「『マルチな』分野で細部にいたる深い知識を持つすばらしい人」とのことです。

(ちなみに、この「オタク学入門」、、、とっても素晴らしい本です。)


この定義に従っても『こちら葛飾区亀有公園前派出所』は素晴らしい「オタク」です。


で、



DSC02368_R.jpg
主人公の両さんが、マグロの養殖を始めた話です。


DSC02367_R.jpg 
マグロは泳ぎ続けなければならないため、こんな巨大なドーナツのような水槽を作ってマグロを養殖しました。
「マグロ養殖陸上循環式生け簀」とのことです。




いやあ、ワクワクする発想ですよね。  ← 私だけか?






今回もやはり脱線に脱線を重ね、ここから、今回の本題です。
(ここまで、読んでる人がいるのだろうか?)




先日GoogleMapsを見ていると不思議なサークルが目につきました。



謎のサークル全体図_R
直径500mほどの巨大なサークルです。
マグロの養殖場か?



早速、行ってきました。



DSC01911_R_R.jpg
何かの廃墟のようです。
何か巨大な建造物があって、取り壊したように思えます。



DSC01913_R_R.jpg
守衛所だけが残っています。



謎のサークル周辺図新_R
周辺の地図です。
①がこのサークル
②は、Microchip Technologyという会社のようです。
③はNECTEC(国家電子技術研究庁)のMicro Electronics研究所があります。
(GoogleMapsではまだ建設途中ですが、現在は完成済です)



DSC01909_R_R.jpg
②のMicrochip Technology




DSC01915_R_R.jpg
③のNECTEC(国家電子技術研究庁)のMicro Electronics研究所







どうも、この付近は電子系ハイテク関係の会社や研究所が集積している場所のようです。

マグロの養殖場ではないのか? ←しつこい!

素粒子の加速器があったのだろうか? ←大きさ的には符合する!


でも、インターネットで検索しても、それらしき情報は見当たらない。




謎のサークル地図新_R
場所です。バンコクのミンブリから304号をチャチュンサオ方面に行く途中です。











この謎のサークル、、、、いったい何があったのだろうか?




探偵ナイトスクープの探偵さんに聞いてみたい!

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/835-1c5f9967

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。