【閲覧注意】シャンヌードル

このブログでは今まで数々の衝撃画像を公開してきました。

たとえその画像が公衆に晒すには問題があるとしても、

「真実から目を背けてはいけない」

との一心で、あえて無修正で画像を公開してきました。

たとえば、

スクープ写真! 恐怖の屋台!

の衝撃はいまだ冷めやまぬものだと思いますし、


洪水に流される瞬間

では、子供が濁流に流される瞬間を撮影したもので。


今回紹介する画像も非常に危険な画像です。

この画像を見た人は気分が悪くなる(注1)人もいらっしゃるかもしれません。
十分注意(注2)のうえで、あくまで自己責任でお読みください。




注1;「気分が悪くなる」とは具体的には、「お腹が減る」、「シャンヌードルが食べたくなる」などの諸症状が考えられます。
注2;注意方法としては、「仕事中(あるいは授業中)に見ない」「お腹が空いているときには見ない」などがありえます。





ミャンマーは結構な麺大国です。

アジア各国を旅行すると、麺料理は豊富かつ、美味しい麺が沢山あります。
シンガポールのラクサ(魚介麺)、韓国のネンミョン(冷麺)、ベトナムのホー(米粉麺)など、、、
その国に行くのが楽しみというよりは麺を食べるのが楽しみだったりします。

その中でも私的にはタイは別格で、バッミー(ラーメン)やグエッティオ(米粉麺)をはじめ、(パッタイ(焼きそば)、ラットナー(あんかけそば)など、短い旅行では食べきれません。
バンコクのうまいラーメンも参考に

ところが、ミャンマーに来て驚いた!

ミャンマーはその麺の豊富さにおいても、たれの種類においても圧倒をしている。

ミャンマーのラーメンは食べきれません。




12565477_10208690648893791_8434725657456409380_n.jpg
こちらは『ミャンマーの代表的麺』ともいえるモヒンガー。 近くの屋台で250チャット(約25円)。
魚介スープの麺です。。。。。。。がミャンマー人的にはこれは『麺』ではないようです。
普通の麺は米粉をうって作るのですが、モヒンガーの麺は米粉を溶いてジョウロのようなものから流しだして作ります。
(ちょうど、タイのカノムジン)のような感じでつくります。


12573869_10208705471304342_6569924223320731915_n.jpg
こちらも日本人のファンが多い「オーノーカオスエ」。近くの屋台で200チャット(約30円です)
ココナッツミルク味で最初は濃厚な感じなのですが、食べているうちにあっさりに感じる不思議な味です。


他にもいろいろな麺があるのですが、日本人にとってミャンマー一番の麺といえば、



やっぱり、


シャンカオスエ (シャンヌードル)


本来はシャン州の料理なのですが、ヤンゴンでもシャンヌードルを食べさせる店はたくさんあります。


基本塩ベースの味付けなのですが、ピーナッツをふりかけており、
その甘さとだしのバランスがすごくうまいのです。

と、いいつつ、いろんなバリエーションがあるのですが、、、、、、


IMG_1439~2_R
典型的なシャンカオスエ (シャンヌードル)です。


IMG_1339~2_R
カボチャ系の蔓がはいったシャンカオスエ (シャンヌードル)です。



IMG_1460_R.jpg
具は野菜しか見えませんが、、、、麺の裏側に具はあります。
見栄えを気にしないあたりがかえって素朴でいいですね。

IMG_2688~2_R
シャンカオスエ (シャンヌードル)には汁ありと汁なしと2種類ありますが、
こちらは汁なし系の典型的な感じですね。


IMG_2766_R.jpg
こちらは中国人の多い街マンダレーでのシャンヌードル。
あきらかに中国麺との混合のような気がしますが、これはこれで精錬されていて上品な味です。


IMG_2805_R.jpg
あんかけ麺のような感じになっていますが、これもシャンカオスエ(シャンヌードル)


IMG_2808_R.jpg
ああ、よだれが垂れて来そうです、、、、




IMG_1419_R.jpg
コクがあるシャンカオスエ(シャンヌードル)です。


IMG_3009_R.jpg
これもシャンカオスエ(シャンヌードル)!


IMG_3043_R.jpg
これはヤンゴンのシュエポーレストランのシャンカオスエ(シャンヌードル)


IMG_2949_R.jpg
これもシャンカオスエ(シャンヌードル)、ゴマがういています。



IMG_2953_R.jpg
これもシャンカオスエ(シャンヌードル)。




ああ、腹がへってきた!!!

IMG_1462_R.jpg
ちなみにシャンヌードルに欠かせないピーナッツ粉ですが、
こうやって食べる直前に細かく砕きます。


IMG_1466_R_201601241638289eb.jpg
ペニキュアに口紅という今風のミャンマーの女の子ですが、
タナカ(来年2015年のミャンマー総選挙を『タナカ』から考える)で化粧して、ピーナッツを粉にする伝統的なふるまいの女の子でもありますね。



ちなみにシャンヌードルと一緒に漬物を食べるのもお約束です。


IMG_2689_R.jpg
典型的なからし菜の漬物です。
ピリ辛くつけており麺にのせて食べます。日本的には七味唐辛子のような意味合いですね。


IMG_2762_R.jpg
こちらもからし菜の漬物。


IMG_2815_R.jpg
こちらはからし菜なのでしょうか? ちょっとわからない、、、、、


IMG_2802_R.jpg
こちらはキャベツの漬物。
最近はからし菜の代わりにキャベツがだされることもよくありますね。



IMG_2109 (1)_R
からし菜畑です。



ちなみに、シャン州といえば、もう一つの名物麺、、、、

シャントーフーヌエトーフーヌエ(Tofu Nway)豆腐を煮込んだ濃厚なペーストをかけたヌードルで、
なんかカルボナーラのような濃厚な味です。好みがわかれますが、好きな人は大好き


IMG_2310_R_R.jpg
トーフーヌェです。

IMG_2686_R.jpg
こちらは手がかかるせいか、ヤンゴンで食する機会は少ないですね。
でも、好きな人は大好きのようです。
(私はシャンヌードルの方がいいかなあ、、、、)


[ 2016/01/24 17:45 ] 番外編 ミャンマー  | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する