ミャンマー選挙!NLD圧勝で悪夢のシナリオ!

いよいよ、ミャンマーの総選挙です。

去年に書いたブログ記事来年2015年のミャンマー総選挙を『タナカ』から考える
で、ちらっと書きましたが、ミャンマーの総選挙の行方はミャンマー在留邦人にとってのいち大関心事でした。

本当に総選挙ができるのか?

という疑心暗鬼も以前はありながら、

いよいよ明日11月8日に選挙です。



情報が少なすぎて結果は誰も予想できない!

と言われていたのが、ここに来て、

アウンサンスーチーさん率いる国民民主連盟(NLD)の圧倒的勝利!

の見込みとの報道ばかりになってきました。



アウンサンスーチーさんの過去の発言

軍事政権のミャンマーに投資をするな!

軍事政権のミャンマーに観光に来るな!

軍事政権のミャンマーに援助をするな!




などと外国に呼びかけている頑な姿勢から、

「現実的な柔軟な政治ができないのではないか」

などとの見方がある一方で、

「実は柔軟な現実主義者」

との見方もあります。

すいません、私にはどの意見が正しいのかわかりません。


ちなみに、アウンサンスーチーさんに関する分析で一番私が参考にした本です。


ビルマ軍事政権とアウンサンスーチー
ビルマ軍事政権とアウンサンスーチー  



アウンサンスーチー
絆こそ、希望の道しるべ―命あるかぎり、あきらめない



国民民主連盟(NLD)のマニフェストを読む限り、
国民融和(少数民族、宗教)から人権や社会保障のみならず、経済・金融、エネルギーなどなどまでごく当たりまえ!
という項目がならんでいます。 総花的でキレイ事が多く本当に実現できるのか?という疑問はあるにしろ(それは日本の某政党もおなじ)、少なくとも「原理主義」的な政策ではない気がします。 (総花的なのは現実的に政権をとろうとする意欲の表れでもあるし)


1-635d162bc3.jpg
これが国民民主連盟(NLD)のマニフェスト
(私が読んだのは、原文ではなく訳ですが。もちろん。)



いずれにしても、11月8日の選挙後すぐに各投票所で公開のもと開票作業にはいるそうです。
正式な結果が確定するまでは3週間ほどかかるそうですが、
メディアの速報では11月8日深夜には大勢は判明しそうです。


歴史的な瞬間をミャンマーでみれます。
ワクワクしています!



でも、

悪夢のシナリオ!

ミャンマー総選挙でアウンサンスーチーさんNLDの圧勝
 ↓
国内各地で争乱発生
(レン、コーカンなどの少数民族、それにモスリム対仏教。何より、あくまで感覚ですが、タイより激しい人たちが多いきがしています。内乱が起きるとかじゃなく、クーデターの口実なるくらいのことは、いつどこで起こってもおかしくないような、、、)
 ↓
治安を回復する名目でクーデター発生
 ↓
日本は制裁できない。げんにタイのクーデターに制裁していない。
(経済制裁したら、今までの投資がパアになる)
 ↓
中国、タイ、アメリカ、EUと微妙な外交バランスで、、、、
(「クーデターがあつても中国とタイの支持を取り付けてしまえばなんとかなる」と軍が判断することはないのでしょうか?)


これって無知な私の、単なるありえない戯言ですよね?

しかし今回の選挙結果にもとずき国会が召集されるのは来年2月か3月。
新大統領が選出されるのは早くて3月です。
それまではティエンセン大統領(と現行の各大臣)が努めます、、、、、
それまで通常通り法案審議・採決もされるということで、、、、
やっぱりミャンマーは謎だ!


20151106_212950.jpg
我が家ではとりあえずこのくらいの水の備蓄をしています。





[ 2015/11/07 06:49 ] 番外編 ミャンマー  | TB(-) | CM(1)

ビルマって言ってる人書いてる人は大体アウンサンスーチー寄りの人です
民主化のヒーローとみなされているアウンサンスーチーがミャンマーという呼び方を認めないといったから
ビルマ、ミャンマーと二通りの呼び名が広まっているのです
アウンサンスーチーが何も言わなかったら
今頃みんな(欧米の新聞もみんな)ミャンマーと言っていたでしょう
[ 2015/11/09 00:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する