チュラロンコーン大学百景:医学部のハイソな食堂オープンしました


チュラロンコン大学タマサート大学は、
「タイの2大学の双璧」のように言われるが、

実は、チュラロンコン大学が圧倒しているのが実態です。



一方で、最近は、マヒドン大学、カセサート大学、チェンマイ大学など、
「その次のクラスの大学」のレベルが上がってきている気がしています。

なんだか、タマサート大学がその狭間でぱっとしない気がするのは私だけだろうか?


※大学のレベルには様々な指標があり、あくまで私の印象です




一方で、医学部に関しては、マヒドン大学のレベルが結構高く、

チュラロンコンVSマヒドンのデッドヒート争いは激しいものがあります。

※王様ご用達のシリラート病院はマヒドン大学付属病院の位置づけです


 最高峰大学チュラか? 医学大学としての伝統と国王ご用達のマヒドンか?
 タイ国内の入試難易度のNo1をかけた別次元の戦いをしています。



実はこのブログでは、いままで「病院ネタ」を結構書いてきています。
バンコクのブティック病院街
タイのクリニック:いきなり手術したのには驚いた!
華僑中医院(中国伝統医療)
タイの遠隔医療:写真で診断



実は私は以前にタイの医療事情の調査などをしたことがあるのです。← ホント!



この前も、タイ関係の研究で高名な先生と夕食を食べているときに、
タイの医療ツーリズム(医療を受けるのを目的としてタイに訪れる)の話題になって、

「バンコク病院やサミティウェート病院、バムルングラード病院には、アサンプション大学卒の看護師が多いですね」

とさりげなく言ったら、

「なんで、そんなことまでご存知なのですか」

と驚かれた。 ← すいません。これは調査とは関係なし!





いやあ、別に調査したわけではないのですが、

タイ滞在が長くなると、

自分が入院/通院したり、
知人が入院/通院したり、

で、病院にいく機会が多い。
そんな際に、病院のドクター・看護師・スタッフと世間話をするので、
いろいろ情報がはいってくるのです。


※ちなみに、医師や理学療法士の出身大学はバラバラのような気がしています。



特に理学療法士は治療を受けている間30分ほど1対1なので、

なぜ理学療法士を目指したのか? 大学でどのような勉強をしたのか?
就職状況はどうか? 将来的ななにをしたいのか?

などなど、結構いろんなことを聞いたりしています。
(そんな日本人はあまりいないかも! ←そんなこと自慢にならない)



そういえば、
女子大生が来た
で理学療法士学科の学生たちに話をしたのですが、
こうやって若い理学療法士のことをある程度知っていたので、話しやすかったりします。



そんなわけで、
タイのきちんとした医療事情はあまり知らないが、 ← オイオイ! 調査したんじゃないのか!?
自分の体験やタイ人から見聞きした医療情報は結構あったりするのです。

※有名私立病院から大学病院、コミュニティ病院から田舎の診療所まで一通り抑えています。(笑)



『はまれぽ』いや『ばんれぽ』:MRTとBTSどちらが速い?
『はまれぽ』いや『ばんれぽ』:パヤタイの謎の地下道!
で、バンコクっ子にインタビューした様子を書いていますが、

実は街を歩いて隣あった人、
電車で隣り合った人、
レストランで隣り合った人、、、、、

日ごろからインタビューしぱなっしな私の生活なのでした。
「インタビューが趣味!」って言っていいかも。

※「美人を選んでインタビューしているのではないか?」疑惑が生じていますが、、、、、
ノーコメントです。









すいません、、、、今回のお題を忘れていました。


「チュラロンコーン大学百景:医学部のハイソな食堂オープンしました」


でした。

本題に戻ります。





チュラロンコン大学百景:政治学部の田舎っぺ食堂

で紹介した田舎食堂ですが、
その政治学部からアンリードゥナン通りを挟んですぐに、
医学部および医学部付属病院があります。


その学食が9月24日にオープンしました。



DSC09597_R.jpg
9月24日オープンとの案内スタンド
(現在は、すでに撤去されています)




DSC09390_R.jpg
こちらが政治学部の田舎っぺ学食



DSC09908_R.jpg
こちらは医学部のハイソ学食



その差は歴然です。



DSC09891_R.jpg
大戸屋やS&Pなど、バンコクのオシャレ系レストランも入居しています。

※大戸屋やS&Pで食事をとると200バーツから300バーツする。
 最低賃金が1日300バーツの国で、チュラ大の学生が普通に食事をしている、、、、う~ん。
 (9バーツの牛丼、6バーツのハンバーガーセット、3バーツのうどん



DSC09899_R.jpg
なんだか、バンコク大やアサンプション大学(学費の高い私立大学)のカンティーンを見ているようです。



DSC09913_R.jpg
チュラロンコン大学百景;無料のWiFiはじめました;TrueCafe で紹介したTrueCoffeeです。
ちなみに、文学部のTrueCoffeeではアメリカンコーヒー大が50バーツ、ここでは70バーツです。
値段もハイソ!



DSC09734_R2
こちらは、学内のいたるところにある、「普通の」飲み物屋。



DSC09731_R.jpg DSC09738_R.jpg
左がTrueCoffee50バーツ、右が普通の飲み物屋のアイスコーヒー15バーツ

アイスコーヒー15バーツも十分美味しいのだが、、、、、
TrueCoffeeも侮りがたく、ついつい贅沢してしまうのでした。


結論:
チュラロンコン大学医学部は、

入試難易度だけではなく、学食も別格だった!


より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示
[ 2013/10/19 14:47 ] チュラロンコン大学百景 | TB(0) | CM(1)

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
[ 2013/11/10 12:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/907-9fa29de3