チュラロンコン大学百景;新入生歓迎(ラップノンマイ)

チュラロンコン大学百景シリーズです。


「タイの大学」といえば、まず頭に思い浮かぶのが、新入生歓迎(ラップノンマイ;รับน้องใหม่)です。  ← 本当か?


学生時代の思い出といえば、、、、

新入生歓迎(ラップノンマイ)


苦しかった経験といえば、、、、

新入生歓迎(ラップノンマイ)



友人との絆ができた機会といえば、、、、

新入生歓迎(ラップノンマイ)


多くのタイ人にとって、「強烈な」思い出のようです。



「上級生と新入生の交流や、学生生活のオリエンテーション」というのは公式発表、



実際は上級生が新入生をシゴク機会のようです。




「規律を学ぶ機会」「友人を作る機会」「上級生とのつながりの機会」


として「必要なもの」とするタイ人が多いようですが、

ただ、その実態は、言葉の暴力やイジメに近いものもあることも多いようで、
今まで数多く社会問題となってきています。
(新入歓迎で、女子学生に性的な行動を強要している写真が新聞にスクープされた事件もありました)



※私の学生時代にも実は同じような新人歓迎がありました。「先輩には絶対逆らうな」「街で先輩を見かけたら大声で挨拶」など「脅されながら」教育されました。圧巻は「夜回り」といって、夜中にいきなり竹刀でバシッ、バシッたたきながらたたき起こされて、直立不動で、「タルンでいるぞ!」などと怒鳴られるのです。ビビリあがりました。 今は、無いのだろうなぁ!



さすが、チュラロンコン大学では、そのようなシゴキらしきものは「見える範囲では」ないようです。



DSC03238_R.jpg
でも、6月には連日こうやって新入生歓迎をやっていました。
学内探検オリエンテーションのようなものもやっていたり、「結構工夫しているなあ」という感じ。



DSC03026_R.jpg
新入生歓迎とは直接は関係ありませんが、学内にRED ZONEとして「新入生立入り禁止」場所も多くあります。
新入生への規律教育の一環だと思います。



でも、それにしては、「規律がなっていない」と感じるタイ人が多いのは何故なのだろう?????


参考記事:
チュラロンコーン大学百景:ラップノンマイ始めました
[ 2012/07/07 11:40 ] チュラロンコン大学百景 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/841-e0f7bab8