スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チュラロンコン大学百景;チュラバス

チュラロンコン大学のキャンパスは、

1)サイアムスクエアーとラマ4世道路に挟まれた場所
2)国立競技場とラマ4世道路にわかれた場所

の2か所がメインのキャンパスです。
両キャンパスはパホンヨティン通りを挟んで向かい合っています。

その他にも、例えば国立競技場近くの体育学部など、赤十字近くの医学部など、サイアムスクエア近くの芸術学部などにも分かれているのですが、いずれも狭い地域に集中しています。

ちなみに、
タマサート大学;タープラチャン(本校)とランシット校とに分散、
マヒドン大学;サラヤー校(事実上の本校)の他にシリラート病院校やラマ6世道路付近他に分散、
カセサート大学;バンケーン(本校)とカンペンセン校に分散、
シラパコン大学;タープラチャン校、ナコンパトム校(事実上の本校)に分散
シーナカリンウィロート大学;プラサミット(本校)とナコンパトムに分散
(ちなみに、現ブラパー大学、ナレスワン大学は、シーナカリヌィロート大学の元分校です)

とバンコク付近の主要大学はみなキヤンパスが分散しています。
いずれも、「もともと都心部にあった大学が地方に新キャンパスを設置」というパターンです。
バンコク中心部にキャンパスが集中するチュラロンコン大学はやっぱり別格ですね!



とはいつつ、チュラロンコン大学のキャンパスも鉄道駅からはちと離れている。

チュラロンコン大学の最寄鉄道駅は、
BTSサイアムスクエア(文学部など)、
BTS国立競技場前(体育学部・看護学部など)、
MRTサムヤン(経済学部、政治学部、教育学部など)

なのですが、いずれも徒歩5分から15分ほどかかります。


日本的感覚でいえば完全に徒歩圏内なのですが、タイ的に言えば、
「暑い」「汗をかく」「疲れる」
などと、チュラロンコン大学のエリートはおっしゃるようです。 

↑ すいません、エリートに不条理な反感があります。


そんなわけで、チュラロンコン大学でバスを運営して、地下鉄駅やBTS駅とキャンパスを結んでいます。
(しかも無料です!)


※私などは、つい先日にもBTS国立競技場駅付近(看護学部)から地下鉄サムヤン駅付近(経済学部)まで歩きました。30分かかりませんが、タイ人には「信じられない、、、、」そうです。
(厳密にいえば、「タイ人」ではなく「エリートタイ人は」ですが、、、、)


ちなみに、前回の日本滞在時は、
渋谷駅と新宿駅間を毎日歩いて通勤していました。約40分ほどです。
近道として明治神宮をつっきっていくとても気持ちのいいルートです。
おかげで、お腹も少しだけすっきりしました。



DSC03020_R.jpg
標準パターンのバスです。チュラロンコン大学のスクールカラーのピンク色のバスです。


DSC03021_R.jpg
両側に椅子のついた簡易バスタイプもあります。
って、よく見るとこれってソンテオ(乗合トラック)をおしゃれにしただけ!!



DSC03385_R.jpg
ルートや現在バスの走っている場所も電光表示板で表示されます。
ちなみに、上の方のお姉さんは、「ビデオ広告」です。



DSC03387_R.jpg
現在のバスの位置が表示されています。

でも、左下に「溜まっている」バスの表示方法は、もう少し工夫して欲しい。
全体デザインはカッコいいのだけど、この溜まっているバスの表示デザインはひどいなあ。

やっぱり、タイは個別の技術では素晴らしいのだけど、こういう細かなところでイマイチと思うことが多いのでした。  ← 細かいところに気が付かないお前が言うな! 
[ 2012/07/28 13:07 ] チュラロンコン大学百景 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/847-c7a4e112

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。