本日の乱読!  日本の選挙 (世界一広い道路!)

本日の乱読!

「日本の選挙」 加藤秀次郎著


20160305_115202_R

私の故郷で市庁舎を移転するかどうかの住民投票があった、結果移転賛成が過半数!  
が、賛成が三分の二にいたらないとして否決されました。

去年の大阪の都構想住民投票、高齢者以外はすべての年代で賛成が上回ったのに、
高齢者だけが反対を上回ったのですが、結果否決。
大阪の将来を決めるのに、若い世代ではなく高齢者の意見が通ったかんじです。

選挙のルールって、なんかモヤモヤしたりしますが、この本でモヤモヤの理由が本当にすっきりしました。
中選挙区制が論理的におかしいこと、比例復活が論理的におかしくないことなどなどわかりやすい。

選挙に行く前にぜひオススメの一冊でした。

12821459_10209156384016878_2978796746394426878_n.jpg

ところで、いま、またまたミャンマーの首都ネピドーに来ています。
帰りの空港での待ち時間での読書中。
ミャンマーで政府と仕事をすると細かな事でもヤンゴンではだめ。
ネビドーに来なきゃ話が進まない。
ここ一か月で三度目のネピドー出張です、、、嫌になる。

車のほとんど走っていない18車線(くらい)の道は圧巻です。有事の際は空港になる(らしい)。



※「観光コースでないミャンマー(ビルマ)」 宇田 有三著 を確認したら20車線でした。
観光コースでないミャンマー

この本、ミャンマーの裏側(そんな大したことではありませんが)がわかりやすく書かれて面白いおすすめ本です。


ちなみにこのウェブサイトでは、アルゼンチンにある世界一の道路が片側8車線!と書いている。
http://allabout.co.jp/gm/gc/411848/

それが事実なら、ネピドーのこの道路は片道10車線なので世界一!!!となるのですが。

面白さ:★★★★☆
斬新さ:★★★★☆
役立度:★★★★☆
[ 2016/04/01 22:00 ] 本日の乱読! | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する