スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バンコクのラサール高校

ラサール高校といえば、

ラサール石井で有名、、、、、、、なのか?


他のイメージは、


「頭の良いエリート候補が集まる学校」くらいしかない。



どんな英才教育をしているのかと思えば、


ラサール高校出身の友人は、

「別に変わったことはなにもありませんよ。 基本的には自分で勉強するのです。
 ただ、今どこを勉強しなければならぬかペースメーカーにはなりますね」

との発言。


いやあ、確かに私には確かにペースメーカーはなかった。
でも、そんなハイペースのペースメーカーがあったら、確実に落ちこぼれていたでしょう。



という、エリートに対する尊敬や畏怖などを書きたいのではありません。



先日、フィリピンにあるデラサール大学の先生とお会いしました。

(「デラサール大学」というのはフィリピンの超一流私大だそうです)


先生;日本にも「デラサール」の関係学校があるよ。

私;そうですか、、、残念ながら知らないなあ。

先生;九州と北海道に高校があります。

私;九州と北海道、、、って、ひょっとして「ラサール」?



そうなのです。

デラサールとはデ・ラサール(DE LASALLE)のことだったのです。


で、タイにもラサールがあるとの噂を聞きつけて、、、、、



行ってきました。

SALLE地図_R
BTSベーリン(BTS BEARING)近くに確かに、THANON LASSALE(ラサール道路)という道があります。




まずは、BTSで終点のベーリング駅まで、



DSC05316_R.jpg
最近できた駅のせいか、駅前に広大な敷地が広がります。
多分、これからコンドミニアムなどが立ち並ぶのでしょう。



DSC05321_R.jpg
確かにLASALLEという道がありました。(ラサール三叉路と名付けられています)





DSC05323_R.jpg
歩くとちょっと距離がありますが(バンコクのタイ人は絶対歩かないだろうなあ~)




DSC05326_R.jpg
2kmほどでデラサール学校につきました。


ノーアポですが、先生方に話を聞きました。(タイならではの突撃隊です)



ここは、幼稚園、小学校、中学校、高校を併設する学校とのことです。

ラサール学校が、タイには他に、ナコンサワンとチャンタブリにあるそうです。


卒業生は、チュラロンコン大学やタマサート大学に行く子もいるが、、、、

うちの生徒は、あまりチュラロンコン大学やタマサート大学が好きでない


とのことで、エベック大学やバンコク大学(いずれも授業料の高い私学)に行く学生が多いようです。


#しかし、「チュラやタマサートが好きではないから行かない」って、すごいポジティブな言い方だなあ。
 私も見習わなければ、、、、、


  
DSC05332_R.jpg
近くでは、コンドミニアムの建設ラッシュでした。


より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示
[ 2012/11/25 19:30 ] その他:その他 | TB(0) | CM(1)

確かに、かなりポジティブ発言(汗)
日本のラサールと比べ、それほどお勉強ができる学校ではないんですね。
参考になりました。
[ 2012/11/25 21:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/860-e792d5a1

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。