スクンビット百景;エンポリアム2(エム カルチェ)

スクムビット百景;タイ最初の超高層ビル に書いたように私にはビルオタク傾向があります。 
(他にもいろいろオタク分野を持ってますが、、、、)


DSC04774 (1)_R


これは、某建設中の高層ビル上33階屋上での私の自慢の写真です。
(顔部分は削除しています。ファンレターが殺到するといけないので。)

まずはゼネコンの人の案内で工事用外エレベーターで29階まで上った。
なんせ工事用エレベーターなので結構怖い。


しかし、それは単なるプロローグでした。


29階から上は、まだ工事用エレベーターができていない。

工事用に仮設した外階段を33階までのぼっていく。

外階段ですよ! 外階段! ビルに頼りなげに張り付いた仮設の外階段!!

しかも、33階の高さ! 


覆いもも何もない。 あるのは、仮設の手すりだけ。 


絶景だ!!  、、、、 って場合じゃない! もう怖くて死にそう!


日本であれば、
・素人が工事中の高層ビルの屋上に行くことも無理
・そもそも、仮設とはいえ、工事用階段に覆いがないこともありえない



今となっては、良い経験でした。← でも、もう二度と行きたくない!



すいません、また脱線からスタートしてしまいました。
バンコクの開発の話でした。






エンポリアム2、ターミナル21、セントラルエンバシー、、、そして、、、
で最近のバンコク中心部大規模開発の状況を2年前にレポートしました。
そのレポートした場所の、現在の状況をレポートします。



バンコク再開発地図2_R



①セントラル プラザ ラマ9世(Central Plaza Rama9)
タイの東京ミッドタウン、、、大胆に予想!!! を書いたのは2010年。
その後、中核ショッピングセンターの セントラルデパート ラマ9世店はすでにオープンし、コンドミニアムやオフィスビルも順調に整備されています。向かいのFortune Towerもリニューアルされて着実に整備中です。


central rama9_R

ネットから拾って現在の計画の画像です。

バンコクの新都心の一つとして着実に発展しており結構楽しみです。


DSC03881_R.jpg
近くのコンドミニアムの広告でも「New CBD」の文字が見えます。
CBDとは「Centaral Bangkok Distrct」の略で、通常はチッロムあたりからシーロムあたりのことを指します。
東京でいえば、「都心3区」よりもさらに狭い範囲のことです。

この付近はCBDではありませんが、あえて「CBD]を使うところに意気込みを感じます。




②(仮称)セントラル ルンピニー パーク (Central Lumpini Park)
ルンピニーナイトバザール跡地として更地になった状態です。
計画はポチポチ伝えてられていますが、現時点ではまだ具体的な動きにはなっていません。
ホテル、オフィス、国際会議場、そしてショッピングセンターなどの計画です。
バンコク中心部、東京でいえば丸の内に匹敵するバンコクの一等地です。
地位の高い場所ですし、目が離せませんね。

central in the park
90階建のメインタワーを中心としたコンプレックス... 現時点ではあくまでイメージ図です。

ちなみに、この図で左側に隣接するのは日本大使館です。




③セントラル エンバシー(Central Embassy)

現在建設が進んでいます。セントラルグループは計画発表から建設までがとても早いですね。
プルンチット・チッロム間は繁華街から微妙に離れた高級ショッピングセンターやホテルがある場所という感じですが、このセントラルエンバシーの完成でそのイメージがさらに確立するのでしょうね。
ちなみに去年オープンした高級ホテル オークラ バンコクもこの近くです。



⑤ターミナル21(Terminal21)
洪水の中の帰国  で書いたように2011年洪水の最中にオープンです。 便利な場所でもあり、それなりの賑わいをキープしています。
ただし、【定点観測】バンコクのクリスマスツリー2012;  で書いたようにクリスマスデコレーションは、チト不満! 
バンコクのランドマークとしての自覚を期待したいところです。 ← いったい何様のつもり?



