チュラロンコン百景:一押しのカレーライス

日本に一時帰国するときの楽しみは、


「機内映画」


飛行時間が6時間ほどなので、片道で2本、
往復で4本見ることができます。


一番うれしいのは、タイ航空
タイ映画が豊富 ←あたりまえ!

しかも、タイ航空の選択のセンスがよい! 
どの映画を見てもはずしません。

(しかも、英語字幕付きなのもうれしい)

そんなわけで、私は「できればタイ航空」派です。
(一番避けたいのが、JAL JALさん、それはないでしょう! (ノックエアーはOK)


でも、日本映画って飛行機の中では、あまり面白い映画にあたりませんね。

先日、ユナイティッド航空を使った時には、

日本映画で面白いものはない。
しかたないので『ストロベリーナイト』なる映画を見ましたが、
「官僚は悪」的なステレオタイプ的設定に辟易するところがありました。

もっと、
・楽しめて
・それでいて、心の琴線にぐっとくるところがある

そんな映画はないのか????

(タイ映画にはそういう映画が多いと思います! タイ映画には笑いと感動が一緒になっているのが必須! 日本映画でいえば『踊る大捜査線』のような。 でも、よく考えると、それって「松竹新喜劇や吉本新喜劇のような」大阪のセンス?  ちなみに、コテコテなのは、衝撃のビデオ! ぼくの恋人  )

タイ人は正しかった:「ナンナーク、、、じゃなくピーマーク」  
は、まさにそんな名作タイ映画です。




口直しに2本目に見たのは、

ディズニー映画の『ムーラン(Mulan)』
MULAN.jpg

中国を舞台にした映画なのですが、

ダメな主人公が頑張って成功する
最後には家族の絆を再確認する。


いかにも、アメリカ的というか、ハリウッド的なありがちなストーリーです。

コンセプト的に、カンフーパンダの2番煎じかと思ったら、こっちの方が古かったのですね。

(しかも原作は京劇! アメリカ的と勝手に思っただけか??)


「現実はダメな人は頑張ってもダメ! 突然の幸運が訪れるわけでもない!  映画のようには簡単に結果がついてこないよ!」

と醒めてしまうところもあるのですが、

ストーリーの面白さと絵の美しさ、音楽の素晴らしさを楽しむ!

そんな映画なのでしょう。

結構楽しめました。



そして見る映画がなくなって、最後に選んだのが、
『ローマの休日』

ローマの休日

今まで何度も見た映画なので、英語が聞き取れなくても問題ないってこともあるけどね。


久しぶりに見たのですが、


やっぱり、すばらしい映画ですね。

オードリーヘップバーンも魅力的だし、
ストーリーもウィットもあり、ユーモアもあり、
最高の映画です。







すいません、今回はタイのカレーの話でした。




日本ラーメン屋のタイ進出はすさまじいものがあります。

以前は、
バンコクのラーメン
で書いたように、日本のラーメン事情について行っていたのですが、
最近は日本ラーメン屋が多すぎてついていけない。

※値段も高くてついていけない。
 ラーメン一杯250バーツとか、平気であったりします。。。ありえない!!



すいません、ラーメンではなくカレーの話でした。




日本のカレーライスも密かにタイに浸透しています。

coco市場屋がタイに進出してそれなりに流行っています。
http://www.cocothailand.com/
 

ところが、高すぎ! カレーライス一杯200バーツ近くはやはり、ありえない。

開店セールで一度行ったきりです。




じゃあ、安い日本カレー屋さんといえば、

DSC08313_R.jpg
辛右衛門のカレー89バーツ



DSC08315_R.jpg
見た目は普通のカレーなのですが、「食べることができなくはない」程度のお味かと。



じゃあ、といえば、


DSC08310_R.jpg
金沢ゴールドカレー


DSC08311_R.jpg
実は結構うまい。キャベツとのバランスも良し。 
固めのコメもカレーにあっている。

但し、値段も140バーツとお高め! 
で、高すぎてたまにしていけない!
(でも、結構おいしいので、「給料がでたら金沢ゴールドカレー!」もありかと思います。




すいません、チュラロンコン大学のカレーの話でした。




チュラロンコン大学百景;Curry Boy(サムヤン)
で紹介したチュラロンコン大学近くのCurry Boyは美味しくで値段も100バーツ以下なので許容範囲。
(厳密にいえば、チュラロンコン大学の学生寮&ショッピングセンターのU Centerにあります)


ところが、最近は、けっこういたるところに日本カレーが売っており、学食でもあちこちにカレーがあったりします。


DSC05961_R.jpg
ごく普通の学食ブースです。


DSC05960_R.jpg
なにげに、日本風カレーライス(ข้าวแกงกะหรี่ญี่ปุ่น)の文字が。


DSC05958_R.jpg
チキンカツカレーです。 う~ん、見た目は微妙ですが、味はそれなり。
少なくとも35バーツと思うと納得です。






DSC08303_R.jpg
実はセブンイレブンでも普通に冷凍カレーライスを売っています。



DSC08304_R.jpg
7分間チンをするとこのとおり。
ビジュアルはあまり良くありませんが、味は十分合格点。
うちの冷凍庫にはつねにキープされています。
ちなみに、39バーツです。





結論:タイのカレーラース 一押しはセブンイレブンの冷凍カレー
[ 2013/06/15 17:25 ] チュラロンコン大学百景 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/890-c8393d6c