スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

本日の乱読! 「原発の正しいやめさせ方」 石川和男著

自民党バンザイ! 表明しても、
民進党大好き!と表明しても、
友達を失わないと思うが、


原発反対!


と表明しても、

原発賛成!

と表明しても、なぜか友達を失う気がするのは、気のせいでしょうか?



なんか論理の問題でなく、
「信じるかどうかという宗教化している問題」って世の中にいくつかあって、

たとえば憲法改正問題! 

今の憲法が現代に即さないのは、『冷静に考えれば』誰の目にも明らかです。
(今の憲法のおかしい部分は素人の私でもいくつか指摘できるのですが、今の日本国憲法は相当変なんだと思います。でも「変」と言えないのですよね、特に立場のある人は。)

でも、だから「みんなでより良い憲法を作りましょう」とならないのが大人の世界。

「自分に都合よく悪く変えられてしまうなら今の方がまだまし」
「中途半端な改正ならまだしない方がよい」
などの思惑も交じってよくわからない世界になっています。


「アカデミックに判断してもらおう」などと「憲法学者」なるものを引っ張り出してきたり。
(憲法学者に是非を判断してもらおうという時点で民主主義の自殺だと私は思うのですが、、、、、)


本当はすごく単純な話で、

「皆で知恵を出し合い話あい(妥協もしあい)自分たちの憲法を作りましょう」

というだけの話なのですが。

なんか、憲法改正に賛成する人も反対する人も、

「自分の考えが正しく、自分の考えに反対する意見はおかしい」

との横暴があるような気がします。


安保法案を「戦争法案」などと一面的にレッテル貼りをする人など、

私としてはどうレッテル貼りするかでなく、
「単純なレッテル貼りをする時点でおかしい」
という気持ちです。

安保法案が戦争を引き起こすというのであれば、いったいどの部分が戦争を引き起こすリスクがあるのかきちんと説明して、その反論にも説明して欲しいと思うのですが。そういう意見は極めて少ない、というかほとんど一般人としては見れない。

(個人的な印象では、反対する人の方に感情的な意見が多い気がします。「今まで平和だったのに変える必要がない」「世界に誇る平和憲法をなぜ変えなければならないのか」的な理想論的意見が多く、「今およびこれから直面する問題に具体的にこうやって望む」具体論の意見が少ないと思います。。。。だからやはり「信じるかどうかの」宗教化と思うのですが。)

ちなみに安保法案賛成ではありませんので、
レッテル貼りはやめてください。(笑)



本日の乱読!
「原発の正しいやめさせ方」 石川和男著

ヤンゴンで仕事をすると首都ネピドー出張が多くなる。権限が現場に移譲されていないので、細かいことでも役所の本省と話さないと前に進めない。上司の顔色をうかがって仕事をするのも多少であれば仕方ないかとおもうのだけど、、、
責任ある仕事をするにはリスクはある程度覚悟しなければとおもうのだが。

原発を積極的に増やしていこう!なんて意見を持っている人はまずいないでしょう。原発が100パーセント安全だと思っている人もいないでしょう。
でも、じゃあ、どうやって減らそうかという時に、「即時原発廃止」から「数十年かけて」まで様々な意見があると思います。
無責任な意見を言いっぱなしできる国だけど日本は。

原発を稼働し続けるのは当然ながら大きなリスクです。
将来の世代に大きな負債を残す可能性があります。

原発を止めるのも大きなリスクです。
電気が足りるとか足らないとか、電気料金がどうなる程度のリスクではありません。
将来の世代に大きな負債を残す可能性があります。

そのリスクを踏まえての意見をださなければならないのですよねえ。


ちなみに、この作者は「原発をある程度容認」の立場でその意見が強すぎと感じる部分は随所にありますが、容認する人にも反対する人にも頭の体操に面白い本と思います。


面白さ:★★★★☆
斬新さ:★★☆☆☆
役立度:★★★★☆
[ 2016/05/08 13:19 ] 本日の乱読! | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。