【研究調査報告】Facebookにみる日泰露出度比較分析

このブログには私は「軽い内容」を書くことが殆どなのですが、実は私は長年様々な「研究」活動に携わっていました。
その研究テーマは、自然科学から文豪の文学研究まで多岐にわたっています。
自分で言うと嫌味になるのですが、いわゆる「マルチな才能」に恵まれています。

しかし、


学会で発表するとか新しいテーマに挑戦することとかそんなものはどうでもよい。
地道に頑張るのが重要なんだ!(注1)



との信念があるので、実は専門論文誌への発表はあまりしていないのですが、
下記のよう例として下記にあげたように、平易な文章で多くを世に発表をしてきています。


注1;今朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」で高橋克己が言っていました。
   なんでも、すぐ影響される私です。
   (明日になると忘れると思います


注2;筆者の主要な研究成果物としては下記のものがあります。

アサガオの観察日記;筆者7歳時発表
夏の天気(夏休み絵日記 付属調査研究);筆者8歳時の発表
川辺の植物(夏休み自由研究);筆者9歳時の発表
夏目漱石の研究(「坊ちゃん」読書感想文);筆者10歳時の発表

その他研究成果多数




このブログでも、下記のようないままで調査研究成果を発表してきました。


【調査研究結果報告】タイ在留邦人に人気のある旅行先


調査報告;タイの日本食レストラン

美人の女の子 求む!! 




今回は、久々に新たな研究成果を発表します。


【背景】過去多くの研究者により、日本人・タイ人の行動比較調査研究が実施されており、その研究成果は日系企業における労務管理やタニヤのクラブにおけるおねえちゃんの口説き方などに適用・応用されてきている。しかし、「工場においてタイ人従業員の定着率が高まらない」、「タニヤのタイ人のおねえちゃんは日本人の財布にしか興味がない」など、理論と現実の乖離が多く報告されてきている。
これは、今までの研究が、伝統的な保守層への聞き取りを主にした調査分析が中心であり、必ずしも新しい世代の行動様式とは異なるものであることによると思われる。しかし、新しい世代の行動様式について正確に調査するのは困難であった。本研究では、新しい世代のタイ人を中心に普及しているFacebookを利用して調査を行ったものであり、真に現代タイ人の行動様式を調査分析したものである。

Facebookに関しては、下記も参照
タイのFacebook;性格のキツイ女子大生

【調査方向】
筆者のFacebookに友人として登録されている者のうち日本人またはタイ人412名(2011年時点)について、そのプロフィール写真を元に、どの程度自分の顔を晒しているのかを調査を行った。なお、412名の内訳は、日本人248名、タイ人164名;男性191名、女性221名である。

なお、このfacebookに登録されている412名の友人は、私は友達と思っているが、「友達申請を承認したくないが、私の友達申請を拒否するとカミソリが送られてくるのを恐れて承認」という「事なかれ主義」の者が多いことがよくしられている。


【調査結果】

プロフィールに登録している写真を下記のとおり10種類に分類を行なった。

(1)自分の写真(顔がはっきりわかる)
(2)自分の写真(顔ははっきりしない)
(3)自分の子供の時の写真
(4)自分のイラスト
(5)家族と一緒の写真
(6)家族以外の人と一緒の写真
(7)家族の写真(自分の写真はなし)
(8)全く別の写真
(9)ペットの写真
(10)写真なし
(11)その他



以下に項目毎の結果を示す


(1)自分の写真(顔がはっきりわかる)
自分の写真を堂々と晒している人は、日本人の4割に留まったのに対し、タイ人は実に65%に達した。
これは、タイ人に美男美女が多いと思われる他に、修正写真を使用している人が多いためと思われる。

特に、タイ人女性に関しては、「お前! この写真誰だよ???」 と怒鳴りたくなる写真が多い。

なお、性差による有意差は見られなかった。


(2)自分の写真(顔ははっきりしない)
上記を反映したためか、日本人15%に対してタイ人は11%に留まった。
Facebookのルールでは、写真を載せなければだけど、はっきり載せたくないという優柔不断な人は日本人に多いせいと思われます。 
20061031005731.jpg
(ちなみに、私の写真はこれです;http://okui.blog77.fc2.com/blog-entry-132.html


(3)自分の子供の時の写真
日本人・タイ人とも1%前後で変わらないのであるが、男性は2%であったのに対して女性は一人もいませんでした。 「子供のころに可愛いが成人するにつれ不細工になる男性」と、「子供のころから一貫して美しくなっていく女性」の差であると思われる。 (化粧技術の向上による)


(4)自分のイラスト
やはり、日本人・タイ人とも3%前後で変わらないが、男性が4%であるのに対して、女性は2%しかしません。
やはり女性の実物の美しさはイラストではわからないようです。


(5)家族と一緒の写真
これも、日本人・タイ人とも6%で変わりません。でも、男性が4%であるのに対して女性は7%です。


(6)家族以外の人と一緒の写真
これについては、特徴的なデーターがでました。
日本人8%に対して、タイ人は4%です。
「家族以外」というのはいったい誰なのか? 普通には友人だと思いますが、愛人、同性の恋人、、、など追及するのは今後の課題です。

(7)家族の写真(自分の写真はなし)
家族だけの写真。日本人は2%に対してタイ人1%、男性2%に対して女性1%です。
自分を晒さず家族だけを晒すのは日本人男性の習性のようです。

(8)全く別の写真
日本人10%、タイ人7%。男性7%に女性10%です。
やはり日本人女性は理解不能です。

(9)ペットの写真
日本人2%、タイ人0%。
タイ人がペットを好まないわけではないのですが、タイ人にとって自分のプロフィールに「ペットの写真」とは考えにくいようです。

(10)写真なし
日本人12%、タイ人3%です。
日本人はFacebookの使い方(写真のアップロードの仕方)を知らない人が多いようです。



【まとめ】
こんなものを書いて、また友人を失った!!   気がする。



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/838-11d15609