スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

タイ人のイメージする日本人女性

彼女をバイクの後ろに乗っけて、田舎道を疾走!!


ひと昔前のイケてるニイチャンです。


#特にイケてるバイクはひと昔は、ホンダ DREAM、いまはホンダ Clickです。
(ちなみに、女性の一番人気はYamaha fino
  ↑私の主観です。

ちなみに、HONDA Clickはこちら ↓ http://www.aphonda.co.th/product/2012/click125i_idling/index_idling.asp


私がはじめてタイに来たころはそんなバイク カップルをよくみかけました。


・女の子と手をつないだら、、、結婚させられるから、それなりの覚悟で手をつなぐべし
・女性がノースリーブやミニスカートを着ると売春婦と間違えられるがら気を付けるべし



そんな話を日本人にすると、「へえっ、昔はそうだったんですか?」
的な反応をしてくれるのですが、

若いタイ人にすると、「お前は100年前の話をしているのか?」
と全く信じてもらえません。



ところが、タイ人の「日本人女性観」は昔からあまり変わっていないように思えます。


日本人女性は、

・男性に従順
・性的にオープン

って、イメージです。(←いいのか言い切って!)

今も昔も、タイ人の日本人女性観は一致しています。

なんで、そんなイメージが広まったのか? 


ところで、タイ人は、今も昔も、男も女も猥談好きです。
多分、雑談の半分は猥談ではないか、と思うくらい。


#大卒エリート女性は猥談を極端に嫌う人も多い気がします。でも、田舎にいくと若い人も含めて、女性の猥談はすさまじいものがあります。
(昔はこっちがひいてしまっていました。実は私はウブだったのです。)

男性の猥談は全世界共通、、、かな?


あと、「日本人は変態」説も若いタイ人に根強いのですが、これは、「エッチビデオといえば日本モノ」的印象が強いせいだと思います。 
「学生時代とかに友達と一緒にエッチビデオを隠れて見た」という経験はタイ人女性も含めて普通にあるようですが、その「エッチビデオは日本もの」というところからきているようです。




#「タイの若い女性は猥談好き」と言うと、「お前は、飲み屋の姉ちゃんと話をしているからそう思うのだ!」との指摘を受けることもあるのですが、いや、間違いなく「普通の田舎のタイ人女性」は猥談好きです。 







田舎教師(クルーバンノーク:ครูบ้านนอก)というすばらしい映画があります

poster--02.jpg

東北タイの生活と貧しさ、人々の強さと弱さ、正義と悪を見事に描いた映画なのですが、
(実は私が最初に見た映画はこの映画でした)
そのリメイク版が2010年にでています。




ストーリーは、リメーク版もオリジナル版もほとんど一緒なのですが、青年教師が田舎の小学校に赴任するのは、
オリジナル版では、水牛車で、
リメイク版ではは、バイクで、

などと、現在に合わせたアレンジがあります。

映画の中で校長が、町で500バーツで女性を買うシーンがあるのですが、
校長が、そのお金の使い道を「日本料理を食べた」と言い訳するシーンがあります。

上品な映画なので、露骨さはありませんが、、、、「日本料理を食べる」と「女性を食べる」とをかけています。(と思います)


ちなみに、
調査報告;タイの日本食レストラン
は、全く関係ありません。





今風の普通の映画になると遥かに露骨です。

Hormones(ปิดเทอมใหญ่ หัวใจว้าวุ่น:筆者超訳;いろいろあった夏休み)、2,3年前に大ヒットした映画です。

Hormones_poster.jpg




「男性に従順」「性的にオープン(に見える)」日本人女性が出演しています。
まさに、タイ人がイメージする日本人女性の典型のような気がします。

弱々しそうに見えて、実はいつの間にかタイ男性を誘惑する日本人女性的描き方です。

 (ちなみに、この男性は美味しい屋台がいっぱい;ある紳士の言い訳 で紹介した 「クワン・ムンホー(hello Stranger;กวน มึน โฮ)」の主演のドゥ。ちょっときどって、ちょっとオッチョコチョイのはまり役だと思います)

しかし、この日本人女性の萌え色気がやたらとすごい! と思ったら蒼井そら(Sola AOI)という日本のAV女優だそうです。だからなんですね。

ちなみに、この映画、人気のチュティマ(タイ)や、フェーンチャン(แฟนฉัน:僕の恋人)のノイナー役
のフォーカス(カス)( 衝撃のビデオ! ぼくの恋人 も参照)やBTSバンコク トラフィック ラブストーリーのパット(タイ女性のオトコへのアタック方法;バンコク トラフィック ラブ ストーリー )などメチャクチャ豪華キャストです。


#でも、映画自体は面白いし、個性あるスターの競演も楽しいけど、微妙な心の動きの描写などが雑! 「大人が「若者受けする映画を作った」」ような印象を持ってしまいました。
(でも、タイにも微妙な気持ちを書いた映画はいくつもあるし、ジブリの「海が聞こえる」ような映画を好きなタイ人もいるので、タイ人と日本人の感覚が違うわけではないと思う)
あくまで、この映画は軽く楽しむ映画です



結論;
で、私はタイ人に言いたい!

実際の日本人女性は、、、、、、、

(すいません、日本人女性を敵に回しそうなので、公けにするのは差し控えさせていただきます)
[ 2012/10/06 17:04 ] タイの映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/855-eae124df

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。