スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年反政府デモ:とりあえずのまとめ

このブログに連動してFacebookページを作りました。
上にある「いいね」をクリックすると、そのページが購読できるようになっています。

フェースブックアカウントを持っている人はぜひどうそ!


本日、「いいね」が100になりました。


------------

閑話休題!


今回のデモを、「テーサカンプラジャムビーモップ(毎年恒例『デモ祭り』)」と皮肉るタイ人がいます。
いやあ、面白いなあと個人的にうけていました。



2006年にタイでクーデターが発生してから、2007年のタイラックタイ党解党命令、2008年の空港占拠、2010年のバンコク騒乱と、このブログでは現場での視線からレポートしてきました。


カテゴリー [ タイ政治・経済:クーデター ]
↑今まで書いたのはこちら


ただ、今回の騒動は、レベルが低すぎ!


あまりに馬鹿らしくて、レポートする気もおきません。


今回の図式は過去の、赤シャツ Vs 黄シャツ の対立の図式と全く違う雰囲気を感じています。



まあ、しいて言うなら、


タクシン元首相への怨念で動いているのがデモ隊で、


それ以外の人はシラケている。





そんな感じです。 

マスコミをみていると、反政府デモが盛り上がっているかのマスコミの報道ですが、

"font-size:large;">全然盛り上がっていません。
(恩赦法案反対のときは盛り上がっていましたが)

以前の対立の時の方が、ずっと盛り上がっていました。

タクシン支持の人たちは余裕をかましている感じです。
どうせ選挙で勝つから大丈夫だと。



もちろん熱狂的なタクシン憎しの人たちと、
ある程度ののデモ参加者たちはいますが。

盛り上がっているのは一部の人たちだけで、
どちらかに肩入れする熱狂的な人は明らかに激減し、

タイの多くの人は、ええ加減にせえ!

という感じですね。


下院の解散で、今回のタイの騒動は、なんとなく一息ですね。

別に和解があったわけでもなんでもないので全く予断をゆるしません。
私などこれからの行方がまったく読めません。


といいつつ選挙をするとプアタイが勝つ可能性が高いので、

ステープは、「(選挙を経ずに)有識者からなる国民議会(サパープラチャーチョン)の設立を呼び掛けています。
が、そもそも民主党の支持基盤である大学教員などからも「そりゃないだろう」異論がだされて、いまいち押し切れませんね。




さすがに「民主党はステープに悪乗りしてやりすぎた」感が否めませんね。

(でも、タクシン支持の人が余裕をかまし過ぎて、選挙では以外に苦戦するかもという予感もしていますが)



歴史を紐解くと、国王の庇護のもと(という建前のもと)、有識者による統治が、タイの継続的発展をもたらしてひいてはタイの庶民の利益にもなった時代がありますが、そもそもそれは、、、、、

・タイが発展途上国であった時代の話です。
・民衆がまだまだ無知だった時代の話です。
・共産ゲリラの恐怖が目の前の恐怖だった時代の話です。



ちなみに、タイ式民主主義の考え方や、選挙を経ない正当性に関する考え方は、
東京大学の末廣昭先生「タイ 開発と民主主義」「中進国の模索」で、するどく論じられています。タイを語るなら必読書です。


また、タクシン元首相のの大衆迎合(ばらまき)政策の代表例といわれる「30バーツ医療制度」は、
大阪大学の河森正人先生の「タイの医療福祉制度改革」を読めば概要はわかりますね。
(バラマキ医療を行ったのは、実は民主党だったのも理解できると思います)



今回の騒動で印象的なことを二つだけ書きたいと思います。


日ごろコミュニケーションをしている人たち(タクシードライバー、ガードマン、お手伝いさん、屋台のおばちゃんなどの庶民)が結構勉強していると感じています。 

「ステープが言っているのは人民議会ではなく『ステープ議会だ』」
「ステープの言動はファシズムへ突っ走っている」
「ステープは情報の曲解が多すぎる」

的な、ことで盛り上がったりします。付け焼刃的な議論だとしても、結構高度な議論です。




それに対して、若い人の無関心が本当に目立ちます。

若い人に、今回の政治の話をしかけても、知識がなさ過ぎて話ができません。

無関心であったり、

無関心でなくても、

「タクシンは仕事ができるが汚職がある。民主党はなにもできない」


的なうすっぺらな話程度です。 

「タイの為にデモに参加する!」

って、どうやってタイのためになるのか? 話せない!


「大丈夫か!? バンコクの若者!」

という感じです。



以前は、東北部や北部の村に行って、直接村の人たちと話すことが多く、

(バンコクの有識者は、金で買収される愚かな村人と言うが、)

村の人は愚か者ではない!


というのを身にもって知っていましたが、最近はあまり村に行っておらず、直接の声は聴いていません。


村の人は、フェースブックで発信もしないので、何を考えているのか直接には知れないのです。


バンコクの中だけでの、日ごろのコミュニケーションからの印象ですが、、、、


(でも、推測はできますが、、、、)
[ 2013/12/12 22:40 ] タイ政治・経済:政治 | TB(0) | CM(1)

困ったもんですな~

お久しぶ~り~ね。

ステープのおっさんには困ったもんだ。
日本からの郵便物受け取り、10月26日に行ってセーフ。翌日からは付近がデモの拠点になってしまった。友人(タイ人)は、パスポート取りに行けず。怖いもんね~。

なぜタクシンが支持されるのか。結論から言えば『庶民を味方に付けた』から。これが解らない限り、反タクシンは永久に勝てない。

ま~、民主主義が何かも判らんおっさんには、何言っても通じないだろうけど...
[ 2013/12/13 11:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/911-079770f0

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。