スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミャンマーでは電気がなくても大丈夫!!!

昔は日本にはスマホはなかったそうです。

それどころか、昔日本には携帯電話もなかったそうです。

※携帯電話のことを移動体電話と昔は呼んでいました。
 
というか、家の電話機も昔は手でグルグル回しながら電話をしたそうです。


この前、若い人と話をして驚いた。

停電したら家の電話機は使えない


と若い人は思っていました。

停電しても電話機は使える

というのは今の若い人には常識ではなかったようです。


ただし、今の若い人を理解できないのは、


開発途上国の電気の通じていない村で、
携帯電話が使うことに疑問を感じている素振りがない!!!


#オジサンと若い人が理解し合えるのは、
水曜日だけです。
参考:理解しあえる曜日




オジサンの常識:
家の電話は電気がなくても使える  携帯電話は電気がないと使えない


若い人の常識:
家の電話は電気がないと使えない  携帯電話はどこでも使える




ところが、

実は若い人は正しかった!!!!


電気のない村でも、

携帯電話も使えるし、
インターネットも使える! 
テレビも見れる!!!!


ことが判明しました!!!






来年2015年のミャンマー総選挙を『タナカ』から考える
で紹介したこの家!!!

# 『鶴瓶の家族に乾杯』的タイ旅行で、勝手に家庭を訪問し、上がり込んで、メシまで喰ってしまうタイ旅行を紹介しましたが、ミャンマーでも全く問題おなじ旅行ができました。





DSC01541_R.jpg

何か気になりませんか? あるべきものがありませんか?






テレビのアンテナはあるのですが、電話線電気の引き込み線もありません。


どうなっているのでしょう?



20150531_104032_R.jpg
今日行ってきた別の家です。 
やっぱり電気の引き込み線はありません。



やはり、かってに上がり込んでインタビューします。



20150531_104329_R.jpg
左がこの家の主人、右側が近所に住むおばです。
きい良く、いろいろ話してくれました。



20150531_104540_R.jpg
奥さんは家の前の川で食器を洗っています。
奥さんにもインタビューしましたが、
あまり愛想よくありませんでした。
ハンサムな紳士に話しかけられて照れていたのだと思います。

#変な外国人がいきなり家に来て愛想よくする方がどうかしている
 と、冷静に思うのですが、
 タイやミャンマーでは、なぜか愛想よい人が多いのですね



20150531_104155 (1)
家の中にはテレビがあります。



20150531_104252_R.jpg
家を外側から良く見ると、テレビアンテナが見えます。
でも、いくら見ても電気の引き込み線はありません?


どうやって、テレビを見ているのか?


北への旅 2;山岳少数民族ホームスティの村
では、水車を回して電気を作っていました。

P1050978_R.jpg
タイの村にあった村の発電用水車。




ここにも水車があるのか?



20150531_104507_R.jpg
逆から見ると屋根に何かついています。



20150531_104226_R.jpg
太陽電池が茅葺き屋根についていました。


20150531_104155 (2)
太陽電池で作った電気をバッテリーに充電し、インバーターで直流を交流に変換して、テレビが見れるのです。
もちろん携帯電話やスマートフォンの充電もできます。


本日の結論!!!

ミャンマーでは、電気がなくてもテレビは見れる!
ミャンマーでは、電気がなくても携帯電話が使える!
ミャンマーでは、電気がなくてもインターネットが使える!




ついでに、


20150531_104440_R.jpg
近くにあった牛車です。ここでは牛車が輸送手段です。


20150531_104354_R.jpg
家の隣にある台所小屋です。



20150531_104113_R.jpg
中はこんな感じでいいかんじ! ホームステイしたいなあ。

[ 2015/05/31 18:26 ] 番外編 ミャンマー  | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。