⑥そしてこれはなんでしょう?
エンポリアム2、ターミナル21、セントラルエンバシー、、、そして、、、 で、「何ができるのか?」と謎に迫った(そして、全然迫っていない!)QSNCC駅隣接の場所!
その後この場所にはまだ目立った動きがありません。2012年はじめにオープンしたアジアンティーク(ASIATIQUE)を建設する際の候補地のひとつともなったそうですが、結局ジャルンクルン通りのリバーフロント沿いに決定しました。
隣接するクィーンシリキット国際会議場(QSNCC:Queen Sirikit National Convention Center )の拡張計画も伝えられており、あわせて一体開発するのでしょうか?
なお、クィーンシリキット国際会議場もこの土地も王室財産局の管理地です。




④(仮称)エンポリアム2(Emporium2)
そして今回の本題です。
「エンポリアム2」と仮称で呼ばれていたのですが、正式名称が発表になっています。
「エンポリアム カルチェ:エムカルチェ あるいは EMカルチェ(EmQuartier)」です。中核タワーは45階建てのビラートタワー(Bhiraj Tower)です。
今のバンコクとしては「意外に低層!」感がなくはないのですが、
スクンビット道を挟んだ現エンポリアムタワーが42階建てなので、一体感としては良いのでしょうか?
2014年春に完成予定とのことです。

#カルチェの意味がよくわからなくて辞書でひいてみたらカルチェラタンとのことのようです。
 ジブリの映画「コクリコ坂から」に出てきたように、「猥雑で汚いながらもハイセンス」のイメージが
 私にはあるのですが、本当に「猥雑で汚い」のであればとってもうれしい。
 最近のバンコクは「都会的でセンスの良い」ものが増えて、どんどんシンガポール化していっているようで
 残念!!! バンコクの良さは猥雑でクレージーです。どういう風に猥雑にしてくれるのかなあ。
 若手アーティストや個人企業家の個人店舗スペースを大きくとるような
 「ミニ ウィークエンドマケーット」のようなものを期待したいと思います。
 (ミニMBKは勘弁!して欲しい)


EmQuartier 1
西側上空から見た完成予想図。
右側が現エンポリアムのエンポリアムタワー(42階建て)、スクンビット通り・BTSプロムポン駅を挟んで左側がエンポリアム2(エムカルチェ:EmQuartier)とビラートタワー(45階建て)

図の一番左側は駐車場ビルと思われます。


EmQuartier.jpg
プロンポン駅方面から見た完成予想図。
左側がショッピングセンタービル、右側ビルがビラートタワー(Bhiraj Tower)です。

両ビルの間に結構な多目的スペースがあるようで大歓迎です。
現エンポリアムでは、イベントスペースが小さいのが難点です。


奥に見えるのが駐車場ビルと思われます。






さて、興味がある現エンポリアムとエンポリアム2(エンポリアム カルチェ:EmQuartier)との接続(連絡通路)ですが、、、


発表では、「BTSと接続します」としかありません、、、


現エンポリアムとBTSプロンポン駅との接続通路の反対側にはエンポリアム カルチェとの連絡通路ができるようです。 


まあ、これは誰もが想定済み。 
それだけの連絡通路だと人数をさばききれない! のが問題!


現プロンポン駅の上空に連絡通路を作るのだろうか?



、が、公表されているイメージ図から推測できます。


EmQuartier 2
この図を良く見ると、プロンポン駅西側にエンポリアムとエンポリアム カルチェをつなぐペデストリアンデッキらしきものが見えます。しかも結構広いスペースをとっているように見えます。

ベンジャシリ公園へのアクセスにも便利な位置です。


DSC06503_R_R.jpg

2013年2月現在の工事の様子。
左側がショッピングセンタービル、右側ビルがビラートタワー(Bhiraj Tower)です。


より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示
[ 2013/02/09 13:13 ] スクムビット百景 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/871-095b00dd