スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミャンマーのゴム(女の子のあとをついて行ったら、、、)

ミャンマーでサイクリング

でサイクリングのことを書きましたが、、、、、、



すっかりはまってしまいました。


n11244925_10206889722311752_7886759860146536162_n_R.jpg
買ってしまいました。
TREK3700、シマノの24段ギア、油圧式ブレーキです。


早速、足慣らしに行ってきました。



n11118053_10206893714411552_1824629657537501621_n_R.jpg

なんでやねん!!!
すいません、自転車をこがずに、いきなりボートでの移動です。


ちなみに、このブログの熱心な読者なら、、、、

「自転車」「船」のキーワードで何かひっかかると思います。
 ↑ 
そんなやついるのか?



Timeline จดหมาย-ความทรงจำ(タイムライン 手紙-記憶)という映画で、
ジェイムスとトーイが初デートでチャリンコでシーチャン島に渡りました。

ちなみに、渡った島が
バンコクのきれいなビーチ:パレス ビーチで紹介したシーチャン島です。

この映画は 僕と一緒に朝食を食べないかい? で紹介したりもしました。



タイムライン2
これが、映画のなかのシーン。

気分は「タイムライン」の映画気分です。



n10997995_10206893713091519_8528090473418278779_n_R.jpg
今回のサイクリングのルートです。
ヤンゴンからヤンゴン川を渡った対岸は、ヤンゴンからの至近距離ですが、
のんびりした田舎感たっぷりです。

※「都心から至近距離だが車で行くと大迂回をする必要がある」という意味では、バンコクでいえば、
タイで唯一の都市型コミュニティ公園(犬と一緒に行ける公園シリーズ)
と共通するかもしれません。
「わざと」開発をせずに自然を残しています。

東京の埋め立て地なども、「橋をかけて開発」よりも「わざと」交通不便にして、
「自然豊かな自然公園にする」などすれば良いのに、と思ったりもします。



すいません、、、、、

ドンドンずれていきます。



今回はミャンマーのゴムの話です。

ゴム園といえば、
南への旅1;ゴム園で書いた、タイのゴム園です。

最近は、タイの東北部や北部でもゴム園がつくられています。

ところが、ゴムは毎日収穫し、毎日加工しなければならないので、
結構大変。労働集約産業です。

タイでも、ミャンマー人、カンボジア人などが出稼ぎで働いています。



今回行ったゴム園は、

ミャンマーでサイクリング
で行った場所です。
サイクリングの地図2_R
このあたりには結構ゴム園があります。


IMG_0379_R.jpg
ゴム園の中をサイクリングしていきます。



IMG_0353_R_20150510200520def.jpg
こうやってゴムを採取します。
ココナッツで作った皿で受けるのは、タイと全く同じですね。


IMG_0376_R.jpg
おやっ? 女の子が何かを下げてあるいていきます。


IMG_0349 (1)_R
良く見ると、若い女の子ばかりが、天秤棒にバケツを下げて歩いてきます。



IMG_0354_R.jpg
女の子たちのあとをつけていくと、
田舎のダート道に突然大きな工場が、、、、、、、



IMG_0372.jpg
早速入ってマネージャーに話を聞きます。
(私が大きいのではなく、マネージャーが小柄なのです)


※私の趣味は工場見学です。勝手に行って「こんにちわ」と見学をすることが良くあります。、
絶景工場!!
巨大木造精米工場(100年市場)

ところが、ミャンマーは結構チェックが厳しい!!
笑顔で「こんにちわ!」と入ろうとしても、守衛に撃退されてしまうこと続出。

ところが、今回はあっさりOKでした。 とうか、そもそも守衛がいない!!!


この工場は、(国営や軍営でなく)民間の工場。金持ち(ウィスキー会社のオーナーといっていました)が3年前に設立した工場とのこと。 このあたりでゴムの木を植え始めてから20年くらいたつそうです。
全部輸出で、輸出先は中国やタイとのこと。 

(えっ、タイ? タイはゴムの世界有数の輸出国だったはずだが、、、
 ミャンマー産がタイ産としてタイから輸出されているのか?)


IMG_0364_R.jpg
女の子によって持ち込まれたゴムの採取液は、まずここで記帳されます。


IMG_0357_R.jpg
その後、ここに投入されます。


IMG_0359_R.jpg
ここで不純物をコスようです。


IMG_0360_R.jpg
漉されたゴムは凝固剤を混ぜられて方の方に流されます。



IMG_0361_R.jpg
これが殆ど固まったゴムです。


IMG_0370_R.jpg
最終的には、このように切断しパッキングされて出荷されます。


今回の学び!!!!

1)「タイ産高品質天然ゴム」にはミャンマー産が混じっていた! 
2)ミャンマーのゴムは、若い女の子によって支えられていた!
3)女の子の後ろをついていくと、いろいろ学びがある!



タイのゴムはこちらも参照!
南への旅1;ゴム園で書いた、タイ
[ 2015/05/10 19:57 ] 番外編 ミャンマー  | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。