スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

さぼってエロショー見学

199812b.jpg

バンコク・アジア大会を、(30度の暑さの中)日本最高記録で制し、日の丸の旗を振る高橋尚子
http://www.asahi.com/sports/gallery/081111takahashi/199812b.html




高橋尚子の金メダル感激でした。
日本ではなくバンコクだからよけいに感動が大きかった気もします。


ちなみに、
「日本人監督の率いるタイ野球チーム」が中国や韓国相手に善戦したのにも感動しました。






話が変わって、、、

、タイに長くいると、

「人の前で話をするときは、必ず笑いを入れる」

のは常識だろう!


という気になってきます。


昔そういえば、日本からある技術の専門家に来てもらって講演会をしてもらったことがある。


大変勉強になったと思ったのだが、一緒にいたタイ人(某タイ政府高官)は、


よかったんだけど、、、、
エンターティメントが足りなかったね


↑ 真面目な技術の話だったんですけど、、、、


もっと、面白く説明すべきだというのです。


その時は、
「このタイ人いったい何を言っているだろう!!???」

と思ったものだが、今となっては、

私もそのタイ人に近い感覚になってきている。
とたまに思ったりまします。




タイに長くいると、
たまに、タイ人にスピーチや講義を依頼されることがあります。

あるタイ人から講習会の講師の依頼がきた。


公務員向けの講習会をするのだが、その中で1時間話してくれとのこと。


私:何について話せばよいのか?
タイ人なんでもよい。オモシロければ!!!!
この前(女子大生が来た )みたいにオカシイ話であれば何でもよい!


私:ちょっと待て!  あれは、「単なる冗談」ではなく、ちゃんとメッセージを伝えようと思って、それを面白おかしく言っただけなのですが、、、、、、、

タイ人:内容は何でもいいんだ。面白かったらそれでよい。
      


馬鹿にするな!!!!


と怒鳴って席を立つ、、、、
ことはなく、やっぱり1時間話をしてしまった私です。




でも、タイ人相手に話をするって、相手によって結構反応が違うので難しいんだよね。


一番楽なのはエリート学生相手かな。

「タイ人は馬鹿! お前は不細工は! 高校のときにパブで遊んでばかりいたからこんな大学(チュラロンコン大学)じかはいれなかったんだろう!」

的な毒舌からはいると、「冗談」と受け取ってもらえて、かつ掴みが良い気がする。


相手がチュラロンコン大の学生だから、

「頭悪いヤツ!」


と言ってもジョークになるのであって、相手が違うと冗談にならない。


自虐的ギャグもよく使うのだが、


「おれ友達いないから」
と言うと
「そりゃそうだろ、お前性格悪いから」


と返してくるのが、エリートのタイ人の友人


田舎のタイ人だと、

「おれ友達いないから」

「ええっ、かわいそうそう!
心配しなくてもいいよ。私が友達になってあげるから!」


そうやって、タイ人に付きまとわれてしまいます。





私は、面白い話をしようと心がけている、、、

というと、「お前は、面白いことを言えるヤツなのか?」と思われるかもしれませんが、

リアルな私を知っている人なら皆知っているが、

「面白いことを全く言えない人間です」

日本語では全く面白いことを言えません。

言わなきゃ、、、と思うのですが、空気が凍り付く恐ろしさ! 
にひいてしまいます。



ところが、タイ人の「面白さ」の平均レベルは結構低いのです。

つい先週も、

タイ人:さくらぎちょうさんは東北タイにいたことがあるんですね。
    東北タイ語(イサン語)が話せるのですか?
私:ボダイ(イサン語で、「話せないよ」)


タイ人:ギャハハ、ボダイだって! ギャハハ!

↑ いくらなんでも、「ボダイ」でそこまでうけるって、レベル低すぎる!


そんなわけで、
今日も平気でレベルの低いオヤジギャグにまい進するのでした。





あれっ、いったい何を書こうとしていたんだ?





そうだ、エロショーの話だ。





東京オリンピックが決まりました。



いやあ、でもエゲツナイ招致運動には驚きました。

日本には金はあるぞ!(他はないだろう!?) 
イスラムは喧嘩ばっかりしている。(日本は平和!)


など、下品な発言は驚きです。
少なくとも日本の美徳とは遠く離れている気がします。






国際会議などで、各国が、

「よしやろう! 頑張ろう!」

と盛り上がっているときに、

「その実現可能性には疑問がある。現実的目標をたてましょう」

的な発言をするのが日本で、

「多少のはったりをかましても、いいから皆で盛り上げていこうよ」

と思ったりもしたことがあるのだが、


一方で、日本は、
「一度言ったことは必ず守る」
ことで国際的な信頼を寄せられているのだと思います、


安倍首相の「原発の汚染水はコントロール下です」発言は、
「日本」(=日本の価値観を持つ)首相の発言として、
「がっかり」以外なにものでもありません。

外交には嘘も必要でしょう。

でも、平然と嘘をつく人を私は軽蔑しますし、
多くの日本人もそうだったと思っていたのですが。





でも、私などは、基本東京オリンピック反対だったのですが、


今の日本で目指すのは、低成長時に持続可能な社会

とか、

世界の中で今までオリンピックをやっていない地域・国でやればいいじゃないか


と思ったりします。


ところが、オリンピックの決定直後から、
私のフェースブックには、

残念! 反対! 無力感!


そんな書き込みで溢れました。


みんな反対だったんだな、と思ったら、

実はそうでもないようです。

(反対の人が積極的に発信しているのかな?)


でも、賛成意見の方が「なんだかだな」と思うことが多いのです。


「経済刺激になる」


なんて、記事が新聞にあふれています。

いつから日本人は「金(経済)が一番大事」になってしまったのでしょう?

経済刺激のためにオリンピックをするのでしょうか?



「選手村のできる晴海のマンションの売れ行き好調」
との新聞記事が。


「選手村の近くに住んで選手と触れ合いたい」
がその理由ならわからなくはない。


でも、

「オリンピックでマンションの価値があがるから」

そういうことを思うのは止められないけど、、、

口に出したら軽蔑されるのが日本の文化ではなかったのでしょうかねえ。


そもそも、あれほど盛り上がったバンコク アジア大会の選手村(現タマサート大学の学生寮)の現状は、
「夏草や兵達が夢のあと」的雰囲気があったりします。


でも、あのときは盛り上がったなあ。
バード&タタヤンの開会式も盛り上がったし、高橋尚子が30度の暑さの中、世界記録に1分に迫る独走優勝もすごかった。




そもそも、
「オリンピックが来たら発展する」「選手村ができたら発展する」
って、発展していったい誰が得をするのでしょうか?
(少なくとも私でないことは確か)


晴海といえば、昔国際見本市会場が晴海にありました。
エレクトロニクス関係の最大の展示会は、「エレクトロニクスショー」略称エレショーというのですが、
「情報収集」の名のもとに晴海に行って、適当にサボって直帰。

なんて、美味しい思い出が私の晴海の記憶です。


すいません。
エロショーではなくエレショーでした。

凍えてすいません、、、、

この程度でも、タイの田舎では受けるんだけどなあ。

お初

はじめまして、さくらぎちょうさんv-14

「タイに長くいると、

人の前で話をするときは、必ず笑いを入れるのは常識だろう!」

ってトコ、笑ろたwv-411

あっわらしべと申します。

今後ともよろしくv-222

尚子ちゃん、バンコク走ってたんや~v-29
知らんかった。(´∀`)
[ 2013/09/15 02:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/896-b3bf5f7d

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。